不動産営業 年収と歩合

不動産営業で年収1000万円を稼ぐまでの成功プロセスを解説!

売買の仲介営業として1千万円を稼ぐには、必要となるいくつかのプロセスがあります。

プロセスを全て満たせば、必ず年収1千万円を達成できます。

この記事では、私が年収一千万円を達成するまでにやった事をご解説していきます。

スポンサーリンク

年収1000万円の手取りと割合

売買の仲介営業として、年収1千万円を達成している人の割合は、そんなには多くないと思います。

都心部等では少し割合が増えると思いますが、それでも1つの店舗に何人もいるような存在ではありません。

 

私の個人的なイメージですが、2~3店舗に一人いるかいないかといった感じではないでしょうか。

つまり、50~100人位の営業マンの中でトップになるような人達なのです。

 

手取り額については、その月によってかなり異なります。

これは、歩合が中心になる為です。

この点は、参考記事で詳しく公開していますので、そちらを読んでください。

参考記事不動産仲介営業の年収と歩合と仕事内容

 

営業マンとして一人前になる

1千万円を稼ぐレベルでは、全て自分で出来るようになっている必要があります。

誰かに手伝ってもらわなければ話が進まないようなレベルでは、この年収を実現するための仕事量をこなせません。

 

ですから、一通りの仕事をこなして一人前になるというプロセスが欠かせないのです。

私は、これを早く達成する為に、「同じことは2回聞かない」と決めていました。

それくらい、真剣に覚えていく気持ちを持って働き、大抵の事は一度で覚えました。

 

あまり気張り過ぎる必要はありませんが、早く一人前になる意識は大切だと思います。

仕事を覚えるチャンスがあれば、積極的に参加して自分のノウハウにしていくことです。

一人前までの必要期間は、個人差がありますが、約半年~1年と思って良いと思います。

スポンサーリンク

選別眼とヒアリング能力

仕事が一人で出来るようになっても、契約がとれなければ年収は増えません。

そこで、次のプロセスが必要になります。

顧客の選別眼とヒアリング能力を向上させるというプロセスです。

センスの良い人なら、仕事を覚えながら自然に身に付く部分かもしれません。

 

この部分の重要性に気付き、本気で腕を磨き始めたら、中級者の域には達しているでしょう。

年収としても、600万円程度は実現可能なレベルだと思います。

 

選別眼は、顧客を追客する際の優先順位を正しくつける能力だと思ってください。

来週契約できる人を後回しにしているようでは、話になりませんよね?

ですから、顧客の本気度を見定める能力が必要になって来るのです。

 

選別眼ヒアリングは非常に密接な関係を持っています。

ヒアリング能力が一定レベルに到達しなければ、1千万円を稼ぐことはできません。

ヒアリング技術は、初級者の学習項目でもありますが、上級者になっても尚重要な部分なのです。

オススメ

不動産営業のコツを最適な順序で学ぶ方法 ①

不動産営業のコツといっても、当然ながら一言では語りきれません。 少しずつ記事にはしてきましたが、順不同に書いてきた経緯があります。 そこで、最適な順番に並べ替え、営業初心者が学びやすいようにしておきま ...

 

リスクをクリアするスピード

契約に至るには、顧客が感じているリスクを解消しなければなりません。

また、トラブルが起きるリスクについても同様です。

中級者以上のレベルでは、リスクを早めにクリアする能力が必要になります。

 

リスク解消のスピードが上昇すれば、契約までの期間が短くなります。

1つの案件に対してかける時間が短くなれば、その分だけ次の契約が獲得しやすくなるのです。

これは、高レベルのスケジュール管理能力と言っても良いかもしれません。

1千万円を目指すには、不可欠な能力と言って良いと思います。

中級者向け

不動産営業のコツを最適な順序で学ぶ方法 ②

この記事は、「不動産営業のコツを最適な順序で学ぶ方法①」の続編です。 前回は、営業の基礎的な部分についてのコツを集めた記事でした。 今回の内容は、いよいよ実務に入ってからの営業ノウハウです。 最適な順 ...

 

他者との差別化

1つの店舗でトップになる事は、少し努力をすれば誰にでも可能です。

コツさえ掴めば、比較的簡単になれるでしょう。

しかし、1千万円を超えるレベルの活躍をしたいなら、他の営業との差別化を進めることをオススメします。

 

トップになるという事は、ライバル達を超えるということです。

どこかで差をつけなければ、ライバルを抜き去ることはできませんよね?

とても単純な話なのですが、多くの人がその手段を見つけられないのだと思います。

 

私の場合、細かいサービスについて考え続けると同時に、心理学的なアプローチを勉強しました。

これにより、ここまでに説明した顧客選別やヒアリング等の能力が向上します。

詳しくは、上級者向けの参考記事でご紹介しています。

参考記事不動産営業のコツと心理学|上級者向けノウハウ集

 

労働環境の選別能力

最初から大手不動産会社で上を目指していく場合は別として、年収UPには転職が必要になる事が多いです。

どの会社で働けば稼げるのかは、経験と共に見えてくる部分もあります。

長く業界にいることで、各社の事情等にも詳しくなるからです。

 

どの会社に集客力があり、どこの会社にスゴ腕の営業がいるか等、実際の営業活動を通じて、肌で感じる事になります。

多くの場合、歩合率や営業スタイル等が自分に合っていると感じた会社へと移籍し、年収を上げていきます。

実力があっても、歩合が低ければ年収はそれほど上がりませんので、かなり重要な要素です。

 

まとめ

売買の仲介営業で年収1千万円を稼ぐためにやった事を簡単にまとめておきます。

仲介営業としての仕事を早く覚え、ヒアリング能力を向上させて顧客を選別し、あらゆるスピードを上昇させ、条件の良い会社に移籍する事。

これが、私のやった事です。

 

細かい部分については、参考記事の中でご紹介しています。

その他のノウハウ記事を合わせて学習すれば、年収700万円以上のレベルには到達できる内容になっていると思います。

HOME

-不動産営業, 年収と歩合

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.