注目記事

1

宅地建物取引士の模擬試験は、受講先に迷う人が多いと思います。 模試を選ぶ時のポイントは、「予想が当たる」・「解説の質が良い」の2つです。 この記事では、模試受講前に知っておくべき事を踏まえながら、オス ...

2

不動産業界で働きたい人や、新人営業マンとして働き始めている人達が望むのは、『少しでも早く成長すること』ですよね。 早く一人前になれば、その分だけ早くお金を手にする事にもなる仕事なので、日々の成長力が大 ...

3

本試験の直前は、受験生の皆さんの緊張感がピークに達する時期でもあり、メンタル面でのアドバイスを必要としている人もいるのではないでしょうか。 勉強が思うように進んでおらず、今の実力に不安を感じる時期でも ...

オリジナル 営業マニュアル

★営業ノウハウ(パスワード)についてはコチラをクリックしてください

保護中: 一般人をトップ営業にした必勝ノウハウ|完全マニュアル!

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを見る

 

このサイトの使い方

営業マン
宅建受験生不動産営業(売買)の勉強サイトです

不動産営業マンになるために必要な情報を、段階ごとにまとめています。

 

step
1
宅建士の試験に合格する

営業マン
宅建独学』のカテゴリーを活用してください

以下の無料テキストを流し読みしてから、過去問集に入るのが近道です。

 

宅建独学サイトの無料テキストと出題予想

これまでに書いてきた宅建に関する重要記事と、流し読み用の無料テキストを一つの記事にまとめて使いやすくしました。 この記事をお気に入りに入れておけば、テキストを持ち歩いているのと同じ状態にできるというわ ...

続きを見る

 

step
2
不動産会社に就職・転職する

営業マン
就職・転職』のカテゴリーを活用しましょう

会社選別のためのリサーチ記事や、 面接のコツに関する記事があります。

就職又は転職を成功させるヒントにして、良い企業に入りましょう!

 

step
3
トップ営業マンになる

全てのノウハウ記事を読めば、年収600万円以上は稼げる営業マンになれるはずです

 

☆有料記事で差をつけたい方はコチラ(クリックすると詳細ページへ飛びます)

 

営業マン
初心者の方は、以下の記事からスタートしましょう
不動産営業のコツを最適な順序で学ぶ方法 ①

不動産営業のコツといっても、当然ながら一言では語りきれません。 少しずつ記事にはしてきましたが、順不同に書いてきた経緯があります。 そこで、最適な順番に並べ替え、営業初心者が学びやすいようにしておきま ...

続きを見る

不動産動向

2022/9/20

不動産価格を高騰させている犯人

このところ、不動産価格がやや高騰しているという話を耳にします。 この記事では、現在の不動産の高騰を発生させている買い手の思惑等についてまとめてみました。 ※2022年9月時点でのお話です   スポンサーリンク   不動産価格の変動状況 このところ、収益物件の取引において、相場よりも高めの値段で取引されるケースをよく見かけます。 一般消費者向けの戸建物件においても、取引価格がやや高くなっているようです。   今、日本は急激な円安下にあります。 ドル資産を持つ外国人にとっては、日 ...

ReadMore

宅建無料テキスト 権利系法令

2022/8/31

借地権を実例で理解する勉強用記事

法律初心者が民法や借地借家法の勉強をする際、他の法律よりもちょっと難しく感じませんか? そもそも、借地権や地上権って、実例を踏まえた教材があまり無いんですよね。 実務経験は一切なく、法的知識だけを持つ人も多い分野だと感じます。 借地権、賃借権、地上権の違いについても、法律初心者にはとても難解に感じるはずです。 ネット等でこれらを調べても、辞書をそのままコピーライトしたような説明ばかりでピンと来ない・・・という事になりがちです。 そこで、他とは違うアプローチで、実例を交えながら分かり易く学習できる記事を作成 ...

ReadMore

不動産売却

2022/9/22

弁護士に借地権の相談をするとこうなります

借地権のトラブルでは、弁護士に依頼をして解決を目指すこともあります。 しかし、多くのクライアントから聞こえてくるのは、「弁護士に依頼したけど、何も意味がなかった」という話です。 一方、不動産業界の中で借地権の問題を解決したことがあるという担当者は大勢います。 つまり、借地権の問題は、裁判にならない限りは不動産専門業者に任せた方が良いという結果が実態として出ているわけです。 借地権でお悩みの方にはとても参考になる話だと思いますので、是非最後まで読んでみてください。   スポンサーリンク &nbsp ...

ReadMore

リスク回避

2022/8/12

不動産会社の倒産リスク判別法

不動産会社には、「潰れやすい企業体制」というものがあります。 統計的に見て、こんな不動産会社は危険!という特徴について、実体験を基にまとめてみました。 これから就職・転職活動をする人の参考になればと思います。   潰れる会社の判別法 私が見てきた限りですが、結果的に倒産した会社には、5つの特徴がありました。 この5つの特徴に該当していないかという視点を持つことで、会社が潰れる可能を推察できると思います。 詳しい判別方法は、後述しますので、詳しく知っておきたいかたは最後まで読んでみてください。 & ...

ReadMore

不動産動向

2022/8/12

不動産業者の事業承継問題が増加

今回は、不動産業界が直面している後継者問題についてのお話です。 不動産会社への就職を考えている人は、これを読んでおくだけで会社選別に役立つこともあると思います。 現在在籍している会社がある方も、次の後継者について考え、情報収集してみると良いと思います。   スポンサーリンク   後継者問題とは? 昔からある不動産会社の社長は、バブル期に一代で事業を起こした人が多いです。 そして、現在20~40年程度の経営年数を迎えている不動産会社では、社長の高齢化が進んでいます。   私の知 ...

ReadMore

基礎知識

2022/7/20

宅建をとれば人生はなんとかなる?

宅建士の資格をとると、どれだけ人生が変わるのか・・ これって、国家資格に挑む上で気になる人もいる部分ではないかと思います。 要するに、資格取得によってどれだけメリットがあるのかって事を知った上で努力したいという事だと思います。 この記事では、宅建保持者達の実際の様子と、私の人生変化をご紹介しておきますので、参考にしてみてください。   スポンサーリンク   人生は変わる? 正直なところ、国家資格をとれば多少は人生が変わっていくものだと思います。 宅建士の場合、多くの人が不動産関係の仕事 ...

ReadMore

就職・転職

2022/8/12

20代で年収800万を超える転職手順

20代の若者達は、幅広い業種についての情報や、企業実態を知らないので、ステップアップ転職で失敗するリスクが高いです。 また、最初に選んだ会社に一生勤める人は稀で、大抵の場合は転職を決断するタイミングが訪れるものです。 しかし、各社には「働いてみなければ分からない部分」があり、転職が成功しても結果的に時間を無駄にしてしまう可能性があります。 自分自身を含め、知人等の転職経験を見ていると、『20代でもっと上手く動けていれば』と思うところが多々あります。 そこで、私が年収1000万円を実現するまでの経緯や、今思 ...

ReadMore

不動産営業 基礎知識

2022/7/12

仲介手数料が高い理由について

不動産売買の仲介手数料は、高額に感じる人が多いと思います。 仲介手数料は、法律によって最高限度が定められていて、宅建試験や業界内で広く知られている『3%+6万円』という即算式があります。 物件価格に比例して高額になる計算式ですから、土地価格の高い場所ではそれなりの金額になります。 では、何故そのような高額な限度設定が法律で認められているのでしょうか。 この部分については、あまり議論されることが少ない気がしますし、営業マン達でさえも認識が甘いところだと思います。 そこで、仲介手数料が高額に設定されている理由 ...

ReadMore

宅建独学

2022/7/7

宅建試験の申し込み後にやるべきこと

宅建試験への申し込み手続きが完了すると、いよいよ本試験に向けてラストスパート感が増してきますよね。 もう後には引けない!と気持ちを引き締めて、最期の仕上げにかかりましょう。 この記事では、受験申込の後にオススメのアクションについてご紹介しておきます。   スポンサーリンク   モチベーションと方針が大事 国家資格の受験は、どんな内容であってもモチベーションを維持することが重要です。 認定資格のように、一夜漬けで合格できるようなボリュームではないので、長くモチベーションを保ち続ける必要が ...

ReadMore

基礎知識

2022/6/28

土地の区割りスキルの話

不動産を売却する際に、「区割り」という作業が必要になることがあります。 通常、この作業は買取をする業者が行うものですが、売主の都合(部分的に残したい土地がある場合等)で区割りの必要が出ることがあります。   不動産屋にいる営業マン達は、基本的にこの「区割り」作業ができません。 不動産屋のスキルというよりは、設計士・測量士等のスキルだからです。   また、この「区割り」作業については、腕前(経験)によって売却時の価格に影響が出ます。 不動産関係者や、広大地の売却予定がある方は、知っておい ...

ReadMore

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2022 All Rights Reserved.