女性営業 就職・転職

シングルマザーは宅建を取得すると人生が変わる!?

シングルマザーの方々は、「リスクをとらずに収入を増やしたい」という悩みを抱えているのではないでしょうか。

できるだけ初期投資をかけず、年収を増やす事ができる方法があれば、チャレンジしてみたいと思う人もいると思います。

その答えの1つとして、「宅建士」の資格を候補にしてみてはいかがでしょうか。

この記事では、シングルマザーの方が宅建の取得によって得られる様々なメリットについて、独自の視点でご紹介します。

 

スポンサーリンク

離婚による自立

現在、既に離婚をしている人と、これから間もなくそうなる人には、大きな違いがあります。

それは、準備期間の有無です。

 

これから離婚を予定している人の場合、まだ自立の準備をする時間が残されています。

就職に向けての準備として、宅建士の資格取得を目指すのは、有効な選択肢だと思います。

宅建士の資格には、女性が自立するのに心強い収入力が見込めると思うからです。

 

既に離婚をしているか、結婚せずにシングルマザーになった方々は、何かにチャレンジする時間がとれない状況にある人も多いかもしれません。

今の仕事を続けながらの挑戦は、かなり大変な努力になりますよね。

 

でも、努力をせずに現状のままでいれば、もっと大変な思いをする可能性だってあるのです。

厳しい事を言うようですが、何事もやる気の問題で、「やる」と決められる覚悟があるかどうかだと思います。

 

宅建の勉強は、しっかりと予定を立て、1日に30分でも時間がとれれば、十分に合格できる資格です。

早めにスタートを切る事で、一日の勉強時間は少なくて済みますから、この記事のメリットを読んで、検討してみてください。

 

宅建手当は大きい

宅建士の資格は、継続力と時間さえあれば取得できるレベルの難易度です。

そして、ほとんどお金をかけずに合格することも可能です。

お金を投じるにしても、テキスト代(数千円)だけで充分です。

 

勉強の過程では、苦労する部分もあるでしょうが、取得後の費用対効果が高いのがこの資格の魅力です。

お金に余裕があれば、有料教材を使って勉強の効率を上げることも可能でしょう。

 

会社の業務内容等によって異なる場合もありますが、宅建の資格手当の相場は3万円です。

詳しくは、別記事「宅建(宅地建物取引士)手当の相場を教えて! 」で説明していますので、参考にしてください。

 

宅建士は、様々な業種で評価される資格ですし、不動産業界以外の会社に就職する際にも一目置かれるアピールポイントになります。

 

宅建で転職する

不動産系の仕事には、宅建の資格保有を優遇してくれるケースがいくつかあります。

就職先の候補は、管理会社、不動産会社の営業事務、賃貸の仲介営業、売買の仲介営業、不動産コンサルティング会社等です。

 

女性で不動産業界の経験が無い場合、最も採用されやすいのは営業事務管理会社だと思います。

この二つは、どちらも事務職がメインになりますが、不動産業界のことを学ぶには最も適しています。

参考記事不動産営業事務の仕事内容と必要スキル

 

宅建手当があれば、普通の会社に勤めるよりは手取りも多くなりますし、まずはここを目指すのも良いと思います。

不動産営業との恋愛にも発展しやすいので、高収入の再婚相手が見つかる可能性もあり、一石二鳥です。

 

いきなり営業職を目指すことも可能ですが、この場合、採用の壁が少し高いかもしれません。

因みに、賃貸営業よりも売買営業の方が仕事内容は楽です。

 

参考記事賃貸仲介営業から売買仲介営業への転職難易度

 

スポンサーリンク

 

宅建を独学で取得する方法

宅建士の資格を独学で取得する手順について、簡単に説明しておきます。

まず、宅建士の受験内容と、出題傾向等について理解することから始めます。

 

効率よく勉強するために、合格者からのアドバイスを集めましょう。

当サイトでも、大体の事は調べられるようになっています。

 

試験の概要が理解できたら、大体のスケジュールを立てます。

そして、使っていく教材も選びます。

お金をかけたくない人は、ネットで無料教材を探しましょう。

 

私のサイトでも、無料テキストを公開していますので、使ってみてください。

こうして一通りの勉強が終わったら、過去問と模試をやるだけです。

これを半年から1年かけて真面目に取り組めれば、大抵は合格できます。

 

参考記事宅建の難易度と合格率を具体的に解説

 

営業職で稼ぐ道

せっかく宅建を取得したのだから、「歩合で稼ぎたい!」という人もいるかもしれません。

この場合、賃貸営業のほうが就職しやすいと思いますが、その半面、仕事量は売買よりも多いです。

賃貸業務は、売買に比べ、相手にする顧客数が多いからです。

地域にもよるとは思いますが、転職の際にはしっかりリサーチしてからにしましょう。

 

売買の営業職を目指す場合には、私のサイトでノウハウ等を予習してみてください。

具体的な年収例等も公開しています。

 

自分の営業ノウハウを公開する人は少ないので、かなり希少な内容になっていると思います。

事前にある程度のことを把握できるように作成していますので、一度目を通して実態を掴んでから検討すると良いと思います。

サイトマップから興味のある記事を探してみてください。

 

まとめ

宅建を取得することで、収入的にも有利な転職がしやすくなります。

そして、色々な人との出会いも増えるでしょう。

知識面でも、今までの貴方とは違う世界観が広がっていくはずです。

 

宅建受験は、有料教材を使ったとしても3万円程度の出費で十分でしょう。

宅建手当をもらえるようになれば、たった1カ月で回収できる額ですよね。

宅建士の資格を取得して、損な事は何も見当たりません。

ほんの数か月の勉強で人生が変わるのなら、努力しない手は無いと思いませんか?

HOME

-女性営業, 就職・転職

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2020 All Rights Reserved.