不動産業界 就職・転職

営業未経験で不動産会社を開業する方法

宅建を受験する人の中には、将来に不動産屋の経営を夢見ている人もいると思います。

基本的には、業界での経験を積むのが理想ですが、あえて未経験で開業を実行しようと考える人もいるでしょう。

この記事では、そんな方々へ向けて、業界未経験で開業をするための方法論等をご紹介します。



 

必要な覚悟

まず、不動産業で独立開業する時の前提条件について説明していきたいと思います。

※ 業者免許を取得する手続きは省略します。

単純な話ですが、業界経験者を雇うことができれば、かなり話は早いです。

でも、貴方には不動産業界での実績と信用が無い状態ですから、現実的には募集をかけても人材の確保はできない可能性が高いと思います。

 

面接希望者が現れたとしても、貴方の経験と実績を聞かされた時点で辞退してしまう可能性が高いです。

雇われる側からすれば、「素人の経営者に全部やらされる」と考えるからです。

ですから、経験者を雇えるとしたら、知人の場合しか有り得ないでしょう。

 

また、開業当初は、人を雇う余裕が無い場合も多いと思います。

あくまでも自分がメインとなって経営していこうと考えている場合は、不可能とまでは言いませんが、かなりの才能と覚悟が必要になります。

 

宅建で費やした時間と努力を、遥かに上回る取り組みになると覚悟してください。

それでも開業を決断できるくらいでないと、成功は難しいはずです。

 

成功パターン

未経験で不動産業を営む場合、まずは業務の種別を決める必要があります。

業務の種別とは、売買・賃貸・管理等のような種別の事です。

 

通常は、売買業務賃貸業務のどちらかを選ぶことになると思います。

多くの場合、未経験の個人経営者が不動産屋を営むなら、賃貸系不動産として開業することになるでしょう。

 

顧客数の問題もありますが、売買の場合は会社の信用度が低いと集客は困難だからです。

それに、売買の場合は広告費もかなり必要になりますから、資金的にも厳しいです。

 

売買の場合、問合せの件数が少ないので、営業としてトップクラスの実力があったとしても、個人店で生き残るのは至難の業です。

賃貸の仲介業を営みながら、地元の売却案件などを手掛けていくのが一般的なサクセスストーリーだと思います。

参考記事

賃貸仲介営業から売買仲介営業への転職難易度

この記事では、賃貸から売買へ転向の難易度と、仕事内容の違い等を説明します。 宅建を取得して賃貸の仲介営業で経験を積んだ後、売買に転向しようと考えている人は、読んでおくと良いと思います。   ...

 

コーチング

仲介営業の業務は、売買でも賃貸でも、仕事の流れさえ覚えてしまえば誰にでも出来るレベルの仕事です。

しかし、その最初の流れを誰にも教わらずに覚えるのは、かなり困難な事だと思います。

 

宅建の知識があっても、業者間でのやり取りや、案内時のコツ等は全くノウハウが無い状態だからです。

物件調査にしても、物件自体の情報を得る方法についても全く分からない状態なのは、想像するだけでも上手くいく気がしません。

 

業界の慣習のような部分もありますので、素人だと思われた時点で相手にしてもらえない可能性さえあります。

そこで、最低限確保しておきたいのは、コーチングを依頼できる相手です。

 

電話等で気軽に業務の事を教えてくれる相手がいれば、かなり心強いですよね。

知人等で不動産関係の人がいれば、それとなくお願いしてみると良いでしょう。

 

多少の費用がかかっても、最初の数か月はコーチングが必要になると思います。

誰かに教わらずに成長するには、コーチングで支払う以上の経費がかかってしまうのではないかと思います。

どうしても相談先が無い場合には、コメント又は問い合わせよりご相談ください。

できる限りご協力いたします。

 

スポンサーリンク

営業ノウハウ

未経験者が実践で学ぶことになれば、最初は取りこぼし等も出やすくなります。

ですから、事前に学べることは全て頭に入れておく位の準備が必要です。

営業ノウハウは利益に直結する情報なので、一つでも多く手に入れておくと良いでしょう。

 

売買の業務内容とコツについては、当ブログサイトでも紹介しています。

無料で公開していますので、売買での物件案内に備えて学んでおくと良いと思います。

 

特に、ヒアリング能力については、必ず必要になるスキルです。

シリーズ化して、何本かの記事に分けてノウハウ等を書いていますので、役立てていただければと思います。

売買業務に限らず、全ての営業活動に通じるはずです。

不動産営業のコツを最適な順序で学ぶ方法 ①

不動産営業のコツといっても、当然ながら一言では語りきれません。 少しずつ記事にはしてきましたが、順不同に書いてきた経緯があります。 そこで、最適な順番に並べ替え、営業初心者が学びやすいようにしておきま ...

 

フルコミ部隊

商売が軌道に乗り、ある程度反響がとれるようになれば、売買物件の広告を掲載してみると良いと思います。

やはり、収益率では売買が圧倒的に高いので、最終的には手を出したいと考える人も多いのではないでしょうか。

 

最近では、フルコミッションでの独立をする人も増えているようなので、募集してみるのも面白いかもしれません。

歩合率を通常よりも高く設定して、広告費を先方持ちにする方法もあります。

成功報酬で給与を払えば良いので、リスクは人的な部分だけです。

 

彼等の仕事を見ながら、売買についても学習できるので一石二鳥かもしれませんね。

広告を掲載するときには、周辺の物件を見て回り、価格と見た目に魅力のある物件で勝負しましょう。

 

安い中古物件等が、意外に良い集客をしてくれる事も多いです。

高額物件は反響数が少ないので、避けたほうが賢明です。

 

外部社員を雇う時の注意点

フルコミ等、外部社員を雇う際には、宅建業法上の規定にも注意してください。

社員証を携帯させ、名簿への記載も必要になります。

 

また、歩合の報酬額について、仲介手数料の半分以上を与える条件にすると、「名義貸し」とみなされる可能性もあります。

業務委託契約書の中で、お互いが納得できる条件を設定することが肝心だと思います。

 

開業成功の秘訣

開業して成功するためには、成功したケースの事例を知るのが一番ですよね。

未経験者が成功するためには、足りない経験を補う何かが必要になります。

 

その「何か」を私が提案するとしたら、それは『集客力』です。

賃貸の場合、立地も重要だと思いますが、「紹介を発生させる仕組み」を持てるかどうかが勝負の分かれ目になると思います。

 

具体的な事例としては、企業と提携して社宅の斡旋を行う業務に特化した人がいました。

実績を積む中で提携企業が増えていき、それだけである程度やっていけるようになったそうです。

 

また、学生にターゲットを絞り、紹介料を発生させて大学生が小遣い稼ぎできるようにした人もいます。

このような独自の集客システムを考案できるかどうかが、成功の鍵になると思います。

 

つまり、経験を知恵で補うという事です。

案内や契約の方法は、覚えてしまえば簡単な事ですし、誰にでもできます。

 

しかし、集客システムについては、経営者しか出来ない企業秘密の部分なのです。

この能力が無い人は、未経験で開業しても成功はできないと思います。

どうやって集客するか」という部分を考え抜き、独自のアイデアを持ってください。

 

不動産会社の集客方法の全てを総まとめ

不動産会社がどうやって顧客を集めているのか、知りたいと思った事はありませんか? 一方、不動産会社側では、今よりも良い集客方法に悩んでいる会社が多いことでしょう。 今回は、一般的な不動産会社(売買)の集 ...

 

まとめ

実務を知らずに起業するのは、リスクの高い挑戦です。

感覚的には、レシピだけを覚えて飲食店を開業するのに似た挑戦かもしれません。

ライバルはプロの料理人達ですから、素人が簡単に勝てる相手ではないでしょう。

 

心細い挑戦にはなりますが、それでも成功する人がいないわけではありませんよね。

実際に、脱サラで成功した飲食店経営者はたくさんいます。

不動産業界でも、同じことが出来る人はいるはずです。

しかし、短期間でも良いので、実際の現場を経験してから開業することをお勧めしたいのが私の本音です。

少し業界を経験してから独立する場合は、不動産会社だけの転職サイトを使って良い企業を探すと良いと思います。

HOME

-不動産業界, 就職・転職

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2020 All Rights Reserved.