就職・転職

20代で年収800万を超える転職手順

20代の若者達は、幅広い業種についての情報や、企業実態を知らないので、ステップアップ転職で失敗するリスクが高いです。

また、最初に選んだ会社に一生勤める人は稀で、大抵の場合は転職を決断するタイミングが訪れるものです。

しかし、各社には「働いてみなければ分からない部分」があり、転職が成功しても結果的に時間を無駄にしてしまう可能性があります。

自分自身を含め、知人等の転職経験を見ていると、『20代でもっと上手く動けていれば』と思うところが多々あります。

そこで、私が年収1000万円を実現するまでの経緯や、今思う最短での高年収実現方法(有効ツール)等についてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

年収いくらを目指す?

夢を追い求めたり、やりたい事がある人は別として、何もやりたい事がない人は、「いくら稼ぎたいか」という視点で就職・転職を考えると良いです。

『どれくらいの年収を稼ぐのか』という目標値を考えると、おのずとそれを実現できる業種などが決まってきます。

 

いくら稼ぎたいのか」をハッキリさせると、自分の適性でどの業種が最も近道なのか、という視点が出てきます。

このように、シンプルな年収基準で考えることで、進むべき業種等が見えてくることもあると思うのです。

 

この思考は、今の貴方にとっての向き不向きで考えるのではなく、自分の可能性を探るという作業でもあります。

ですので、今できる事で選ぶのではなく、「やってみたい」とか「目指してみたい」という分野でも良いです。

 

そもそも、自分ができそうもない事には興味を持たないものです。

きっと、無意識に自分にその適正があることを感じているから興味を持つのだと思います。

 

年収800万円を超えるまでの実体験

私の場合、20代の頃は今よりずっと景気が良い時代だったのですが、大半を事務職に費やしてしまいました。

今の私からすれば有り得ない選択で、明らかに時勢が分かっていない若者の判断ミスだったと思います。

 

事実、私は事務職から営業職に転向し、その後は起業までしました。

単純な話、臆病風に吹かれてスタートが遅れただけの話なのです。

 

若い頃は、「わからないから止めておこう」といった漠然とした恐怖があったように思います。

つまり、世の中を知らな過ぎて行動できないだけなんですよね。

 

20代の頃には、今の自分の働き方を全く想像できていませんでしたし、出来るわけも無かったと思います。

結果的に言える事は、年収1千万円を超えることができたのは積極的な転職があったからです。

 

私の場合、もっと早く転職をしていれば、確実に目標年収達成までの年齢が繰り上がっていたと感じます。

行動しなければ状況は変わりませんから、他業種における成長もないままで終わるという事です。

 

実際のところ、私は転職をしてから約3年で年収1千万円を超えました

そして、その後もハイクラス求人等に的を絞ってステップアップし続けてきたのです。

 

ハイクラス求人の見つけ方

インフレが進む中、給料はなかなか上がらないというのが現実だと思います。

子供の養育費や老後の事を考えると、元気で若いうちに出来るだけ稼いでおく事です。

 

サラリーマンの場合、いつ出世できるかは不確定ですし、独立起業をするにもリスクが伴います。

ですから、20代の若者(サラリーマン)が年収を上げる方法として最も有効なのは、転職によるステップアップという事になります。

 

学歴が平凡であるとか、特に専門的な資格や知識がない人等の場合、小さな会社から少しずつステップアップしていくしかありません。

経験を武器にステップアップする場合、各会社において一定の成績(成果)を出すことで次に繋がっていきます。

 

条件の良い企業に効率よくアクセスしていくためには、不動産営業に特化した転職ツールを利用すると良いと思います。

とりあえず登録をしておけば、プロ視点でのマッチングが行われますから、自分で探すよりも遥に効率が良いのです。

 

不動産業界での転職では、歩合や社風等について実際に見ているエージェントからの情報は貴重です。

 

そして、無駄な転職を避けることは、人生において大きな時間の節約になります。

多少コストをかけても良いくらいですが、幸いなことに以下の転職サイトなら無料で登録・利用できます。

 

年収800万円以上を実現するための営業職求人

登録無料のハイクラス転職ツール(営業職用)

 

稼げる業種とは?

若い頃は、人のためになることをして年収1千万円を実現するには、営業職しか思いつきませんでした。

営業職は、お金(歩合)の面だけではなく、モチベーションを保てる仕事内容である事も重要だと思います。

 

ご存知の通り、稼げる営業職の代表格は、保険業不動産業です。

また、コンサル系の営業職等の中にも高収入を実現できる求人があります。

 

私の知る限りですが、中でも保険業で成功している人達の方がより高い年収を実現している気がします。

 

例えば、不動産営業職の場合、トップクラスの営業マンでも1000~1500万円位までがせいぜいです。

ところが、保険営業職でトップクラスの営業マンは、年収3000万円~5000万円といった人達が本当にいます。

 

但し、法人向けに提供する事業承継保険とか、相続関連の保険等を扱う営業マンに多く、かなり専門的な知識と人脈等がないと厳しいです。

 

歩合制の不動産会社に移る時の注意点と体験談

この記事は、不動産仲介営業として中・上級者の域に入った人達に向けた内容です。 この為、不動産業界での経験が無い人には、あまり参考にならないかもしれません。 不動産営業職の世界では、同業他社への転職によ ...

続きを見る

 

ステップアップの手順

まずは、自分のできそうな営業職で基本を掴み、そこでの経験を活かして上に上がっていくのが良いと思います。

営業職は、本質的にやることは同じです。

本質論で言えば、営業マンは『顧客に喜んでもらう』ために活動すれば良いわけで、そのための方法にノウハウがあると考えれば良いと思います。

 

ですから、営業職は誰にでもできます。

話術なども特別上手くなくて構いません。

むしろ、適正があるとすれば、相手を待たせない姿勢であったり、素早く対応するスピード感の方です。

 

事実、売れている営業マンの多くは、あまり口数が多い人ではありません。

逆に、『営業マンっぽくない人』の方が売れていたりするので、チャレンジしてみると意外に才能開花する人もいるはずです。

 

ジェネラリストに価値アリ

これからの時代、何か1つのジャンルでスペシャリストを目指すよりも、幅広い知識やスキルを持つジェネラリストが活躍できる時代になっていくと思います。

世界で活躍する経営者の中にも、イーロン・マスクのようなジェネラリストの存在が際立っていると思いませんか?

 

1つの業種だけではなく、多角的に事業展開できる才能は、時代の変化にも柔軟に対応していくことができます。

スペシャリストの場合、ニーズが消滅した瞬間に何もできることが無くなってしまいますし、代わりになる専門家はいくらでもいます。

 

ジェネラリストの強みは、他の人には代えられないスキルがあり、その人にしか実現できない部分を持っている事です。

常識にとらわれない発想で様々なサービスを生み出せる為、コロナウイルスのような大きな社会変化が起こった際にも優れた対応力を発揮できます。

 

何が言いたいかと言うと、20代から転職を積極的にしていき、既存の知識を活かせるジャンルのスキルを身に付けていくべきだということです。

例えば、不動産営業マンが保険知識を身に付ければ、戸建を購入した人達に保険商品の提案もすることができますよね?

 

このように、複数のサービスを同時に扱える能力は、とても大きな価値があります。

本当に何人分もの仕事を多能工のような形でこなすことができるからです。

 

一番の安定は個人で生きる力にあり

20代の人達にアドバイスできるとしたら、転職を通じて個の力をつけることです。

要するに、何かの分野でジェネラリストになれ!ということです。

 

一人で生きていける力がつくと、企業に勤めているよりも安定します。

何故なら、景気に左右されることもありませんし、経営陣の失敗で会社が潰れることもないからです。

 

イーロン・マスク氏のように、大きく事業展開する場合は別ですが、私のように仲間と連携する小規模経営は、、かえって倒産リスクが小さいと感じます。

設備投資・人件費・店舗費用等が無いので、仕事さえ途切れなければとても安定しています。

 

実際、私は起業してから収入が増え続けています。

私が単に不動産のスペシャリストだったらこうはいかなかったはずなので、転職は、将来ビジョンを持って挑むことで将来に大きな影響を生じさせるのです。

 

大手不動産会社への就職法(ホワイト企業の探し方)

「不動産会社へ勤めるなら大手企業に就職したい」と考える人は多いと思います。 しかし、大手不動産会社の中にも業界内で評判の悪い会社は存在します。 不動産業界への転職・就職を予定している人にとっては、とて ...

続きを見る

 

まとめ

3~5年を目途にして、有意義な転職を積み重ね、将来に強力な人材になることを長期的に目指してみてください。

結局は、それが年収を上げていくための最短の転職手順になります。

 

私の例で言えば、不動産(賃貸・売買・管理)、保険、相続、WEB製作、土地活用、建築等のスキルを一通り身に付けました。

お陰様で、これまでのキャリアの中で出会った人達から自然に仕事がもらえていますし、キャリアの中で出会った専門家達との連携もとれるので、大抵のことは完結できます。

現在、私の一日の実働時間は約4時間程度で、余った時間でのんびりブログ運営をしています。

 

自由で縛られないライフスタイルを手にするには、ジェネラリストを目指すしかないです。

仕事の成果は全て自分のものですし、会社に搾取されませんから、サラリーマンよりも効率よく働くことができますよ。

 

貴方が知らないチャンス(情報)を手にすることが、今やるべきアクションです。

まずはハイクラス求人を獲得するための登録をして、人生を変えるための1歩を踏み出してみてください。

-就職・転職

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2022 All Rights Reserved.