不動産業界 就職・転職

派遣で働く不動産営業事務の魅力とは?

不動産営業事務の仕事に就こうとしている人に向けて、派遣社員として勤務した場合の実際の労働環境や必要スキル等についてご紹介したいと思います。

不動産営業事務の仕事には、他の業種にはない魅力(メリット)も多いと思いますので、記事中ではそんな部分も紹介しています。



派遣社員が選ばれる理由

不動産会社では、営業事務として女性を雇用する事が多いです。

これは、顧客へのお茶出しや小さなお子さんへの対応等、仕事内容が女性に向いているからです。

 

営業事務はアルバイトで雇用しても良いのですが、出勤率や勤務時間が安定しないという心配があります。

短期で働く人が多く、募集の手間がかかるのも悩みの種です。

かといって、社員で雇うには少し重いというのが企業の本音です。

 

その点、派遣社員の場合には、ある程度スキルの高い人が派遣されやすく、無駄な広告費や面接も発生しません。

働く側にとっても、無理な残業の強要をされるといった事が無く、社風が合わなかった場合等にも社員より気楽に今後の事を検討できます。

 

このように、不動産営業事務の業務では、お互いに労働(雇用)ニーズがマッチしやすい為、派遣会社を利用しやすいのです。

ですから、不動産営業事務になりたい人は、派遣会社経由での就職を目指すと可能性が広がると思います。

 

不動産営業事務のイイところ

派遣での労働をかんがえている人達は、既に派遣のメリット・デメリットについてはある程度の理解があると思います。

一般的に知られているメリット等を書いてもあまり意味が無いと思いますので、ここでは不動産営業事務という職種に限定したメリットについて述べたいと思います。

 

先程の話でも出ましたが、派遣会社の営業力を利用することにより、多くの不動産業者への道が開きやすい事は、大きなメリットだと思います。

しかも、かなり採用率が高いはずです。

 

問題なのは、その先ですよね。

私の見てきた限りではありますが、不動産営業事務には独特の魅力があると思います。

逆に、独特のストレス等もあるのかもしれませんが。(笑)

 

他の業種と比べて良い点は、『空き時間が多い』という部分です。

不動産屋は、常に忙しいというワークスタイルではなく、集中と緩和が大きい業種です。

この為、手が空いてしまうことも多いので、結構楽だと思います。

 

また、営業マン達にチヤホヤされる傾向もあり、お茶菓子等にも困らない環境だと思います。

お歳暮等も多い業種なので、色々ともらいものをする機会も多いと思います。

 

スポンサーリンク

恋愛と結婚

これをメリットと言えるかは人にもよりますが、「新しい恋」が発生しやすい環境だと思います。

私が見てきた限りでの統計ですが、営業事務の女の子は、営業マンと交際する人が多いです。

 

実際、入社しから半年以内には、誰かと付き合っているといた噂が聞こえてくる事が多いのです。

そのまま結婚した人も何組か見てきましたし、この業界は社内恋愛から結婚する率が高い気がします。

 

少し特殊な業態なので、内情を知ってくれている女性の方が、結婚後の仕事への理解も深く、上手くいきやすいのかもしれませんね。

スカウト

派遣で不動産営業事務を選んだ際のメリットとして、も一つ挙げておきたいのがスカウト(引き抜き)です。

派遣で働いてもらっているうちに、その営業事務のサポートが欠かせない状態になる事があるわけです。

 

仕事が出来る事が大前提になるメリットですが、このような人は、「うちの社員にならないか」という話が内々で進められる事があります。

新しく募集をかけるリスクを負うよりも、「この子を雇った方がいい」と思わせる事に成功すれば、社員になることも遠い夢ではないのです。

 

上場企業でも、派遣から社員になった人がいるくらいですから、営業マンにとって欠かせない存在になる事で受けられるメリットとも言えると思います。

 

必要なスキル

営業事務の仕事に必要なスキルについては、別記事でもご紹介したことがありますので、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

business-lady
不動産営業事務の仕事内容と必要スキル

不動産会社には、必ず営業事務の仕事をする人が欠かせません。 多くの場合、女性従業員か、派遣社員やパートで働く人が配置されています。 不動産営業事務の仕事は少し特殊な仕事内容なので、転職前のリサーチ等で ...

 

この記事では、基本的な仕事内容の説明だけにしておきますね。

まず、確実に必要なのは、Officeのソフトを使えるスキルです。

営業事務は、支店長や営業マンのサポートをすることがメイン業務ですから、パソコンでの軽作業が多いです。

基本的には、それほど高いスキルは求められませんので、心配しなくても大丈夫です。

 

但し、社員への昇格を狙う人には、これとは別に必要となるスキルもあります。

少し具体的にご紹介しておきますね。

 

ワード・エクセル

エクセルとワードが人並みに使える事は必須スキルで、特にエクセルについては得意な人が有利です。

販売図面の作成の他、慣れてくれば経理に関する仕事を手伝う事があります。

 

その他、管理職が上席に提出する書類の作成を手伝うケース等もあり、能力次第ではどんどん活躍の場が広がっていきます。

高いスキルがある人は、重宝される可能性が高まるということです。

 

イラストレーター

広告の仕事がメインになる場合、イラストレーターを使えるスキルがあると有利です。

必須スキルではありませんが、「欠かせない存在」になるには必要な要素だと思います。

 

建築系の部門がある会社では、CAD(JW)等の基本操作ができると更に人材価値が上がります。

このような専門ソフトでは、センスとスピードも求められますので、認められればかなり評価が高くなるはずです。

 

HP・ブログ管理

不動産会社では、自社ホームページやスタッフブログ等の管理を行っている場合が多いです。

外部委託している場合もあるかもしれませんが、大抵の場合は営業事務の仕事になっていると思います。

 

プログラム知識などは不要ですが、文章センスについては評価ポイントになると思います。

ブログ運営経験等がある人は、会社に対して新ブログ立ち上げを提案すると良いかもしれません。

 

HPのアクセスが増え、それが反響に繋がれば、間違いなく不可欠な人材になるはずです。

月に1件でも問い合わせが増えれば、売れない営業マンよりも役に立つ存在だと認められるでしょう。

 

まとめ

派遣は、地方から大都市へ出てくる人達にも有利ですよね。

女性の場合、いきなり正社員として就職するよりも、ステップアップ型の働き方が良いと思います。

東京に慣れる意味でも、色々な業種を経験してみるのも一考です。

地域の求人誌等を手にすることができないわけですから、派遣会社の力を借りて、良い会社に巡り合うのが最善な道のように思えます。

働く会社が変わるたびに新しい出会いもありますから、経験値も増えていきますよね。

不動産営業事務を希望している人は、良い派遣会社を見つけておくと良いと思います。

-不動産業界, 就職・転職

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.