女性営業 就職・転職

不動産営業に女性が挑戦して起きる事

lady女性が不動産営業になった時、男性とは異なる悩みが発生することもあります。

これから女性営業を目指し人にも、男性とは異なる不安があるのではないでしょうか。

この記事では、私が女性営業から受けた質問や、悩み等をご紹介します。

スポンサーリンク

服装での迷い

私は意外に感じたのですが、女性営業が最初に悩むのは、服装についてなのだそうです。

男性の場合は、スーツしか有得ないので迷う事がありませんが、女性の場合は確かに幅がありそうですよね。

 

スカートパンツ(ズボン)が選べることも、迷う原因になっているようです。

入社前は、仕事内容もよく分からない状態ですし、見本となる女性営業の数もまだ少ないので、判断に迷うのも当然ですね。

 

服装の考え方

不動産営業の仕事は、物件の下見等で足元が汚れることも多いです。

境界ポイントを確かめる時等は、物件の奥まで入っていく事もありますので、スカートでは不便を感じることが多いはずです。

 

急いで歩くシーンも出てくるでしょうから、個人的にはパンツスーツベストだと思います。

中高年の女性営業の場合には、太めのパンツにシックな私服を合わせて着ている人が多いです。

 

こうでなければダメ」という決まりはありませんので、動きやすさと見た目を考えた格好ということになりますね。

個人的には、アンフェア出演時の篠原涼子さんのような、パンツスーツ姿の女性営業がカッコイイと思います。

 

靴とバッグは?

靴とバッグについても、どのようなものを選べば良いか迷うと思います。

これらは、服装に伴って決まる部分が大きいと思いますので、ポイントとなるのは容量や機能性ですよね。

 

要するに、これから営業職になる人は、どれくらいのアイテムを持ち歩くのかがイメージできないのだと思います。

丁度良い大きさ、丁度良い機能性というものが想像しにくいのでしょう。

 

靴については、服装に合っていれば何でも良いとは思いますが、汚れやすい場所もあるので、スエード等の材質は避けたほうが良いとは思います。

余談ですが、靴の上からビニール袋を履いて、輪ゴムで止めている人を見たことがあります。(笑)

 

荷物については、女性の基本的な常備品の他に、筆記用具とA4の書類が少し入るくらいで充分です。

基本的には、街でちょっと買い物をする位のサイズ感で、使いやすいものを選べば良いと思います。

それ以上の荷物になる場合は、会社にある紙袋等で持っていけばOKです。

信頼感の悩み

女性営業としてしばらく活動していると、彼女たちは『信頼が薄い』と感じるようです。

自分が女性であることによって、顧客からの信頼感が得られていない感覚が芽生えてくるらしいのです。

 

自分に対してネガティブな先入観を持っているだけなのかもしれませんが、実際にそういった側面が無いとも言い切れません。

新人の頃は、すぐに契約をとることができませんから、ただでさえ自信が持てない事でしょう。

 

そんな不安を感じた時は、客観的にどう見えるか上司や同僚に相談してみるのも良いと思います。

私個人の意見としては、自分に足りない思う部分があるのなら、それを他の何かで補う努力をする事だと思います。

 

法改正について勉強するのも良いでしょうし、節税や減税メリットのある措置等について調べるのも有効です。

住宅ローンに誰よりも詳しくなるという選択肢もあります。

スポンサーリンク

信頼感の考え方

女性営業は、不動産営業の中では珍しい存在です。

ですから、多少のキャリアがあっても、新米営業のように見えてしまう傾向があります。

 

男性の場合、キャリアが浅くても顧客にはそれほど目立たないものです。

見た目が老けているだけで、ベテランと勘違いされる人もいるくらいです。

この点については、確かに女性に不利があると言わざるを得ません。

 

しかし、女性営業だから出せる魅力もあるはずですよね?

考え方としては、同じ土俵で戦おうとせず、持ち味を理解して戦略を持つことだと思います。

 

若い世代だからこそ知っている知識もあるでしょうし、女性ならではの気遣いなども大きな武器の一つだと思います。

ベテラン達の得意な主要分野では勝てなくても、どこかで勝てる場所があるはずです。

 

貴方もベテランになれば自然と主要分野で勝てるようになるのですから、むしろ重要なのはそれ以外の部分なのかもしれません。

将来投資と思って、今のうちに知識を伸ばしてみると良いと思います。

 

売り方の悩み

過去に女性営業から質問に多かったのは、『どうやったら売れるようになれますか?』という質問です。

結局、最後は男性と同じ事で悩んでいますね。(笑)

 

実は、この悩みに辿り着いたら、女性というハンデを感じる必要はありません。

何故なら、無意識に男性営業と同じスタートラインに立っている証拠だからです。

 

服装信頼感知識等に不安を感じているうちは、自分自身が未熟な時期です。

その先の悩みに直面したということは、本格的に営業マンとして走り始めたということだと思いませんか?

 

営業ノウハウの記事には、このへんのコツを具体的に詰め込んであります。

真面目に探求する人が上達できるようにしたいと思い、各記事に少しずつ役立つ要素が散りばめてあります。

頑張ってヒントを拾ってみてください。

 

女性営業の強み

多くの人が勘違いしているのは、誰かの成功スタイルに近づこうと考えてしまうことです。

芸能人でも同じですが、歌が上手くて売れる人もいますし、容姿が美しいことで売れる人もいますよね?

 

つまり、売れるにはどうすれば良いのかは、人によって異なるということです。

私の成功スタイルと、あなたの成功スタイルは同じではありません。

 

共通する基本的な要素を満たしながら、自分の長所を理解し、そこを伸ばす事です。

「不動産営業は男性と女性どちらが有利?」では、少し具体的な話をしていますので、考える材料にされると良いと思います。

 

まとめ

女性営業への挑戦には、今回ご紹介したような不安や悩みが必ず発生するでしょう。

他にも、様々な場面で女性特有の難しさを感じる事はあると思いますが、必ず解決方法はあると考え、それに立ち向かってみてください。

答えを見つける度に、あなたの実力は上昇していくはずです。

必ず女性営業でも成功できますので、諦めずに頑張ってください。

HOME

-女性営業, 就職・転職

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.