基礎知識

不動産営業の初心者が初日で急成長する方法

不動産営業に転職した初日。

今でも鮮明に覚えていますが、やる気とは裏腹に、できる事は少ないものです。

そんな、初心者営業でも、初日から急成長できる仕事が一つだけあります。

この記事では、初日での成長を最大にする方法をお教えしますね。



初日の自分

不動産営業として1日目の朝、実務の事は何も知らない状態で会社に行きました。

朝礼、掃除、自己紹介等で半日が終わり、午後からは直属の上司に営業のルール等を教えてもらったのを覚えています。

この時点では、会社の雰囲気を知ったという成長だけです。

 

しかし、そこからの仕事は、一気に不動産営業としての仕事に直結する内容でした。

それは、物件確認という作業です。

不動産営業の基礎とも言うべき、最も初歩的な仕事です。

でも、この仕事の中には、たくさんの要素が詰まっています。

当時の私が困惑した事なども交えながら、ご紹介しておきたいと思います。

 

物件確認の意味

物件確認というのは、不動産会社が取り扱う物件が「売れていないか」を確認する作業です。

不動産物件は、いつ申込が入るか分かりません。

その為、何か行動する際には、まずは物件があるか確認するのが常識なのです。

 

お客に見せる前にすれば良い気がする人もいるかもしれませんが、それでは無駄になることがあるのです。

例えば、資料を作成してお客様に届ける際でも、申込が入った物件は除く必要がありますよね?

下見をしに行くにしても、完売していたら意味がありません。

このように、何をするにしても物件確認はタイムリーに行う必要があるのです。

 

物件確認で学べる事

物件確認をすると、不動産業界の仕組みが見えてきます。

売主との関係性や、会社ごとの社風等も感じることができます。

初心者にとっては、とても得られる情報が多い作業です。

この作業が初日の成長になる理由は、物件の売主名と価格を覚えるからです。

 

1~2時間この作業をすれば、朝の時点とは全く情報量が違っているはずです。

何処に物件が存在し、その相場がいくらなのかといった情報です。

全てを覚えられなくても、売主の社名等が耳に残り、物件を覚えやすくなっていくのです。

夜には、プロの情報を持った不動産営業として帰宅するわけですから、ものすごい急成長なのです。

 

スポンサーリンク

物件確認の方法

物件確認の手順は、以下のような感じです。

①社名を名乗り、物件確認をお願いする

②物件の住所、現場名、価格等を伝える

※売主によっては、たくさんの物件を持っているので、現場を特定して聞きます。

③現状を聞く

※「あります」、「売り止め」、「売りやめ」、「契約予定」、「申し込み有」等

④確認内容の結果を記入する

 

この他、『価格変更』、『値引き可能額』、『物件の注意点』等が聞けることもあります。

物件を下見する場合は、鍵の設置や番号等についても聞きます。

個人的に新鮮に感じたのは、電話を切る時に「頑張ります!」と言う習慣です。

初日はピンと来ない人が多いかもしれません。

不動産仲介業社は、売主の建てた物件を売らせてもらう立場なので、「頑張って売ります!」という意思表示をしているわけです。

 

ひたすら電話

初日は、この物件確認をひたすらやってみましょう。

すると、売主業者の担当者がどう?お客さんいる?なんて話しかけてきたりします。

最初の頃は、これに戸惑うこともありました。(笑)

「難しい事を聞かれないといいなぁ・・なんて思っていた記憶があります。

 

また、対応の悪そうな会社は、覚えておけば、将来お客様に物件を紹介する際に役立つ可能性もあります。

物件確認は、電話に慣れる効果もありますし、主要な物件を全て覚えるくらいのつもりで取り組むと良いと思います。

 

各社で電話の対応は様々で、不動産業界の縮図を見ているようでした。

不機嫌そうに対応する会社もあれば、とても丁寧な会社もあります。

色々な事を掴みながら、本番に備えて物件の事を覚える日にしましょう。

 

まとめ

今回は、不動産営業の初日についての記事なので、書いていて懐かしい気持ちが蘇ってきました。

初日での急成長は、ひたすら物件確認をすることに尽きます。

声を出すことで緊張もとれていきますし、帰宅する頃には少し自信もつくと思います。

たまには、この初日の気持ちを思い出すのも大事なことかもしれませんね。

HOME

-基礎知識

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.