営業職適正

不動産営業で未経験者が有利な理由とは?

この記事では、営業未経験の人が、不動産営業として活躍できる理由をご紹介したいと思います。

意外かもしれませんが、活躍する人達を見ていると、最初から不動産業界へ足を踏み入れた人よりも、他業種から転職してきた人が多いのです。

転職希望者には、心強い特徴ですよね。

それでは、その理由について説明していきますね。

スポンサーリンク

最大の理由

トップクラスのベテラン達の多くは、異業種からの転入組です。

私もその一人で、営業職の経験は全くありませんでした。

勿論、異業種から転入して来た人でも、売れないまま終わってしまう人はいます。

考えてみれば、最大の理由はその比率にあります。

 

最初から不動産業界だけで生涯を終える人と、いくつかの業種を経験する人の数を比較した場合、後者が多くなりますよね?

それに、色々な経験をしている人の方が、有利に働けるシーンは多いはずです。

いきなり核心に辿り着いてしまった感もありますが、まずは確率論として当然に転入組は多くなるということです。

 

業界特有の理由

確率論とは別の理由として、業界での特殊な事情もあります。

お金目当てで転職してくる人が多い事や、結果が出るまでに時間がかかる仕事であることが、入れ替わりを激しくしています。

不動産営業から見たリアルな「アリとキリギリス」】を読んでいただけると、詳細を掴みやすいと思います。

 

人は、なかなか結果が出ないとやる気が低下してしまうものです。

そして、プロとして長く働くうちに、段々と顧客の目線を忘れていく面もあります。

つまり、売れなくなるのは、やる気に満ちた新人に劣る存在になっていくからなのです。

新人の知識が追い着いた時、どうなるのかは明らかですよね。

スポンサーリンク

未経験者の武器

トップクラスの人達は別として、やる気がある未経験者であれば、平凡な営業マンにはすぐに勝てるようになります。

実際、そのような新人を何人も見てきましたし、私自身もそうでした。

未経験者の最大の武器は、一般の人の感覚に近いということです。

 

営業は、物件の数を見すぎることで、感覚が麻痺してきます。

すると、お客様が見た時の感覚とはズレが出てくるのです。

 

顧客が嫌がる行為や言動についても、未経験者達の感覚の方が正しい事が多いと思います。

最初の頃に、業務に対して感じた事などは書き留めておきましょう。

数年後、それを読み返した時、自分の感覚が変わった事に気付けるはずです。

 

ビギナーズラック

未経験者の時は、顧客の選別ができず、もらった反響に対して全力で挑む人も多いです。

私もそうでしたが、やる気だけはあったので、「どんな顧客でも諦めない!」みたいな根拠の無い粘り強さを持っていました。

 

慣れてくれば分かりますが、不動産営業の仕事では、顧客に優先順位をつける事が必要です。

病院が、重篤な患者を優先して受け入れるようなものです。

全員を平等に診察していたら、命が失われることがあるのと一緒です。

医者が症状の重い患者を救ったら、とても感謝されますよね。

不動産営業にとって、これに当たるのが契約ということです。

 

未経験者が契約をとると、ビギナーズラックと言われますが、私は努力の結果である部分も多いと思っています。

優先すべきではない相手でも、全力で努力した結果が出たということですから。

私は、これがビギナーズラックの真相だと思います。

但し、それを続けていると、救えない患者が出てしまう事を忘れてはいけません。

 

まとめ

不動産営業は、営業未経験者でも十分にやっていける仕事です。

未経験者がやっていける理由は、「先入観の無さとやる気」があるからです。

あとは、このような未経験者の武器を大事にして、知識と経験を積み重ねるだけです。

ですから、「自分にもできるだろうか」という不安は捨てて大丈夫です。

別記事の「不動産営業は未経験でも本当にできる?」でも、少し違う角度から、未経験者について触れています。

HOME

-営業職適正

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.