不動産営業 営業職適正

不動産営業の【辛かった・苦労ランキング】

私が辛かった事、苦労した事をベスト5のランキングにしてみました。

辛いと感じる事には、個人差があるかもしれませんが、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

辛かった事 第5位

第5位は、「帰れない空気」です。

営業で一人前になるまでは、なかなか結果が出ません。

そんな時代の話ですが、「お先に失礼します」と帰宅を宣言するタイミングがわからず、やることもないのに残っていた時期がありました。

地味な辛さです。(笑)

一人前になってからは、成績が出ていなくても堂々と帰れるようになりました。

図太くなったのか、慣れたのかは分かりませんが、当時は気にし過ぎていただけでしたね。

 

辛かった事 第4位

第4位は、「自分又は同僚が詰められた時」です。

上司に問い詰められるという意味です。

業界用語なのか、自分のエリアだけの言葉なのかは不明です。

 

契約が途切れた時には、店長クラスの上司が「顧客ノート見せてみろ」等と言って尋問を始める社風がありました。

何が悪かったのか等を問い詰められる作業なのですが、結構勉強になったりもします。

上司の質問に対して、間違った回答をすれば「だからダメなんだよ!」等と怒られることもあります。

 

これは、小~中規模の不動産会社に多い光景です。

大手企業では、個室で個別に指導を受ける人が稀にいる位でした。

振り返ると、良い経験だったと思えていますが、当時は人が怒られるのを見ているのも辛かったです。

 

辛かった事 第3位

第3位は、「来月の不安」です。

これもベテランになるにつれて薄れていく感情ですが。(笑)

いつしか「なんとかなるさ」と思える日が来て、何とかできるようになります。

半人前の頃は、成績にまつわることが辛いと感じることが多いです。

楽になるには、契約をとれるようになるしかないです。

 

少し成績が良かった月の月末が一番きつかった記憶があります。

来月こそはゼロかも・・・」なんて考えてしまうからです。

今思うと、あってはならない思考ですね。

スポンサーリンク

辛かった事 第2位

第2位は、「病気」です。

私は、車で追突事故の被害に遭ったことがあり、一時期ものすごい頭痛に悩まされました。

パソコン作業をするのが非常に辛くて、冷や汗をかきながら仕事をしていたことがあります。

そして、そんな時に限って契約になるものなのです・・。

 

あまりに痛いので、ペインクリニックという痛み専門の病院に行きました。

そこで恐ろしく痛い注射を首に打たれて、契約作業をこなした経験があります。

レントゲンを見ながら、神経に直接打つ神経ブロック注射で、麻酔の一種のようです。

確か、1万円くらい費用がかかりました。

注射は激痛でしたが、病院を出る時には全く痛みは消えていました。

この他、インフルエンザにかかり、40度近い熱を出したまま契約書を作成したこともありました。

やはり、肉体的な辛さは、強く記憶に残っていますね。

 

辛かった事 第1位

堂々の第1位は、どの営業でも一緒だと思います。

それは、「集中客の他決」です。

他決と言うのは、他社の営業に契約をとられてしまう事です。

不動産営業をしていれば、当然に起きる事なので、普通の他決であれば気にしません。

 

しかし、自分が「絶対に契約がとれる!」と思ってお手伝いしていた顧客が他決になると、非常に辛いものです。

大好きな彼女に突然振られた気分に近いです。(笑)

実力がつけば他決は減っていきますし、成長には欠かせない経験でもあります。

 

まとめ

正直なところ、私は、この仕事を通じて嬉しかった出来事の記憶の方が強いです。

辛かった事や、小さな苦労はたくさんあったのですが、どれも振り返れば自分の糧になっていると感じます。

第一位の他決だけは、今でも思い出すたびに鮮明な感情の記憶が蘇りますが。(笑)

 

でも、その苦しみを繰り返さないために頑張れたのも事実です。

どんな仕事でも同じだと思いますが、全ての苦労は自分を育んでくれているのだと思います。

不動産営業の魅力についても、参考記事をご覧ください。

参考記事

・「一歩踏み込んだ不動産営業職の魅力と不満

・「不動産仲介営業の歩合1年分を公開

トップページへ

-不動産営業, 営業職適正

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.