就職・転職 新人待遇

未経験から不動産営業職にチャレンジした実体験

私は、30歳を超えてから未経験で不動産営業職に転職した経験があります。

不動産と関係の無い職業から未経験で転職するのは、とても勇気がいりますよね。

営業経験が全くない人の場合、その不安は更に大きいと思います。

この記事では、私の実体験から、未経験者が不動産営業に飛び込む際に役立つ情報をご紹介します。



年齢の壁は何歳?

結論から言えば、不動産営業は、未経験でも充分に成功できます。

誰もが最初は未経験だったわけですし、本人の気持ち次第です。

生まれた瞬間から営業マン!なんて人はいませんから、誰にでも可能性があります。

 

むしろ、自分の可能性や才能より、転職の際に問題になってくるのは年齢です。

一体、何歳くらいまでなら、業界が未経験者を受け入れるのでしょうか。

私自身、この業界に入ったのは遅い方でしたから、少しは参考になる話ができると思います。

 

私が不動産営業に転職したのは、30歳の時です。

営業としては、遅いデビューと言われる年齢ですよね。

しかも、30歳になるまでの間、営業職は一度もやったことがありませんでした。

 

採用する側の立場で考えると、今から育てる年齢としては少し厳しい気がしますよね?

しかし、採用に積極的な会社に巡り合い、苦労することなく1社受けただけで採用されました。

 

私の前職は内勤職で、営業とは全く関係がありませんでしたが、採用担当者が柔軟な発想を持つ人だったこともあり、無事に転職することができました。

 

このように、会社の規模を問わなければ、30歳位までは開く扉があるということです。

営業職という職業に飛び込める覚悟がある人は少ないので、意外に採用(検討)される可能性が高いのかもしれません。

 

通常、30歳を超えると、さすがに未経験では厳しくなるとは思いますが、不動産業界についてはチャンスはゼロではないと思いますので、諦めずに探してみることだと思います。

面接の際に役立つ記事も書いていますので、そちらも参考にしてみてください。

 

参考記事「不動産会社の面接官はココを見ている!」

 

未経験者歓迎の会社

私を面接をした担当者も、30歳を超えて、しかも異業種からの採用は非常に珍しいケースだと言っていました。

つまり、営業経験の無い人は、基本的に面接を受けに来ないのだそうです。

 

面接官は、そんな私に対して「面白い事例」と感じたそうです。

関連する話は、「不動産営業で未経験者が有利な理由とは?」の中でも紹介していますので、後でチェックしてみてください。

 

この部長は、営業職は誰にでもできるという持論を持っている人でした。

とはいえ、少し冒険だとは思ったそうですが、持論を証明するためにも採用の決断をしたそうです。

さすがに、トップ営業になるとまでは思っていなかったようですが。(笑)

 

この会社では、異業種から来た人のほうが売れるというジンクスがありました。

この業界で転職を繰り返している人達には、あまり有能な営業マンはいないということのようでした。

 

やる気のある未経験者の方が、乗り超えられる壁が多いという事かもしれませんね。

変に業界に染まっていない分、諦めずにやれるのだと思います。

このようなメリットに着目している不動産会社は、未経験者を歓迎しているわけです。

 

未経験者向けに営業ノウハウの予習記事を書いていますので、事前の営業準備をしておきたい方は下記リンクからどうぞ。

 

不動産営業のコツを最適な順序で学ぶ方法 ①

不動産営業のコツといっても、当然ながら一言では語りきれません。 少しずつ記事にはしてきましたが、順不同に書いてきた経緯があります。 そこで、最適な順番に並べ替え、営業初心者が学びやすいようにしておきま ...

 

一人前になるまでの期間

一通りの仕事内容を覚えるまでの期間は、1年程度あれば十分だと思います。

勿論、人によって個人差は出ますが、会社側としても短期間で育てようとします。

 

しかし、1年だけでは、経験的な面ではまだまだ不足している状態です。

一人前と言えるレベルになるには、2~3年かかると思ったほうが良いかもしれません。

 

参考記事

不動産仲介営業で一人前になるまでの時間

 

早く一人前になるには、学習のスピードを上げる努力と、多くの経験をすることがポイントになります。

ノウハウを予習的に知っておくことで、営業としての成長スピードが格段に違ってくるはずです。

 

未経験者での転職希望者は、ホームページから営業ノウハウのカテゴリーを覗いてみると参考になると思います。

 

転職の実体験

不動産営業職に転職して、一般企業と違う点には色々と驚く部分もありましたが、個人的には比較的に楽しみながら成長できたと感じています。

勿論、プレッシャーが辛く感じる時もありましたし、仕事内容について難しく感じることもありました。

 

でも、どれも皆が乗り越えている問題ですし、後から振り返ると自分がテンパっていただけだったと感じる事も多いです。

振り返れば、難しい事など殆どありませんし、初心者の思い込みで「難しく感じていただけ」なのです。

 

私の場合、仕事を一通り習得するまでには約半年くらいかかりました。

自分だけで自信を持って動けるようになったのは1年前後経った頃だったように思います。

 

最初は、なかなか売れずに苦労もしましたが、成功体験を重ねながら自分なりに研究していくうちに、トップレベルの営業成績を出せるようにまでなりました。

何事もそうですが、継続と努力ができる人は、誰でもそれなりに結果が出る仕事ですよ。

 

まとめ

結論としては、年齢的な問題をクリアしていれば、未経験者でも十分採用される可能性があります。

むしろ、未経験者であることが歓迎される事さえあるはずです。

私の知人の社長にも、「変に業界の事を知らないほうが伸びる」と断言する人がいます。

この社長は、基本的に経験者を採用しないそうです。

個人的には、25歳前後までに営業デビューして、30歳位までに完成するコースがお勧めです。

大手企業であれば、そのまま管理職も狙えると思いますよ。

HOMEへ

-就職・転職, 新人待遇

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.