不動産営業

不動産営業は定年まで働ける?

seniors営業職は、転職する人も多いので、不安定なイメージがありますよね。

それに、不動産営業として一生働いていく人は少ないはずです。

この記事では、不動産営業職人達が定年まで働く場合のイメージについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

不動産営業職のピーク

不動産営業の平均年齢は、地域によって様々だと思います。

私の働く地域では、25歳~45歳位の人が多いように感じます。

最も多い年齢層は、35歳以下になると思います。

 

50歳を超えている営業マンもいますが、珍しい存在になっていきます。

これは、営業としてのピークが30~40歳位になる為だと思います。

ほとんどの場合、この年齢期間にある程度の実績を形成します。

その後は、年齢的にも教える側にシフトしていくのが自然な流れですよね。

 

大手の場合、昇格していくポストがありますので、課長以上になれば営業活動をする機会はかなり減っていきます。

そして、マネージメント能力が評価される立場になっていきます。

大手不動産会社では、定年までに部長クラスになれれば良い方なのではないでしょうか。

 

昇格できない環境

小さな会社の場合、昇格するポストが無い場合もありますよね?

実際、このような立場に置かれている人は多いです。

多くの場合、できるところまで営業でいくことになるでしょう。

 

そして、ある程度の年齢になった時、2つのケースに別れます。

1つは、営業としての経験と貯えを使って独立するケースです。

もう1つは、全く異なる業種に転職をするケースです。

 

近年では、独立の方法にもいろいろなパターンが出てきました。

事務所を出さず、フルコミッションのような形態で独立する人もいます。

出店費用に何百万円もかけるのをリスクと捉え、知人不動産業者等の委託営業先として活躍するのです。

 

集客は自分で行わなければなりませんが、出店費用を考えれば、広告費は微々たるものです。

きちんと回収できる力もある人達ですから、リスクの小さい起業方法なのかもしれません。

 

不動産業界から出ていく人達についても、独立する人はいます。

私の知人では、飲み屋とか、ラーメン屋を始めた人がいます。

その後の調子は知りませんが、このような人達も「独立組」に分類できます。

スポンサーリンク

進路の選択

営業職を退いてからは、3つの選択肢があります。

  1. 出世街道を走る
  2. 貯めたお金で独立
  3. 転職

1番と2番については、特に説明はいらないと思います。

ただ、3番の場合、どのような転職をするのか気になりませんか?

せっかくのキャリアを捨てて、不動産とは全く関係の無い仕事をする人がいます。

これには色々な事情がありますが、私の知る限りで最も多い転職先と、その理由についてご紹介しておきます。

 

長年のキャリアを捨てて不動産業界を去る人は、「もう不動産業界に疲れた」と言う人が多かったです。

毎月成績がリセットされる働き方や、お客さんへの気遣い等に疲れてしまうのです。

これを感じた時、営業を退く決断をするのだと思います。

 

このような理由では、不動産業での独立が難しい部分があります。

自分の会社の売上に対するプレッシャーは、営業時代とは比較にならないストレスがかかるからです。

年齢的にもそれほど業種が選べませんので、多くの人は介護・配送・警備系の仕事に移っていくケースが多かったように記憶しています。

とても残念な事ですが、メンタル的な問題も抱えているのでしかたありませんね。

参考記事不動産営業を辞めたい時に有望な転職先とは?

まとめ

不動産営業になる場合は、将来の進路についてよく考えておく事が重要です。

また、メンタル的に疲弊しない働き方・考え方も探究すべきだと思います。

この業界で、長年に渡って働き続け、成功している人達もたくさんいます。

やはり、彼等の話を積極的に聞き、少しでも多くのヒントを掴んでおくべきですね。

HOMEへ

-不動産営業

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.