営業職適正

トップ営業になれるのはどんな人?

 

topあなたはトップ営業と聞いて、どんな人を想像しますか?

私は仕事柄、たくさんのトップ営業に会ってきました。

そして、私自身もトップ営業になった経験があります。

この記事では、そのような人達にどのような特徴があるのかご紹介しますね。




トップ営業にも色々いる

トップ営業と聞くと、「すごい」と思ってしまいますよね。

実は、トップ営業と言っても、そのレベルの幅は広いものです。

それほどすごくない人もたくさんいます。(笑)

 

これは、スポーツに例えると分かり易いと思います。

例えば、ある人が「私は、大会で1位になったことがあるよ」と言ったとしましょう。

とりあえず、「すごーい!」というリアクションになってしまいますよね。

 

確かに、それが東京都のような大都市開催の大会だったらスゴイです。

そのまま続けていたら、オリンピックにも行けた選手だったかもしれません。

でも、それが地方都市の小さな大会で、数十人の中での1位だったらどうでしょうか。

大都市の大会では、100位にも入れないかもしれませんよね?

1位とは、フィールドの違いによって実力の差が異なるということなのです。

 

ある不動産屋に5~6名の不動産営業がいて、その中で1位になっても

その人はトップ営業と呼ばれます。

そして、三井のリハウスや東急リバブルのような大手不動産会社等、大きなグループ全体でのトップ営業も同じように呼ばれるのです。

 

ですから、小さな規模でのトップ営業になることは、それほど難しいことではないのです。

つまり、トップ営業には誰でもなれてしまいますが、もう一つ上のレベルでトップになるのは難しいということです。

参考記事

トップ営業として最高潮の頃の特徴

私が最高の成績を上げていた頃、お客様によく言われる事がいくつかありました。 振り返ってみれば、これが意外に大事な部分だったと感じています。 オリジナルカラーのようなもので、私特有のスタイルなのだと気付 ...

 

トップ営業の共通点

私は、これまでの仕事を通じて、多くのトップ営業達と会ってきました。

私自身もトップ営業としての経験がありますので、彼等の実力がどの程度かはすぐに判別できます。

 

しかし、過去に出会った人達の中で、私が本当にすごいと思える営業マンは、数名しかいません。

そして、彼等にはある共通点があることに気付きました。

 

その共通点とは、とても「人当たりが良い」ということです。

拍子抜けした方もいるかもしれませんが、不動産営業の中には、業者に対してはあまり良い顔をしない人も多いのです。

 

普段、お客様に気を使っている反動なのか、元々の性格なのかはわかりませんが、不機嫌そうに「早く帰れよ」と言わんばかりの態度をする人も結構います。

 

ところが、トップ営業の中でも特に優れている人達になればなるほど、どんな相手に対しても不快感を与えない対応をします。

それどころか、相手の気分が良くなるくらいの受け答えなのです。

 

これは、一般的に「品がある」と言われる人に漂う独特の雰囲気と似ていて、その人からにじみ出るものなのかもしれません。

単に丁寧に話しているだけではない何かをいつも感じます。

 

おそらく、彼等はお客さまにも安心感を与えるでしょうし、良い人を演じている営業とは違って、ボロが出るということも無いのだと思います。

そして、意識が高く、顧客に対してとても誠実な思考を持っていることも尊敬すべき共通点だと思います。

 

ガツガツした人がトップ営業になる場合もありますが、本当にスゴイ人はそうゆうタイプではありません。

参考記事

トップ営業の超能力!?伝説エピソードの真相

不動産営業の中には、稀に天才的な才能を持つ人達がいます。 でも、この仕事で頑張り続けていくうちに、その能力の正体も分かってきました。 この記事では、敏腕営業マン達の信じ難い能力の真相にフォーカスしてみ ...

 

トップ営業の仕事ぶり

彼等の仕事を見ていても、何か特別なことをしている様子はありません。

人よりも忙しく動いているという訳でもないのです。

 

これは、彼等の予定の立て方や、仕事の効率化が上手いということを示しています。

見た目には、ほとんど普通の営業マンと同じに映るのですが、ただ一つ違う部分があります。

それは、レスポンス(応答のスピード)です。

 

ここに関しては、他の営業と少し差が開くところだと感じます。

ただ速いだけではなく、その質が高のです。

決して相手を待たせない連絡と、投げかけた問題への対応力があります。

 

例えば、私が「もし分かったら連絡をください」と、何かをお願いしたとします。

かなり時間が必要な事だとわかった上でのお願いです。

普通の営業であれば、分かった時点ですぐに連絡を入れるという対応はできるでしょう。

 

しかし、トップ営業クラスの人は、それだけではないのです。

途中経過や、いつまでに分かりそうか等の情報を絶妙なタイミングで連絡してきます。

彼等からの連絡を受け取る度に、皆が彼等のファンになっていくのです。

普通の営業のメールと、トップ営業のメールは、同じ一通でも価値が全く違うということです。

 

彼らは損得ではなく、そのような習慣がすっかり身についているのだと思います。

そうしないと自分自身が気持ち悪いのです。

私は、これがトップ営業達の最大の特徴だと思います。

参考記事

営業マニュアルはトップ営業からGETせよ!

営業の仕事を覚えたての頃は、営業マニュアルが欲しいものですよね。 本来なら、売れている人の営業マニュアルを貰うのが一番なのですが、大抵は自分の営業ノウハウは明かさないものです。 ですから、結局は自分で ...

 

急成長する人達

営業として大成功する人も、成績がビリになる人も、初めは「ただの新人」です。

ルックス等も最終的な実力には関係はありません。

皆が全く同じ所からスタートするわけですが、数か月後にはベテランをも凌ぐ成長を遂げる人もいます。

 

このような人達には、必ず「人と違う視点」があります。

皆と同じ事を学んでいるだけでは、経験者達を超える事はできません。

どこかで、先輩達を上回れる「何か」に気付いたということですよね?

そして、その気付きが正しかったから成長したわけです。

 

それは、多くの人が見ない部分にあり、誰も気付かないような事の中にあります。

一流のロッククライマーにしか見えない、幻のルートのようなものかもしれません。

急成長には、そんな部分が少なからず必要なのだと思います。

 

そんな部分を文章にしても、理解できる人は少ないかもしれませんね。

でも、そのような部分にこそ、急成長のコツが隠れていると思います。

私も成功者の一人として、その域に通じる話を精一杯に伝えていけたらと思っています。

参考記事

不動産営業のコツを最適な順序で学ぶ方法 ①

不動産営業のコツといっても、当然ながら一言では語りきれません。 少しずつ記事にはしてきましたが、順不同に書いてきた経緯があります。 そこで、最適な順番に並べ替え、営業初心者が学びやすいようにしておきま ...

 

まとめ

グループ全体でトップになることを目指すのはとても大変なことですが、小さな規模の中でのトップには必ずなることができます。

ポイントは、人当たりの良さとレスポンスです。

 

他の営業と差をつけるためのノウハウと、急成長するためのヒントを、少しずつご紹介していきます。

定期的に覗いていただき、営業力向上に役立ててもらえたら嬉しいです。

HOME

-営業職適正

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.