営業職適正

お客を騙して契約する不動産営業の末路とは?

bad-salesお客を騙して契約させているような、悪い不動産営業マンの存在を想像したことはありませんか?

もしも、そんな営業マンがいたとして、しかも高収入を得ているとしたら許せないですよね。

この記事では、そのような不動産営業について、実体験からご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

不誠実な営業は多いの?

不動産営業マン」というと、歩合を目当てに高額物件を売りつける、というイメージを持つ人もいるかもしれません。

実際、歩合で高収入を得られると期待して不動産業界に流入してくる人達もいます。

 

しかし、私が実際に見てきた不動産仲介営業の多くは、顧客のことを思って働いている人ばかりでした。

稀に心無い営業もいますが、本当に数名のレベルですし、彼等のようなタイプはすぐにいなくなります。

 

一定の成績を出せている営業マンであれば、誠実に働く人達ばかりです。

でなければ、継続して売れるわけがありませんよね。

 

良い人を演じて成績を上げている人もいるかもしれませんが、顧客に対しては誠実を演じきるのでしょうから、顧客の迷惑にはなりません。

単純に、一流か二流かの違いはあっても、営業活動自体に問題はないという事です。

 

ですから、不動産営業が嘘つきだ等と思うのは大間違い、というのが実態です。

でも、ほんの一部とはいえ、実際に不誠実な営業マンは存在しています

 

それがテーマの記事ですから、彼等がどんな人達なのか説明しておかなくてはいけないですよね。

では、彼等の共通点営業スタイルから見ていきましょう。

 

お金と嘘の心理

以前、私の勤務する会社に、不誠実な人が入社して来ました。

結果、不誠実な営業マンが同僚になったわけです。

このような人達の多くは、お金に困っています

 

カードローン等、何かしらの借金を抱えているか、お金に対する野望が強い人達です。

参考までに、彼等がどんな風にお客様に接し、その後どのような末路を辿るのかもお話しておきたいと思います。

 

私が一緒に働いて「不誠実」だと感じた人達は、共通している特徴がありました。

それは、お客様に対して「契約に不利な情報を提供しない」という特徴です。

黙っているだけではありますが、ある意味ではをついていることにもなりますね。

 

彼等も、さすがにをついているという感覚はないのだとは思います。

余計なことを言わないほうがいい」という感覚かもしれません。

 

そして、実際に「都合の悪い事は言わないでおく」という選択をするようです。

実に浅はかな行動ですよね。

スポンサーリンク

彼等の末路

彼等が、都合の悪い事を隠すという行動をとる原因は、「焦り」にあります。

早くお金を稼がなければいけないという焦りです。

 

自己都合を優先している為、お客様のことを本気で考えられないのです。

そのような気持ちは、ふとした瞬間にお客様に伝わるものだと思います。

 

隠したことが、契約直前の質問で露呈し、信用を失うことも多くなります。

なんで事前に教えてくれなかったのか」等と不信感を抱かれ、契約が流れるのも当然の結果なのです。

 

最悪の場合は、トラブルに発展することになります。

そして、そんな営業スタイルを続ける結果、次第に契約が途切れていくのです。

 

他決(他社に負ける)ことが増え、最終的には会社を去っていくしかありません。

会社の集客力が悪いのだと勘違いしたまま、不動産業界を転々とする人も多いようです。

これが、彼等の悲しい末路で、おそらくどこへ行っても同じような結果しか待っていないでしょう。

関連記事

不動産営業に向いている人ってどんな人?

    不動産営業職への転職を考える人にとって、初めに浮かぶのは、「自分に向いているのだろうか」という疑問ではないでしょうか。 そして、その次に「どんな業界なのだろう」といった現場 ...

まとめ

結局のところ、告知すべき注意点を隠すような売り方は、破綻するしかない営業スタイルということです。

自分がどのような営業マンから買いたいかを想像すれば、あるべき姿は容易に想像できます。

 

結論としては、不誠実な営業スタイルは、破綻する運命しか待っていないという事で、それが彼らの末路です。

私は、彼等が不動産業界から淘汰され、姿を消す日が必ず来ると信じています。

HOME

-営業職適正

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.