年収と歩合

不動産営業の年収と歩合が当てにならない理由とは?

転職・求人サイトには、基本給の他に「年収例」という表示を見かけますよね?

ですし、あれをそのまま信じている人は少ないとは思いますが、実際とどのくらい誤差があるものなのかは知っておきたいところです。

今回は、求人上の年収例と、実際の年収の誤差についてのお話です。

スポンサーリンク

1.年収と歩合の考え方

不動産会社は、基本的に自社の歩合率を公表したくありません。

その理由は、公表するとマイナス効果になる事が多いからです。

 

企業側からすれば、歩合を目当てに応募されるよりも、仕事内容や会社自体に魅力を感じて応募して欲しいと考えています。

要するに、「給料は平凡だけど、この会社が好きだから辞めない」と思って働いてもらうのが理想なのでしょう。

それに、他社と同じような歩合率であれば、わざわざ記載しても差別化にはなりませんから、公表するだけ無駄というわけです。

顧客やライバル会社に、自社の歩合率を見られるのも都合が悪い事です。

このように、歩合の公表は、会社にとっては百害あって一利なしというわけです。

参考記事不動産仲介営業の歩合ってどうなってるの?」

 

こうした事情から、詳しい事は説明会や面接に足を運んだ人だけに知らせるという事になります。

ここまでは、少し考えれば誰でも分かる事ですよね。

 

問題なのは、それを知るために説明会や面接に行くという手間のほうです。

その労力を解消するためにも、どれだけ実態を把握して求人情報を検討できるかという推察力が必要です。

そして、求人情報から実際の年収を検証する精度を上げるには、各社の歩合の平均値や傾向を知っておく必要があります。

その上で、自分が入社後にどれくらい成約できるかを想像して計算すれば良いでしょう。

 

業界未経験の方は、この部分がよくわからないと思いますので、よくあるパターンを紹介しておきます。

未経験で不動産営業になった場合、最初の2~3カ月は仕事を覚えることで精一杯だと思います。

すぐに反響をもらえたとしても、上司や先輩営業マンと一緒に営業活動をすることになります。

いわゆるコーチングというやつですね。

 

最初は契約を逃す可能性も高いでしょうから、初めての契約は早くて3か月位後だと思っていたほうが良いと思います。

そこからは、反響をもらえる量と自分の頑張り次第です。

 

私の個人的な感覚では、仲介営業(売買)の一年目の契約本数平均で4~5本の人が多い印象です。

売り出し現場などで偶然に集客できることもあれば、誰もいないときに内容の良い電話反響を受ける、といった幸運を呼び込むタイプもいます。

それが上手く契約に発展してスーパー新人なんて呼ばれる人もいました。

それでも、初年度は7本前後がいいところだと思います。

 

住宅営業(ハウスメーカー)の場合は、もっと時間がかかると思います。

仲介営業に比べて覚えることが圧倒的に多いからです。

おそらく、ハウスメーカーでの1年目なら、自力でできる契約が1~3本あれば良い方だと思います。

上司に力があり、契約した案件をもらう形であれば、もう少し契約できる本数が増える感じです。

 

賃貸営業は、元々数をこなす仕事ですし、歩合も小さいので、求人にある年収例がMAXだと思って検討するしかないと思います。

賃貸業務は、エリアによって案件発生状況が大きく違いますから、入社前に正確な検証をするのはとても難しいです。

 

2年目以降の年収は、自分の夢や目標をのせてみて、その金額でモチベーションが出るか確かめると良いと思います。

参考記事住宅営業の平均年収はどれくらいなの?」

2.歩合率が変わることはないの?

就職・転職サイトでいくら一生懸命にリサーチしても、入社後に歩合制度の仕組みが変更されてしまったら意味がありませんよね?

歩合の変更は、年収に直結する問題なのですが、私は実際に会社側から歩合率の途中変更をされた経験があります。

 

しかし、悪意のある変更ではなく、リーマンショックで経営が悪化した為でした。

この会社は、地域密着型で数店舗を展開している規模でした。

歩合率の変更については、大手不動産会社ではあまり心配ないことだと思います。

 

数店舗を経営している規模の会社は、支店の売り上げが足をひっぱると経営悪化が急激に加速することがあります。

店舗拡大の際によく言われる、広げすぎというやつですね。

逆に、1店舗で昔から経営している不動産屋のほうが安心なくらいです。

 

求人で就職先を検討する際には、その会社の事業規模(店舗数)にも注目してみると良いと思います。

参考記事不動産営業への転職 求人から内情を見極める方法

 

3.不動産営業の年収は、残業代が重要?!

昨今の労働環境下では、残業を少なくする動きが広がっていますよね。

会社側が「残業をしないでください」と言ってくる時代になってきました。

正直なところ、不動産業界では残業の扱いは雑なところがあります。

非上場の会社の場合、ほとんどサービス残業になってしまうのが実態だと思います。

私が大手の不動産会社に勤めた際、一番驚いたのは不動産会社なのにきちんと残業をつけてくれる事でした。

 

大手企業は、コンプライアンス遵守への意識が高いです。

ですから、残業も有給もきちんと付与されます。

実は、この残業代が年収にかなり影響します。

大手企業の残業単価を時給換算すると、1,500~2,500円位に収まる人が多いです。

 

私が不動産営業をしていた時は、一カ月の残業時間は20~30時間でした。

住宅営業(ハウスメーカー)の場合は、プランや見積り作成作業などに時間がかかることが多いので、もう少し多くなる傾向があると思います。

 

仮に、20時間で時給1,500円としても、毎月3万円前後の収入になっていたわけです。

残業代がつく会社に行く場合、基本給が少し安くても、宅建手当と残業代で6万円前後収入が増加することを考慮できます。

参考記事宅建(宅地建物取引士)の手当の相場を教えて!

このように残業代は年収に大きく寄与しますが、不動産営業職はなんといっても歩合の部分が重要です。

実際、私が年収1千万円を達成した会社は、残業代なんて一切ありませんでした。

 

最初は色々と求人情報に悩まされますが、最終的には自分の実力次第で十分に稼げるという事です。

ですから、残業代の有無で会社を決める必要は無いとも思います。

 

残業代はやらなければ発生しないというものでもありますから、あくまでプラスアルファの部分です。

近年は、企業側が残業をさせない傾向もありますから、あまり過度な期待はしないほうが良い部分かもしれません。

 

4.結局、どうゆう会社に転職すればいいの?

もし、私が20~30代に戻り、異業種から不動産営業に挑戦するとしたら、以下のような基準で探します。

  1. 集客力がありそうな会社にする
  2. 基本給は20万円前後でもOK
  3. 残業代は無くてOK(勿論、あれば尚良い)
  4. 通常、20時くらいには帰れる
  5. 大手不動産会社、又は1~2店舗だけの小規模な会社
  6. 歩合設定が納得できる(頑張れば年収600万円位はいけると感じられる)

今ならこんな基準で決断をすると思います。

正直なところ、基本給は25万円位欲しいですが、そうなると大手になります。

大手には営業をする上でやりにくい部分もあるので、私は自由度を優先します。

参考記事大手仲介業者の社風を比較してみた

5.まとめ

自分の営業スタイルや性格などによっても向いている会社が異なると思いますので、事前のリサーチは結構大事だと思います。

HOMEからは、営業ノウハウの記事等にもアクセスできますので、参考にしてみてください。

-年収と歩合

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.