不動産業界 就職・転職

不動産営業と結婚したら、こんな夫婦生活が待っている

私のサイトは、不動産営業について色々と調べられるようになっています。

基本的には、営業志望の人が利用するサイトなのですが、「不動産営業 結婚」等といったキーワードで辿り着いている人がいることに気づきました。

つまり、意外に女性の訪問者も多いようなのです。

彼女達は、どうやら恋人の仕事内容や、年収等を調べているようです。(笑)

欲しい情報が手に入らないままでは気の毒ですよね。

そこで、不動産営業との結婚について書いてみましましたので、参考にしてください。



生活のサイクル

結婚後は、夫が何時に帰宅するのかによって生活のリズムが変わりますよね。

不動産営業の終業時間は、会社によって異なりますが、近年ではそれほど夜遅くまで働く仕事ではないと思います。

 

残業をさせない取組をしている企業の場合、19時~20時にはタイムカードが押せるのではないかと思います。

無駄な残業が慣習化している会社の場合、22時過ぎになってチラホラ帰る人が出て来る感じです。

 

最近は、「残業をしても売れるわけでは無い」とか、「電気代の無駄」等と考える会社も増えてきたと感じます。

平均すると、21時位には帰宅準備ができる会社が多いのではないでしょうか。

 

私自身、最も忙しかった時期でも、大抵は21時半までに会社を出ていました。

ですから、不動産営業の夫を持つ奥さんは、これに合わせて夕食を用意する生活サイクルになりやすいと思います。

 

彼氏が勤める不動産会社が「ブラック企業なのでは?」と感じたら、当サイトの「就職・転職」のカテゴリーを見るように教えてあげてください。

私の経験から、ホワイト企業の選別方法等、色々とご紹介しています。

 

休日の過ごし方

不動産会社の休日は、基本的には水曜日です。

隔週の場合は、火曜か木曜が追加されるケースが多いです。

 

休日に顧客からの電話が鳴る事も多いので、これにストレスを感じる人もいるようです。

切り替えの良さと、家族のサポートが重要な仕事なので、このあたりのフォローが上手な人は、不動産営業の妻に適任です。

 

大手不動産会社では、完全週休二日制の場合が多く、本当にきっちり休んでいます。

私の務めていた会社では、火曜と水曜が完全に休みでした。

 

振替休日等もきちんと取得できましたし、残業代もつく会社でした。

中規模以下の不動産会社では、振休や残業代が付くことはあまり無いはずです。

 

不動産営業の休日の過ごし方を聞くと、意外に出かける人が多かったです。

家でゆっくりするよりも、どこかへ出かける方が気分転換になるという人が多いのです。

日々の仕事に疲れてしまい、家でグッタリ・・というタイプは見かけませんでした。

 

ですから、不動産営業の旦那には、意外に家族サービスが期待できると思います。

アンテナが高く、行動力がある人が多いので、アクティブな休日を過ごすことになるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

年収と夫婦関係

不動産営業の年収は、所属する会社の歩合設定と、その地域の販売価格等によります。

また、売れている営業と、そうでない営業との違いもあります。

 

通常、1つの店舗に在席する営業の数は、5人前後で、多くても10人程度です。

東京での話ですが、この中で平均以上の成績を維持している営業マンであれば、年収500万円以上は稼げている事が多いと思います。

 

新人営業や、成長過程の営業マンの場合、350~450万円といったところだと思います。

トップ営業ではないものの、かなり上位を維持しているような人で600~700万円前後のイメージです。

年収1千万円を超える営業マンは、数店舗に一人いるかどうかという感じです。

 

夫婦仲については、成績の良い人の方が円満な人が多かったです。

私の統計なので、全国的にはどうかわかりませんが・・(笑)

もしかしたら、奥さんの精神的サポートが成績に大きく影響する業種なのかもしれません。

 

忙しくて帰りが遅い割に稼げていない状態が続くと、お互いにストレスが溜まりやすくなり、夫婦仲に悪影響を及ぼすとも考えられます。

 

稼げている人でも、休みが返上になる等、家族との時間を犠牲にする事は増えます。

しかし、年収は良いので、パートナーからの金銭的不満は少なく、むしろ手厚いサポートを受けられるということかもしれませんね。

 

契約がとれなければ、年収が大きく変動するので、その点は奥さんとしても不安を感じる部分かもしれません。

安定を求める人には、あまり好ましい職業ではないのかもしれません。

 

参考記事

不動産購入と結婚生活で幸せになる人の共通点

不幸になるために家を買う人はいませんよね。 誰もが、幸せに暮らすために家を買います。   しかし、不動産営業をしていると、色々な家庭の様子を垣間見ます。 幸せな結果と、不幸な結末の両方を目の ...

 

妻のお金管理が重要!

ご主人が、売れる営業マンになった場合、年収は700~1200万円のレンジに入ってきます。

そうなると、今までとはお金の管理方法が変わってくる面があります。

 

投資等に興味を持つ人も多いですし、「増えたお金をどう管理するか」という知識を女性側も持っておく必要がでてきます。

私の場合、妻の数字意識が高まったことで、お金の管理についてかなり助かった面があります。

 

ご主人は、営業活動のことで頭が一杯になることも多いですから、妻が資産管理をしっかりしてくれるのは大変心強いサポートなのです。

また、一緒に資産形成をしていくという姿勢が、また二人の関係を強くします。

 

今から少しずつ勉強してみてはいかがでしょうか。

最近では、女性のためのマネーセミナー‎等もありますよね。

料理資産管理は、不動産営業マンの妻として大きな武器だと思います。

 

メリットとデメリット

不動産営業の妻になって得られるメリットがあれば、知っておきたいところですよね。

自分の妻にも聞いてみましたが、どうやらメリットと感じる部分はあるようです。

 

営業マンは、外食や車の運転が多いので、飲食店やスイーツの店等に詳しくなります。

この為、美味しいものを食べさせてもらえる機会が増えたそうです。

また、休日が平日になったことで、どこへ行くにも空いているのが良いと感じているそうです。

 

そして、最大のメリットは、やはり歩合だそうです。

ボーナスが突然に訪れるようなものなので、サラリーマンには無い楽しみがあるということでしょう。

 

デメリットは、契約がとれなくなると収入が減少することだと思います。

そして、プライベートな時間でも電話に出なければならない事等です。

 

交友関係の広い人の場合は、友人達との休みが合わなくなることがデメリットになる場合もあると思います。

 

それと、大事な案件が進んでいる時だけではありますが、旅先などでも数十分の電話になる事もあります。

将来的に、あまり退職金が期待できない事などもデメリットかもしれません。

その分、先に稼がせるしかありませんね。(笑)

 

 

不動産営業の出会い

売れている営業マンであるほど、出会いの場はありません。

休みにはリフレッシュすることを優先したいので、合コン等に行くこともありませんでした。

 

ですから、社内恋愛や知人紹介での出会いだったと聞く事が多いです。

社内恋愛から結婚に至っているケースも多かったです。

 

知人営業マンの中には、婚活サイト(スマリッジ)で良い出会い(結婚)をしたという人もいました。

最近は、ネットショッピング感覚で気軽に参加できる人が増えているようで、合コン等よりも真面目な人に出会える可能性が高いようです。

 

確かに、オフ会等に気軽に参加できる時代になりましたし、相手の目的も「出会い」なわけですから一番効率が良いのかもしれませんね。

不動産営業との出会いは少ないかもしれませんが、このような媒体に参加する営業マンは、キャバクラ通いしている連中より真面目だと思います。(笑)

 

男性の場合、年収もある程度ないと参加しずらいでしょうから、容姿はともかくとして、条件の良い人がいる可能性が高いのかもしれませんね。

まとめ

営業マンは、行動的で言葉の上手い人も多いですし、夜遊びをする人もいました。

逆に、全く夜遊びをせず、子供との時間を大切にしている人もいました。

これらは、業種に関係なく、個人の結婚観の違いと考えた方が良い気がします。

離婚率が高いイメージがあるかもしれませんが、離婚する人が目立つだけの話のような気もします。

 

正直なところ、「不動産営業だから」と、一概に言い切れる事は少ないです。

営業職は不安定なイメージもあるでしょうが、一般の企業にも倒産リスクはあるわけですから、不安については誰でも同じように抱えています。

要は、人生に起きる問題を夫婦でどのように乗り越えていくかという事だと思います。

 

結婚相手は、職業に関係なく、内面性で判断するのが良いと思います。

幸せに暮らしている人はたくさんいます。

ですから、心配するなら相手との相性の方だと思います。

仕事についての弊害は、記事中に書いた通りですが、そこは愛の力で乗り越えてください。(笑)

HOME

-不動産業界, 就職・転職

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2020 All Rights Reserved.