不動産業界 就職・転職

不動産営業への転職|賃貸と売買の違いと必要知識

不動産仲介業者への就職、又は転職を目指す人には、賃貸営業売買営業の選択肢があります。

その仕事内容や、給与体系の違いがよくわからない人のために、両者の違いについて説明したいと思います。

この記事では、どちらの不動産営業になるかを決める為の判断材料を提供していきます。



賃貸仲介営業と売買仲介営業の違い

難しい話は抜きにして、仕事内容の違いについて説明したいと思います。

都市部では、膨大な人数が賃貸物件を探しています。

賃貸は、借りるだけの契約なので、住宅ローンや登記等の手続きもありません。

 

ですから、賃貸営業は、単に物件を案内して気に入ってもらう仕事です。

上達するもの早いですし、覚えるのも簡単です。

しかし、売買に比べて相手にする顧客数が多いので、繁忙期の仕事量は結構なものになります。

 

売買の仲介営業の場合、顧客数は多くて月に10人程度です。

家を探している人の数は、賃貸に比べて非常に少ないからです。

当然、他社との競合も激しいので、営業力の差が出やすい仕事です。

 

また、知識の面でも賃貸営業よりも覚えなければならない事が多いです。

少ないチャンスを活かさなければいけない仕事なので、「やり方」が問われる仕事です。

忙しさについては、賃貸よりも楽なものです。

 

仕事内容の違い

賃貸の仲介営業の場合、来店客の割合も多いです。

メールやHPからも問い合わせが来ます。

来店客をメインにしながら、メール客等にいかに対応できるかという勝負です。

急いで探している人に、気持ちよく決断させる手順が重要だと思います。

 

物件を案内して契約をするのは売買も同じ流れですが、価格の重みが違うので、賃貸の方が気楽です。

若い顧客が相手になる事が多いですから、人との出会いとか交流をしたい人は賃貸の営業が向いていると思います。

売買に比べて、契約本数が多いので、書類をまとめる作業等も割と多めです。

 

客層の違い

賃貸の場合、ワンルームを借りる人は大半が独身者です。

春は、学生や新卒社会人等の顧客も多くなりますよね。

転勤等で移住するファミリー層もいますが、絶対数が圧倒的に少ないです。

 

これに対して、売買の顧客では20代の顧客は逆に珍しい存在になります。

家を購入するのは、30歳以上の人が殆どだからです。

平均すると35~40歳位までの人が最も多いと思います。

そして、もう一つ賃貸と大きく違う点は、大半がファミリー層である事です。

子供の出産や、結婚を機に家を購入するケースが多いのです。

 

また、若いころに購入した家を売り、マンションに住み替える人もいます。

その他、中古住宅を購入するシニア層もいます。

このように、売買営業の相手にする顧客は「大人からシニア層」です。

ですから、丁寧な言葉使いとか、時事的な話題等に関する知識も必要です。

スポンサーリンク

給与体系と年収の違い

宅建の資格手当については、賃貸も売買も同じです。

都市部では3万円が相場ですが、詳しくは参考記事をご覧ください。

 

基本給については、それほど大きな差は無いと思います。

但し、賃貸には小さな会社も多いので、一概には言えない部分もあります。

平均年収が高いのは、売買の方だとは思いますが、都市部では賃貸営業でもそれなりに稼ぐ人はいます。

 

要するに、どちらの場合も歩合の設定によって年収が大きく変わってきます。

売買は、取引金額が大きいので、仲介手数料も高額です。

賃貸は、テナント等は別として、仲介手数料は少額です。

簡単に言えば、数で勝負するか、単価で勝負するかという違いです。

参考記事宅建士の社会的評価と資格手当の相場状況

 

売買の仲介営業に必要な知識

売買の取引では、所有権が移転することになります。

この為、登記の手続きが発生します。

賃貸営業の人達には、登記についての手続きがが難しく感じる人も多いようです。

 

でも、実際にやってみれば、それほど難しいことはありません。

2回程度の契約経験で覚えられるイメージです。

それで覚えられなかった人は見たことがありませんが、念のためどんな仕事内容なのかご紹介しておきます。

 

住宅ローン知識

顧客の職業や年収に合せて、どの銀行から借り入れをするのが良いかを判断します。

つまり、売買業務には、住宅ローンのアドバイスをするための知識が求められます。

上席のサポートを受けながら、実務で覚えていくものなので、事前に勉強する人は少ないです。

具体的には、メガバンク、ノンバンク、それ以外の場合といった違いを覚えていきます。

 

登記についての知識

各不動産会社には、馴染みの司法書士がいることが多いです。

ですから、会社側から「登記はこの先生に依頼してね」等と言われます。

司法書士に対しては、登記の見積りと決済時の登記手続きをしてもらいます。

登記に必要な物や、業務の流れは、司法書士の指示に従えば良いだけですので、特別な知識が無くても対応可能です。

 

税金についての知識

不動産の税金と言うと、不動産取得税等を思い浮かべるかもしれません。

しかし、実務上では不動産取得税が発生するケースは少なく、むしろ相続税や贈与税についての知識の方が役立ちます。

税理士や弁護士等の専門分野でもあるので、不動産営業としては最低限のアドバイスができる程度の知識で良いと思います。(試験で勉強する程度)

基本的な税知識だけあれば対応できますので、あまり難しく考えなくて大丈夫です。

 

決済業務の違い

賃貸の場合、引渡しは鍵を渡す事で完了します。

しかし、売買の場合には、銀行等に関係者が集まって、1~2時間かけて引渡し作業を行います。

業務の内容自体は簡単な事ですが、手順を知らなければ出来ない仕事です。

 

内容としては、一度経験するだけで誰でも出来る程度のものです。

私も、新人の頃は2回目の決済から1人で行かされました。

初めての決済の時には、手順の様子等をメモしておくと良いと思います。

参考記事売買仲介営業の決済|引渡日の流れ

 

賃貸と住宅購入のどちらが得か

不動産営業としてどの様なセールスをしたいか、という部分も大事ですよね。

つまり、売り方や勧め方の違いです。

 

賃貸営業と売買営業では、顧客へのアピールポイントが異なります。

賃貸のメリットには、自由に引越しすることができ、設備が故障してもオーナー負担で修繕してもらえる事等があります。

駅から近い便利な場所に住みやすいのも、賃貸のメリットと言えるでしょう。

 

家賃を払い続けるなら、家を購入したほうが良いという考えがありますが、個人的には少し違和感があります。

これについては、不動産のプロの間でも意見が分かれるところです。

結論を言えば、その人のライフプランや資力等によってベストな選択肢が変わるからです。

中には、賃貸の方が特になるケースもあるのです。

 

まとめ

賃貸と売買のどちらを選択するかは、今後の歩み方に大きな影響を与える決断になります。

後からの転向を考えるよりは、最初から本当に興味がある方を選んだ方が良いと思います。

 

賃貸の仲介営業は、それほど高い年収は見込めないかもしれません。

でも、即戦力になれる可能性が高く、人との出会いも多い仕事です。

売買の仲介営業は、実力さえついてしまえば、それなりに稼ぐ事ができるでしょう。

プレッシャーを感じやすい環境ですし、賃貸よりは知識と経験が必要です。

 

また、賃貸の顧客は、一時的な住居を決めようとする人達です。

売買の顧客は、一生に一度の買い物と考えている人が多いでしょう。

責任の大きさで決めるのも、一つの判断基準かもしれません。

あなたがどんな不動産営業になりたいのか、しっかりビジョンを描いてみてください。

HOME

-不動産業界, 就職・転職

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.