宅建独学

宅建の資格が実務で通用しない理由をわかりやすく解説

宅地建物取引士の資格は、不動産の仕事には欠かせないものです。

しかし、単に資格を取得した状態では、実際の職場に出てもあまり役に立ちません。

あんなに勉強したのに・・」とがっかりする人もいるかもしれませんが、本当の事です。

だからといって、宅建が無意味という事ではありません。

この記事では、どうして宅建の資格が実用性に乏しいのか、簡単に説明していきます。

スポンサーリンク

宅建は義務教育

不動産会社に入社すると、そこには不動産のプロばかりの集団があります。

宅建の勉強で習得するような知識については、誰もが知っている環境で、何も特別な存在ではない世界です。

つまり、宅建の知識は、不動産業界で働くための義務教育みたいなものです。

 

一流の小学校と中学校を卒業していたとしても、それが役立つのは進学や就職の段階ですよね。

その後で学ぶ事の方が遥かに多いのが普通でしょう。

宅建の免許も全く同じで、入口で必要となるパスポートの役割をしているだけです。

 

とはいっても、専門知識を持っていることに価値はあります。

ですから、資格手当等でも評価されるわけです。

 

重要事項説明

実際の現場において即戦力となれない理由には、もう一つ大きな原因があります。

それは、宅地建物取引士の免許を交付されていても、重要事項の説明の経験が無い事です。

 

もしも、あなたが宅建を取得した状態で不動産会社に入社し、いきなり「契約書作ってお客さんに重説して」と言われたとしたら、とても困りますよね。

契約書重要事項説明書の記載事項等は、宅建業法の中に規定されています.

ですから、理論上としてはこの業務ができることになっています。

 

しかし、役所で物件の調査をしたことも無ければ、書類のレイアウトさえも知らない状態ですよね。

知識はあるのですが、実際のやり方がわからない状態です。

料理の完成形は理解しているものの、細かいレシピがわからないような感じです。

 

どんな免許でも同じだと思いますが、実戦での訓練が必要な部分があります。

車の運転でも、教習所の中と実際の道路とでは全く違いますよね。

運転免許を持っていれば、高速道路でも都心の道路でも走ることができます。

 

しかし、初心者にとっては、いきなりは出来ないのが普通です。

誰かに同乗してもらいながら訓練することによって、その資格の力を発揮できるようになっていくものです。

 

宅建と営業活動

宅建の受験勉強の中には、営業職としてのノウハウを学ぶ科目はありません。

一方で、不動産会社では顧客を相手に商売をしていますので、必ず営業活動が生じます。

これが、宅建がすぐに役に立たない理由に大きく関係しています。

 

例えば、建売住宅を販売する会社の場合、顧客の問い合わせに対して資料を送付するとか、物件を案内するといった仕事があります。

物件の資料を作成してお届けする作業や、物件を車で案内する業務に、宅建の知識は必要ありませんよね?

 

この時点では、宅建の免許よりも運転免許の方が役に立ちます。

宅建を取得せずに不動産営業をしている人がいるのは、このように宅建が無くても出来てしまうからなのです。

役所での調査についても、宅建の資格は不要で、やり方さえ知れば誰にでもできる内容です。

 

実際には、重要事項の説明をする時になって、初めて宅建が必要になります。

つまりは、契約の時にだけ必要なのです。

宅建を取得していない人は、上司等が対応することでクリアできてしまいます。

重要事項の説明だけは、上席から行うことになっていますので」等と言ってバトンタッチしているわけです。

 

営業活動の中で、宅建が役に立つ場面が無いわけではありません。

顧客からの質問に対応する際や、不動産についての理解力の面で有利に働くからです。

しかし、営業活動の柱となる部分では、あまり使う事のない知識であることも事実です。

これも、宅建が即戦力として機能しない原因の一つと言えます。

 

まとめ

宅建の資格を役立てるには、重要事項説明が出来るようになる事が必要です。

しかし、実務では、重要事項説明のやり方を覚える前に、営業活動のやり方を覚えるのが先決ということになります。

契約する人を生み出す作業が先だからです。

 

結論としては、「営業活動が先である事」と、「重説のやり方がわからない事」によって、即戦力にならないということです。

この2つが出来ない状態では、宅建を持っている効果が限りなくゼロに近いのです。

宅建の資格を役立てられるようになったら、やっと一人前という事ですね。

HOME

-宅建独学

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.