就職・転職 新人待遇

不動産営業が実際にとれる休日・休暇の取得日数は?

営業職は、お客様の都合に合わせる事になりやすい職業ですので、休みが思うようにとれないイメージがあるのではないでしょうか。

不動産営業においても、顧客中心になってしまう傾向があり、休暇の取り方が一般企業とは少し異なる事もあります。

そこで、この記事では、不動産営業が実際に取得できる「休暇日」について具体的に取り上げてみたいと思います。

仲介営業職への転職予定者の皆さんの参考になれば幸いです。



不動産仲介営業の休日

不動産業界は、木材が燃える「」と、流れることを連想させる「」を嫌います。

このような背景からか、火曜日水曜日を定休日にする不動産会社が多いです。

特に、水曜日を定休日としている会社はかなり多いです。

 

このように、その会社で定められている定休日については、基本的に営業も休めます。

しかし、お客様から物件案内の依頼が入った場合や、契約日となった場合等は、当然ながら出勤することになります。

 

この休日出勤に対して、代休等が発生するかどうかは、各企業の労働条件によります。

私の経験では、大手企業は代休が発生しますが、小~中規模の不動産会社では、みなし労働の範囲にされてしまう事が多いと思います。

 

夏季・年末休暇

お客様ファーストである営業職にとって、長期の休暇には縁の無いイメージがあるかもしれません。

しかし、私がこの業界に入って、「意外にきちんと休めるものだなぁ」と感じました。

お盆休みと年末年始については、休みを返上した記憶はほとんどありません。

 

事前にアナウンスしておくと、お客様のほうが気を使ってくれることが多いです。

お休み中は悪いと思って、遠慮していました」等と聞くこともしばしばです。

考えてみれば、年末年始に家を探す人は少なそうですよね。

 

ご挨拶等で忙しいでしょうし、お酒を飲んでのんびりと年越しをする人が多いという事でしょう。

私達営業も、年末年始は羽を伸ばしてゆっくりできる貴重な期間です。(笑)

 

但し、住宅営業で展示場勤務等をしている人達は、イベントで出勤となります。

少し時期をずらして取得するイメージです。

 

お盆は、一般的なお盆休みの時期に3~5日程度の休暇になります。

年末年始は、12月29日前後~翌年1月3日までというイメージです。

仲介営業(売買)であれば、比較的に問題なく休むことができるはずです。

 

スポンサーリンク

有給休暇の取得

お盆と正月は比較的に休めることが分かりましたよね?

では、有給休暇を使用して、長期の旅行に出るといったことは可能なのでしょうか。

この辺の事情が気になる人もいますよね。

 

実は、この問題は、とても説明がしにくい部分があります。

端的に言ってしまうと、「成績が出ていれば可能」という場合が多いです。

 

ろくに売れてもいない癖に、「有給はしっかり取得して旅行に行きます」なんて言える人はワイルドすぎますよね。

大きな目標を達成したときや、大口案件の契約をした時等には、上司から『有給でもとって羽でも伸ばして来たらどうだ』なんて言ってもらえるわけです。

それ以外では、なかなか言い出しにくい状況だと思います。

 

それに、営業職になると、「そんなことをしている場合じゃない」という意識が芽生えますので、あまり必要だとも感じたことはありません。

ここは、考え方に個人差がある部分でしょうね。

 

参考記事

売買仲介営業の忙しい一日を疑似体験できる記事

 

休める不動産会社を探したい

きちんと休める不動産会社を探したいという人は、MIIDAS(ミイダス)を利用すると良いと思います。

タッチパネル式の質問に答えていくだけで登録が完了し、条件を付けた求人内容でオファーが届きます。

 

しかも、一次選考が完了した状態でオファーされる仕組みなので、無駄なエントリーが起こりません。

求人情報をくまなく見てまわる手間と、書類選考に落ちてガッカリする無駄がないわけです。

 

50,000社が利用する採用ツールなので、ここでオファーが届かないなら諦めるという判断もできるでしょう。

同年代・同業種の年収や、自分の市場価値も数値化されますので、ミイダスに登録して閲覧するだけでも有益だと思います。

 

まとめ

大手不動産会社では、週休2日を実施する会社が増えました。

業者訪問等をしていても、しっかり休んでいる様子が見て取れます。

稀に出勤している人を見かけますが、用が済めばすぐに帰宅しているようです。

 

休みをしっかりと取得しながら、不動産営業として高収入を目指したい人は、間違いなく大手不動産会社に就職するのが良いと思います。

大手の社風等が知りたい方は、「大手仲介業者の社風を比較してみた」も参考にしてみてください。

-就職・転職, 新人待遇

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.