不動産業界

IT事業と不動産事業は今後どちらが儲かる?

世界的に5G関連の株が上昇して、テック(開発・テクノロジー)産業への注目が集まっています。

5Gの普及と、これに伴うサービスの増加によって、オフィスの必要性が低下するとも言われ始めました。

不動産業においても、『不動産テック』等と言われる新ジャンルが登場し始めました。

これまで、不動産業を開業する人といえば、仲介業を経験した元不動産営業マンとか、大手で土地仕入れ経験をした人等が目立ちました。

しかし、これからの時代は、それほど不動産経験が無い人でも、IT系の不動産業者として起業するケースが増える可能性があります。

そして、この分野は、もしかするとIT系企業としての独立よりも競争率が低く、稼ぎやすい可能性すらあります。

若い世代の方々は、誰も目をつけていない今だからこそ、将来の選択肢として注目しておくと良いと思います。

 

不動産業界の特徴と変化

不動産屋の社長というと、ベンツを乗り回して豪邸に住んでいるバブリーなイメージがありますよね。

実際、この業界で働いていると、絵に描いたようなタイプの人物とよく出会います。

 

ステータスを持つことを好み、リスクテイクに対しても積極的な人達です。

しかし、今後成功する不動産屋の社長は、少しイメージが変わってくるかもしれません。

 

つまり、本来なら不動産屋になるようなタイプではない人が、不動産業で活躍できる環境になってきたということです。

質素倹約で、お金もそれほど使わず、大衆車に乗る大金持ち‥みたいな人が出てくるのではないかと思います。

 

これは、どの業界にも言える事ですが、契約までのプロセスと、契約業務自体がWEB上で完結できる世界になることで、社長になるタイプが変化するからです。

これこそ、時代の変化ですよね。

 

今までの時代は、リスクを負える勇気がある人が経営者になるものでしたが、ローリスクハイリターンな成功方法が実際に出てきているのです。

 

また、事業を始めるにしても、事務所が不要となっている業種が増えています。

最終的には、不動産業も自宅で開業できる時代になるかもしれません。(現在は、接客スペースがあることが要件にされています)

コロナの影響は、それくらい世の中を変えていますよね。

 

若者達が小資本で起業できる環境を整える事も、日本の経済成長に寄与するでしょう。

彼等に足りない経験や知識については、アウトソーシングできるWEB上の人材派遣の仕組みを考案すれば良いのです。

 

先日、保険業界においても、第一生命がWEB上で保険契約を簡潔するシステムを稼働する予定を公表しました。

これまでライフネット生命がWEB媒体をリードしていましたが、とうとう保険業各社がWEB上でのシェアを取り合う時代になってきたわけです。

 

誰でもできる化が進む未来

最近、「誰でもできる」というツールが増えたと思いませんか?

誰でも、簡単に~できる」というキャッチコピーが、当たり前のように存在しますよね。

 

本来なら、プロに頼まなければ実現できない事が、素人でも簡単に出来てしまう事が増えているという事です。

3Dプリンタの登場で、製品の開発スピードも驚異的に速くなりましたよね。

 

ひと昔前なら、ホームページを自分で作成することは難しかったです。

ブログや動画投稿等もそうですが、次々に最新のテクノロジーが低価格で利用できるようになっています。

 

自宅をスタジオ化して動画配信し、それで生計を立てる人が出てくるなんて、少し前には想像もしていなかった事です。

その分、TV局が収益を得にくくなっていて、有料動画配信サービス等へ誘導する動きが見られます。

 

ほんの小さな変化が、このように身近なところに出てくるようになり、そうなるまでの時間も日々早まっているように感じます。

取り残されないよう、新しい知識に目を向けていきましょう!

 

アフィリエイトの役割

保険業や不動産業は、これまで「対面できない」とか「担当者の顔が見えない」という部分に顧客が不安を感じる業種でしたよね。

WEBだけでは集客から契約まで完了させるのが難しい業種(信用商売)だったのです。

 

ところが、ユーザー達の世代が変わり、コロナでWEB商談が当たり前になると、『WEBでの集客』が売り上げの差を分けることになります。

そして、WEBでの集客なら、人件費をかけずに24時間何件でも契約できますので、成功した時にはかなり利益率が高いでしょう。

 

どうやら、」(営業マン)に対する信頼が必要だった時代から、WEBページや企業への信頼(大手が強い)へシフトしていく流れは、避けられそうにありません。

 

これに対して、何か対抗策を持たなければ、小さな会社が潰れてしまいますよね。

私は、それがアフィリエイトだと思うのです。

 

グーグルや楽天の業績を見れば、これは明らかなことです。

大手の集客力に対抗するためには、アクセスを集めているブロガーやYouTuber等の力を利用するのが効果的なのです。

 

彼等にフィーを与え、アフリィエイト記事を作成して宣伝してもらうという選択肢は、今後も広がりを見せるのではないでしょうか。

戦い方が変わるわけですから、今から準備をしていかなければ時代遅れになる可能性があるという事ですね。

 

サイト起業が増える

私自身、ブログを始めてみて驚いたのですが、アフィリエイトで提携できる企業は本当に多いです。

あなたが「保険を売りたい」と思えば、保険会社と提携して記事を書けば良いのです。

 

つまり、提携してもらえるサイトを持てば、何の仕事でも出来てしまうのです。

全ての業種の社長になることができ、記事の中では貴方がスーパー営業マンです。

 

ユーザーが行動するような記事を書くことができれば、あなたは大会社の社長と同じくらいの年収を実現することもできます。

現に、中学生が年収1千万円を超えたという事例もあるそうですので、今後も益々チャレンジする人が増えるのではないでしょうか。

 

今が起業のチャンス?

何かIT系の仕事で独立したいと考えている人は、不動産業についても検討してみる価値があると思います。

アイデア次第では、ビッグビジネスになる可能性があり、時代の変化している今は、起業家にとって最大のチャンスです。

 

例えば、誰かが不動産営業経験のある人フリーランスとして登録できるサイトを創ったとしましょう。

SNS等を活用しつつ、当サイトのような不動産営業や宅建受験生が利用しているサイトと組めば、簡単に営業経験者等の人材登録数を伸ばすことができるでしょう。

 

この登録人材達が自宅で作業できる環境を整え、システム化することができれば、彼等が不動産実務の一部を代行する事ができるようになります。

全国に登録している主任者の中から、手を上げる人をマッチングさせればいいのです。

 

山林などの残置処分等、遠隔地の業務も気軽に依頼できる時代が、もうすぐそこまで来ています。

新しい形の不動産人材派遣のようなものですね。

 

不動産業を開業する人達は、店舗にはお金をかけず、このようなシステム利用に投資するようになるかもしれません。

私が思いつく程度のアイデアですから、きっと誰かが既に動き始めていることでしょう。

 

人件費と店舗費用がいらなくなれば、不動産業のリスクはかなり軽減されますので、若者でも起業が容易になるでしょう。

更に、ブロックチェーン等の開発が進み、WEB上で契約が可能になれば、もはや店舗はいらないと言っても良いでしょう。

 

地方の取引についても、都内の業者がWEB上でできるわけです。

調査等もネット上でできる項目が増えていますし、遠隔操作で調査させる人員と仕組みさえあれば、なんとでもなります。

 

このような仕組みを最初に手に入れた企業が、圧倒的なシェアを握り、スタンダード企業になります。

最終的な事業規模を考えると、ものすごい大企業になる可能性すらありますよね。

 

メルカリがそうだったように、ほんの数人で始めた会社が、あっという間に世界的企業になれる時代なのです。

誰も気付いていないニッチなところに、貴方の発想力を使ってみてはいかがでしょうか。

 

WEBに強い人材が鍵

これまで、自分のやりたい事を形にするには、エキスパートを集めなければなりませんでした。

しかし、アフターコロナの世界では、WEBに強い人材さえいれば、何でもできてしまいます。

 

それほどWEB知識が無くても、ブログやHPでの正攻法や、SEOの仕組み等を理解しているだけで人材の価値が上がります。

特に、自己サイトでの成功経験を持つブロガー等は、アドバイザーとしての需要が増すと思います。

 

ブログ界で有名な人のコンサル料は、段々と高くなっているようです。

師として学びたいブロガーがいる人は、今が安く相談できるチャンスかもしれませんね。

 

企業ホームページの再構築

WEB相談が集客のメインになってくると、ホームページ上でいつでも相談できる体制をとる企業も出てくると思います。

常駐するコンサルタント等に、チャット的な感覚でいつでも相談ができるようになれば、ホームページを訪れる意味は増大するでしょう。

 

企業は、WEB化によって人件費が削減できますから、今までよりも利益が増える可能性が高いです。

そして、その利益を広告費やホームページ構築に使うことになります。

 

リアルタイムで常駐するWEB相談員の状況等を見える化し、より便利なWEB環境を提供するサービス事業は、かなりの需要が見込めるでしょう。

おそらく、不動産に特化したWEB構築サービスも登場するはずです。

 

まとめ

不動産業界にはITに詳しい人が少なく、斬新なビジネスアイデアを生み出すような人はIT系に多いという特徴があります。

どちらが儲かるかは、どんな規模で何をやるかによりますが、不動産事業のIT化を先取る人は、大金を掴める可能性が高いでしょう。

新しいサービスや仕組みを考案する力のある人と、不動産事業の知識を持つ人が組めば、かなり優位性の高い事業が展開できるはずです。

キーワードは、『コラボ』ですね。

-不動産業界

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2020 All Rights Reserved.