傾向と対策

2019年度 傾向と対策

2019年度 宅建試験の勉強法は激変する?!

2019年度は、宅建の難易度について話題の多い年になりそうです。 合格基準点が37問以上に上昇し、多くの受験生の目標意識が変わるはずです。 これに伴い、当然に今までとは勉強法が変わってくる部分が出てく ...

2019年度 傾向と対策

2019年度 宅建試験のピンポイント出題予想

宅建の試験で出題されている民法の出題傾向を中心に、当サイトで独自の分析をしてみました。 宅建民法の優先順位に迷う人は、まずこれを読んでから予定を組むと良いと思います。 直近5年での出題傾向を詳しく分析 ...

2019年度 傾向と対策

宅建士試験の出題配分を分析予想 2019年度版

2018年の本試験は、例年よりも合格判定基準点が高くなり、37問以上の正解が必要となる結果でした。 2019年度の宅建士試験を確実に合格するためには、今までとは少し見方を変えなければいけない部分も出て ...

2020年度 傾向と対策

2020年の宅建勉強法はどう変わる!?

2020年の試験に向けてスタートを切る人達に向けて、過去の傾向を踏まえた学習変化についてまとめておきたいと思います。 2019年度の合格基準点は、35問以上の正解とされており、2018年度よりも2問分 ...

2019年度 傾向と対策

平成30年度の宅建試験問題|予想的中率と合格ライン

平成30年度の宅建士本試験が終了しました。 受験生の皆さん、本当にお疲れ様でした! この記事では、試験問題の内訳と、事前予想の的中率について検証しておきたいと思います。 また、本年度の合格ラインについ ...

2018年度 傾向と対策

民法の出題予想と、宅建の民法独学勉強法!

宅建の試験で出題されている民法の出題傾向について、独自分析をしてみました。 宅建民法の優先順位に迷う人は、まずこれを読んでみてください。 平成19年から平成29年までの出題傾向を詳しく分析し、平成30 ...

2018年度 傾向と対策

宅建(宅地建物取引士)試験の配分と出題傾向を徹底分析!

得点配分については、勉強を始める前に考えているとは思いますが、ある程度勉強が進んだ状態で最終的なプランを再考すると良いと思います。 本試験の出題傾向を少し細かく分析し、どこで何点とるべきかを最終判断し ...

傾向と対策 宅建独学

宅建独学サイトの抜け道オススメ勉強法

宅建の独学用サイトが増えた昨今では、何か独自の視点やコツをご紹介しなれば、勉強方法について書く意味が無くなってきましたよね。 実際、独学勉強法については、どこのサイトでも同じような事を言っていると思い ...

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2020 All Rights Reserved.