不動産動向

不動産動向

住宅市場と日本経済の悲観的リスク

2022年6月現在、アメリカの住宅ローン金利が4~5%台まで上昇しています。 アメリカの不動産業者・銀行融資担当者のコメントによると、住宅購入を検討する人の数が約半分にまで低下しているそうです。 イン ...

不動産動向 不動産売買

不動産詐欺に気付けない理由と、正直不動産の盲点

「正直不動産」というTVドラマがあります。 このドラマの中では、営業マンによる様々な売りつけ手口や、地面師等による詐欺行為が紹介されています。 実際、不動産の詐欺には色々な手口がありますが、実は、自分 ...

不動産動向

建売住宅の価格相場と今後の動向

このところ、建売住宅の需給や、建築コスト等に変化が起こってきたと感じる兆候があります。 ロシアへの経済制裁でインフレが加速している事や、長期金利の変動に伴う住宅ローン金利の上昇等が影響しているものと思 ...

不動産動向

不動産の買取価格が下がる理由

このところ、不動産の買取・売却事情に新しい変化が出てきています。 住宅の建築や購入を検討している人達にとっては、好ましくない状況になってきています。 結論から言えば、業者による不動産の買取価格はかなり ...

不動産動向

不動産業界が直面するメタバース危機

メタバース事業の拡大は、不動産業界に多大な影響を及ぼす変化となります。 それが「いつ」なのかという事を論じるのではなく、まずは確実に起こる変化を捉えておきましょう。 何故なら、いつ来ても良い準備をして ...

不動産動向 不動産売買

不動産売買の電子契約について

これまで、不動産売買の契約は対面で行う必要がありました。 しかし、間もなくこのような常識が過去のものとなります。 5Gやメタバース事業の広がりは、不動産売買の電子契約の拡大に拍車をかけることになりそう ...

不動産動向

賃貸経営の未来が怖くなる話

今回は、賃貸経営の未来がちょっと怖くなるような話です。 わりと現実的な話なので、賃貸経営に携わっている方々は読んでおくと良いかもしれません。 何故、賃貸経営の先行きに怖さを感じるかと言うと、メタバース ...

不動産動向

税収増加が示唆する宅建資格者(就職率)への影響

2020年度の税収入は、コロナ禍の影響を考慮して55兆1250億円に下方修正されていました。 しかし、実際には昨年末時点の予想に対し、5兆7千億円近くも上振れする結果となりました。 この理由を深く掘り ...

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2022 All Rights Reserved.