不動産売買 不動産投資

相続税対策で注目のリノベマンションとは?

相続税対策の一環として不動産投資を行う場合、いくつかの選択肢があります。

所有する土地に新築の収益物件を建てるという対策や、都心等にあるタワーマンションを区分所有する対策等が代表的です。

その他、証券化された不動産商品や、小口で購入する収益物件等、実に多様な投資方法があります。

いづれにしても、賃貸物件を所有することによる『資産評価の減少効果』と『減価償却効果』が狙いです。

今回は、その中でもちょっと面白い投資先をご紹介したいと思います。

不動産を売る側と買う側のどちらも、知っておいて損はない情報です。

 

リノベ高級マンションという選択肢

都心のタワーマンション等を購入しようとしても、人気も価格も高く、なかなか良い物件が手に入らないという悩みがあります。

待っていれば、そのうち購入できるのでしょうが、相続対策ではあまり時間がない人もいますよね。

 

この為、「もう少し安くて良い物件があれば・・」というニーズを持つ人は多い事と思います。

このようなニーズに合っているのが、リノベマンションなのですが、普通のリノベマンションではリスクが大きい面があります。

 

単純にリノベしただけでは、いづれ築年数を理由とした空室が出てしまうからです。

つまり、都心部にこだわり、高級リノベに特化すれば、この問題はかなり解消することができるという事です。

 

これに着眼し、先行して実績を重ねてきた会社がログマンションです。

自分の予算にあった高級リノベマンションが見つかるかもしれませんね!

 

空室率の考え方

単純な話ですが、空室を抑えたければ人気のある場所に物件を持てば良いのです。

済みたいと思っている人が多い場所では、物件に対する競争も激しくなりますから、家賃を下げる必要もありません。

 

高級リノベを行った物件ならば、平均的な家賃よりも高く貸せる可能性も高まります。

結論から言えば、最初から空室率の心配がない物件を購入することが肝心なのです。

このような物件は、常に次の買い手もいますから、手放したくなった時でも安心です。

 

まとめ

メリットの多い高級リノベマンションですが、中古の収益物件には、減価償却面での注意点等もあります。

相続対策として検討する人が増えるのは間違いないと思いますが、実際に購入する際には税理士やコンサルタント等の意見を聞きながら慎重に進めてください。

まずは、資料請求等をして情報を集め、気になる物件はすぐに見ておくという動きが大切です。

良い物件が出ても、普段から見学にいって経験を積んだ人達にはスピードで負けてしまいます。

良い物件程、完売までの時間が短いものですので、気軽に内見予約をしてみましょう。

ログマンションのホームページから新着物件のチェックと、内見の申し込みが簡単にできますよ。

-不動産売買, 不動産投資

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2022 All Rights Reserved.