不動産売買 集客

不動産のマッチングサイトで集客する方法

不動産の仕事では、営業マンの実力よりも「集客する」という事の方が大事です。

どんなに優秀な営業マンを抱えていても、集客できなければ意味がありませんよね。

ですから、不動産業を営む上で、最初に差別化すべきことは集客方法ということになります。

しかし、誰もがやっているWEB集客をしているだけの不動産業者が殆どで、スーモやアットホーム等に頼っています。

この状態では、スーモ等での反響が無かった時や、大手に問い合わせが集中してしまった時に困ることになります。

結果、いつまで経っても儲からず、営業マンを雇う余裕も無くなっていく・・というよくあるパターンに陥るのです。

何か、他社が持たない独自の集客方法を持つ事が、そのエリアで勝つことに繋がるということなのです。

今回は、不動産業での新規開業や、WEB集客での販路拡大を狙っている方々にお勧めの集客方法についてご紹介したいと思います。

 

WEB集客で利益を増やす最短の方法

売買の不動産仲介業での利益を増やすには、仲介手数料の総額を増加させるしかありません。

仲介手数料=売上」というシンプルな構造だからこそ、ここにこだわって戦略を立てる必要があります。

 

仲介手数料を値引きされないための工夫や仕組み等を持つ事は当然のこととして、「両手の取引を増やす」という視点も必要です。

両手取引とは、売主と買主の両方から仲介手数料をいただく取り引きのことです。

 

通常、一般客の売却案件を取り扱う場合、売主側からしか仲介手数料がもらえない事が多いです。

これは、客付け(集客)を他社に任せたり、他社が持っている既存客が反応してくる事情があるからです。

 

要するに、中古物件の取引では、買主側と売主側の仲介業者が別々になることが多いという事ですが、これを解決する方法があるのです。

 

マッチングサイトでの差別化

大手不動産会社を含め、よくやっているのがマッチングサイトへの登録です。

実は、これは結果的に効果が低い集客方法となることが多く、マッチングサイトは自社制作するのがオススメです。

 

不動産買取査定のサイト等に登録をする業者が多いのですが、他社との不毛な競争に巻き込まれるだけで、コスト的にはあまり良いとは言えません。

 

不動産仲介業でのマチング集客を行うのであれば、マッチングサイト専門の完全サポートパッケージがお勧めです。

通常、マッチングサイトは制作費がネックになることも多いと思いますが、これも解決することができます。

その理由と効果について、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

この記事を読んでいただければ、WEB集客での差別化についての答えが見つかりますので、最後まで読んでみてください。

今後の売上を左右することになる情報だと思いますよ。

 

条件その1 両手取引を実現させるサイト

不動産売却査定サイト等の場合、売主側からの問い合わせを集めることしかできません。

しかも、多くの競合他社とのスピード勝負となり、疲弊することになります。

 

マッチングサイトの完全サポートパッケージを導入した場合、この問題が即座に解決されます。

何故なら、一般ユーザー(売主)が、自ら簡単に物件登録を行うことができるサイトだからです。

 

そして、その登録物件は、レインズに登録されるまでの間は、あなたの会社(又は個人)が所有するマッチングサイトだけに存在する物件です。

貴方の所有するマッチングサイトは、売却をしたい人の他、買い手の一般ユーザーの目にもとまるようになります。

 

一般に広く周知する方法についても後程ご紹介しますが、売り手と買い手の両方が利用するメリットがあるサイトにすることで、『両手取引』を実現することができるのです。

 

問い合わせが発生したら、売主と買主の両方をマッチング(仲介)すればいいわけです。

このようなサイトは、個人(不動産業者ではない人)で作成しても構いません。

マッチングサイトの運営だけを行い、成果については不動産会社に売却するという事も可能です。

 

条件その2 低コストで製作できること

マッチングサイトは、その製作費が高額になることが最大のネックです。

制作してみたいけど、投資額を回収できるか不安」という部分が障害になってしまうことが多いと思います。

 

完全サポートパッケージの場合、15年以上の製作実績がありながら、賃料コスト等の削減によって低価格を実現していますので、一般的なマッチングサイトの製作費に比べ、30%以上安い価格で対応してもらえます。

成果発生についても過去の実績を見て決めることができますので、安心です。

まずは問い合わせをし、詳しい情報提供を受けながら専門家と一緒に進めればOKです。

 

条件その3 手間がかからないこと

新しい挑戦をするのは良いのですが、それに時間をとられ過ぎることは避けたいですよね。

パソコンに詳しい人がいない可能性もありますから、マッチングサイトの運営では「放置していても機能する」ということが条件になります。

 

この記事でご紹介したツールを活用すれば、全ての要素が満たされた状態で納品されます。

そして、売却物件の投稿者と、その物件に興味を持った人が直接に交渉したり、買付の合意をすることができます。

 

貴方(又は会社)は、契約が発生することが決まった段階で参加し、仲介業者として重要事項の説明をすれば良いわけです。

もちろん、相性の良さそうな顧客同士を仲介し、契約に至るためのサポートをすることもできます。

 

価格を下げた時や、既存客に見せたくない事情等がある場合には、非表示にする機能もありますので、様々なシーンにも対応できます。

 

条件その4 状況把握が容易であること

マッチングサイトの利用者が増えると、そこから集客された情報を管理するという仕事が発生します。

これは、既存の顧客の管理と同じ事ではありますが、メールや問い合わせ情報を整理し、失念や機会損失を防ぐ取り組みが必要ですよね。

 

完全サポートパッケージでは、顧客ごとに問い合わせメール(交渉状況やコメントを含む)がまとめられていきます。

ですから、「あの顧客のメールはどこだったっけ・・」とか、「この人の問い合わせ経緯は・・・」なんて事になりません。

 

また、発信する時の手間も少なくて済みます。

物件情報を一括してメール配信する機能と、個別配信する機能の両方を備えています。

 

一度登録した買い手ユーザーに対し、継続的に物件を紹介することができますので、非常に効果が高い集客ツールとなります。

 

条件その5 必ず活用できる方法があること

実は、このマッチングシステムは、他の新規事業等にも使えるシステムになっています。

例えば、以下のようなサイトが簡単に構築できるのです。

  • メルカリ、ジモティーの様な特定アイテムのフリマサイト
  • 動画・セミナー等の月額利用サイト
  • 特定スキル・サービスの販売サイト

 

このようなマッチングサイトを、1つのシステムで作成できます。

しかも管理画面からワンクリックで切り替えが可能ですから、活用の用途は貴方のアイデア次第なのです。

 

業務の幅や、可能性を広げるための設備投資と考えれば、かなりお得な価格に感じるはずです。

投資した経費は、減価償却することができますから、長期的な視点で検討すれば迷う事もないでしょう。

 

マッチングサイトのアクセス数が心配な人へ

マッチングサイトを立ち上げても、「本当に人が見に来るのか」という不安がありますよね。

これには簡単な解決方法があります。

 

不動産業界ではあまり知られていない方法ですし、実行している会社も稀だと思います。

その方法とは、「既にアクセス数を獲得している運営者に宣伝してもらう」という方法です。

 

自分でゼロからアクセス数を上げるには、かなりの努力と時間が必要になります。

ですので、通常はリスティング広告費等をかけることになりますが、他にも色々と方法はあります。

 

余計な費用をかけず、優良なターゲットだけを呼び込むことが大切ですので、もう少し詳しく説明しておきます。

 

アクセスを集めれば良いわけではない

リスティング広告をすれば、アクセス数を上げる事は簡単にできるでしょう。

でも、単純に数を集めれば良いわけではありません。

 

例えば、あなたが宝石を売りたいと考えてサイトを立ち上げたとします。

そこに、ラーメンを食べたい人や、旅行に行きたい人を集めても、有効な広告にはなりませんよね?

こんなアクセスを何万人集めても、成果はそれほど期待できません。

 

一方、何等かの方法により、アクセサリーに興味を持ち始めた人や、宝石についての価格を調べている人等をピンポイントで集めることができたらどうでしょうか。

これなら、アクセス数がそれほど多くなくても、いづれ集客効果となって反映されそうだと思いませんか?

 

このように、マッチングサイトをつくっても、成果が上がりやすい人達を集めなければ意味がないのです。

 

不動産を売りたい人、買いたい人を集めるには

だんだんと答えに近づいてきましたが、不動産系のマッチングサイトでは、エンドユーザーをいかに集めるかという視点が必要です。

不動産を売りたい人を集めるには、このような事情を持つ人達が「どんなキーワードで検索するか」を考えれば良いのです。

 

例えば、「不動産売却 諸費用」とか、「不動産売却 流れ」等、これから売却を開始する人達が検索していそうなキーワードでアクセスを集めている人と組めば良いということです。

SNSでこのようなキーワードに強い人に依頼することも有効だと思います。

 

私のサイト「不動産営業のつくり方」でも、売却に関する記事や、不動産営業についての記事を書いており、ある程度エンドユーザーの流入があります。

また、このブログへの各種問い合わせも定期的に発生しています。

 

私の場合、成果報酬型での業務提携等を行い、基本的に先行投資することなく宣伝してもらえる関係を構築しています。

このような形で提携すると、無料で宣伝記事を書いてもらう事もできますし、成果が出た時に利益の中から広告費を支払えば良いので、負担が小さくて済みます。

 

みなさんの考えたキーワードで上位にランクインしている運営者に対し、このような提案をしてみるのも一考です。

よろしれけば、私も複数のサイトでご協力することができますので、お気軽にご相談下さい。

 

オススメの月ぎめ広告

1つ有力な広告先をご紹介しておきます。

この記事を読んだ人だけに教える企業秘密ですので、他社には教えないように。(笑)

 

実は、不動産を売却する人というのは、相続に関係していることが多いです。

このような方々は、相続税、不動産譲渡所得税、贈与税等の計算について検索するアクションをとることが多いです。

 

また、不動産を購入しようとしている人達は、住宅ローンや諸費用の計算について調べますよね。

その証拠に、これに特化した計算ツールサイトでは、月に70万ものアクセスを実現しています。

このサイトでは、月極めの広告募集をしていますので、現在スーモに投じている資金を、このような広告媒体に充てるのが得策なのです。

 

ADVICE YOUでの記事作成サポート

この記事を読んでマッチングサイトの製作を決めた方がご希望であれば、私のサイトでご紹介記事を作成することも可能です。(成果報酬型なので無料で依頼できます)

但し、ご依頼の件数・業務状況等によって対応できないこともありますので、その都度メールでお問合せください。

反映可能な時期や、内容等について必ず回答するように致します。

 

業務依頼の流れとしては、以下の通りです。

①郵送で業務委託契約書を交わす(成果報酬条件等を記載します)

②記事を無料で作成、リンク等によるアクセス誘導

③発生した案件が成約に至ったら、規定の広告報酬を支払い

※問い合わせユーザーへの営業代行等も可能です

 

キャンペーンの活用

サーバー契約や、サイト制作では、キャンペーンを利用することで大幅なコスト削減ができることがあります。

この記事を書いた時点でのお話にはなりますが、完全サポートパッケージの製作費についても、限定50社までの半額キャンペーン中です。

 

マッチングサイトの構築は、数百万円規模になることも少なくありません。

それが50万円前後から制作できるだけでも安いと思いますが、キャンペーンによって、更にこれが半額になっています。

 

25万円前後でマッチングサイトができるなんて、ちょっと驚きですよね。

普通のホームページを制作するだけでも、これくらいの見積もりが出てきますから。

 

しかも、私の知人業者は、市の補助金を利用したことで3分の2が無料化できました。

今なら、地方自治体の販路拡大補助金とキャンペーンの両方を使ってマッチングサイトを制作できるかもしれませんね!

 

このようなチャンスを逃さずに行動していくことも大切だと思います。

 

まとめ

不動産業者は、WEB集客について差別化ツールの構築をすべきですが、その方法を知らないとか、費用面で実行できないといった事が多いです。

今回ご紹介したサービスを使えば、低コストで効果の高いマッチングサイトが構築できます。

また、有名ブロガー等と協力したり、リスティング広告等でアクセス数を稼ぐことができれば、かなり有望な集客媒体となるはずです。

上手くいけば、スーモやホームズに対して毎月支払っている広告費がいらなくなるかもしれません。

ポイントは、誰でも簡単に売却物件の投稿ができ、誰でも簡単に登録物件に交渉や問い合わせができる事です。

そして、両手取引を実現してくれるサイトであることが重要ですよね。

成功した時の状況を考えれば、営業マンへの人的投資よりも遥に有望なチャレンジとなると思います。

貴方の会社にも導入してみてはいかがでしょうか。

-不動産売買, 集客

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2021 All Rights Reserved.