トピックス 体験談等

自粛期間の延長で生き残れる人の共通点

コロナウイルス防止対策としての自粛期間(緊急事態宣言等)の再開や延長があると、倒産してしまうと言う人達がいます。

自粛期間が長引く程、このリスクは高まるわけですが、着眼したいのは、その人達にこれを乗り切るためのアイデアと努力があったかどうかです。

自粛期間が解除されない中、コロナ渦でも業績を伸ばしている会社や、乗り越え方を見つけた飲食店があるのも事実ですよね。

どんな状況下でも、必ず生き残る人達がいて、彼等には他の経営者達とは違う「何か」があるということです。

今回は、自粛ムードが続く危機的状況の中で生き残れる人達の共通点のお話です。

 

自営業は残酷

炎上を覚悟で申し上げれば、「もう限界だ」・「これ以上は無理」・「補償をしろ」等と紛糾する経営者は、そもそも何か勘違いしている気がします。

これって、生き残る能力が無い経営者だと宣言しているようなものだと思いませんか?

 

厳しいようですが、自営業である以上、誰も助けてくれないのが当たり前です。

それを覚悟で始めている人は、そんな泣き言は口にせず、生き残る手段をひたすら模索するはずです。

それが嫌なら、はじめからサラリーマンの道を選ぶべきだったという事になります。

 

自然災害や、ウイルス等を原因とする経営状況の悪化は、基本的に全て覚悟しなければならない経営リスクと考えるしかないのです。

その為に利益を出し、お金を貯めておくのが経営です。

 

たとえ政府が主導して経営に影響を与える決断をしたとしても、それは公共の福祉のためですから、補償なく実行できるのが原則的な考え方です。

例えば、宇宙人が攻撃してきて街が破壊された場合、皆さんの自宅や店舗等を誰が補償するでしょうか。

 

それは侵略者のせいであって、政府が補償しきれるものではないですよね?

こんな時に経営者を助ける責務はありません。

政府が行うべきなのは、家を失った人や、復興のための支援といった事柄です。

 

今回のコロナウイルスは、まさにこのような侵略者と同じではないでしょうか。

世界的に被害を受けているので、一部の経営活動を政府が止めたとしても、それは国民全体のためであり、自己責任の経営リスクと捉えるしかありません。

 

自粛が必要になった状況も含めて、自分自身の責任で自営業を続けるのかを決断するしかないのです。

私自身、自己経営で生計を立てていますが、もし自分の事業が成り立たなくなったら、自分のせいだと考えます。

政府や社会情勢のせいではなく、自分の経営能力が足りないと思うしかないからです。

 

スポンサーリンク

 

メンター(指導者)が自分の成長に与える影響

皆さんには、自分のメンター(指導者)と思える人がいますか? 人生においてのメンターと、仕事上でのメンターは別の場合もあると思いますが、自分を導き成長させてくださる方との出会いは、本当に大きな意味がある ...

続きを見る

生き残るための知恵

政府が事業者に手厚い補償をしたとしても、自粛期間が明けた後に顧客が戻らなければ結局は倒産することになります。

つまり、自営業(起業家)においては、今を乗り切れない人に未来はないのです。

 

生き残るために何ができるか寝る間を惜しんで考え、決めたことを必ず実行していくのが経営者のやるべき事だと思います。

これは、営業マンの立場でも同じ事です。

 

コロナが発生してから、1年間という時間が経過しました。

この間、感染拡大の波が複数回にわたって発生し、自粛活動についても繰り返し喚起されていくことが容易に想像できる状況でした。

 

何が言いたいかというと、『変化するための時間が1年もあった』という事です。

この1年間、何もせずに待っていただけの経営者など、いくら補償をしても無駄な話です。

人が行動しなくなったのならWEB上でのサービスを強化するしかない現実があります。

 

経営者であるならば、「WEBの世界があってよかった」と思うべきなのです。

もし、現在のようなネット環境が無かったら、リモート業務も不可能だったでしょう。

SNS等での拡散に助けられた経営者も多かったはずです。

 

今、多くの業種において生き残るための知恵は、WEB上にあるといっても良いのではないでしょうか。

 

IT事業と不動産事業は今後どちらが儲かる?

世界的に5G関連の株が上昇して、テック(開発・テクノロジー)産業への注目が集まっています。 5Gの普及と、これに伴うサービスの増加によって、オフィスの必要性が低下するとも言われ始めました。 不動産業に ...

続きを見る

WEBとは違う方法

コロナ危機を乗り越える方法は、大きく分けて2つあると思います。

1つは、WEB上のサービスを展開すること等、集客ルートを変える取り組みです。

もう1つは、事業の中身を変化させるアイデアを実行し、成功させる事です。

後者は、経営者としての手腕がより一層問われますよね。

 

例えば、外国人渡航者の減少でホテル業や航空業が大ダメージを受けています。

能力の高い経営者は、コロナ患者を受け入れる専用病院として機能させる道を模索する等、新しい需要へと目を向け、柔軟な変化をみせました。

 

ビジネスマンに対して、リモート部屋としてホテルの一室を提供するサービスを開始したホテルもありましたよね。

航空業界では、キャビンアテンダントがビジネスマナー研修を行うサービスや、空港スタッフ等を農業事業へ派遣する等、常識にとらわれない対策で乗り切ろうとする様子が伺えました。

 

このように、経営者の『もがき』は、生き残れるかどうかの結末を変えます。

どんなに滑稽に見える発案でも、何もしない経営者より100倍マシです。

 

経営者は、今までよりも増えている需要に着目し、そのニーズを獲得するしかありません。

飲食店についても、デリバリー環境の構築と、WEB集客方法の模索をしたお店は、存続する権利を手に入れたのではないでしょうか。

 

本物の強さ

コロナ渦で強く感じたのでは、『本物の店は潰れない』という事です。

例えば、ラーメン屋を見ていても、人気のお店はそれほど客足が途絶えていません。

全体の来客人数は減少していますが、存続するのに困るような事態にはなっていないのです。

 

サラリーマンはコロナ渦でも昼食を外食で済ませますから、どこかに足を運ぶことになります。

消費者側では、『どうせリスクを負うのなら、せめて美味しいものを食べよう』等という消費思考があるようにも感じます。

 

つまり、昼食の需要は、価格面よりも「本当に美味しいお店が強い」という結果になったように思います。(テイクアウトでも美味しい等)

どんな仕事でも言える事かもしれませんが、ありきたりのサービスでは、ちょっとした苦難ですぐに経営難となるのではないでしょうか。

 

コロナ感染下においても、映画「鬼滅の刃」が記録的なヒットとなりましたよね。

ニーズの高い需要は一定のリスクを超えていくという事が証明された例だと思います。

 

コロナ渦で、閑古鳥が鳴いたお店は、『本物では無かった』と素直に認めなければなりません。

そして、生き残るには、この1年間で本物のサービスを追求するしかなかったのです。

ある意味で、企業価値を見極める絶好の機会だったという事でしょう。

 

本当に美味い店には客が来ますし、そうでない店は工夫が必要です。

時代や立地のおかげで繁盛していただけのお店は、自分の実力を思い知らされる結果となっています。

営業マンも同様に、現状の結果で自分の実力を見極め、改善点を模索しましょう。

 

ボートをこぎ出さない人達

コロナウイルスが終息することが無いとしたら、皆さんはどうしますか?

また、新しいウイルスが出てきて、もっとひどい事になる可能性もあると思いませんか?

その他、大地震等の災害が起こるリスクもあります。

 

自営業者もサラリーマンも、このような不測の事態に対して危機感を持って準備しなければいけない状況だと思います。

待っているだけでは、何も変わりませんよね。

 

コロナでの自粛が解除されず、このままずっと続いたとしても、経営者は商いを止めることはできません。

だからこそ、今の状況でも収益を出す方法を確立しなければならないという事です。

 

私も、この1年でだいぶ労働状況を変化させました。

得意である不動産の仕事を減らし、あえてWEB中心の活動をとる等、勇気のいる決断をした1年でした。

 

これに伴い、新しくホームページやブログを創設したり、新しい仕事も増やしました。

リモートへの備えも行いましたし、実際にお客様とのやり取りも行っています。

 

最近は、このようなWEB強化策が、少しずつ成果として出てきたところです。

今後、荒波を乗り切れるかどうかは分かりませんが、出来る限りオールを漕ぎ続けたいと思います。

 

独立の起業資金を不動産営業で貯めるプラン

自分の夢として将来の独立を考えている人は、起業資金の捻出が当面の目標になります。 個人的に、どんな業種をやろうとしている場合でも、不動産営業で起業資金を貯めるプランは非常に有力だと思います。 この記事 ...

続きを見る

 

まとめ

自粛解除が延長しても生き残れる人達の共通点は、『立ち止まらない』という事です。

漫然と状況の好転を待つのではなく、自分で切り開く努力をすることが最低条件となります。

そして、その中で一握りの人達が小さな成功を掴み、更にその中の数名が大きな成功へと発展させることができるのだと思います。

そもそも楽をして稼ぐことなんてできないのですから、起業家は人一倍の努力をするしかありません。

その覚悟を持ち、立ち止まらずにチャレンジし続けることができれば、貴方もきっとこの時代を生き残れる経営者になれるでしょう。

-トピックス, 体験談等

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2021 All Rights Reserved.