勉強スケジュール 宅建独学

宅建に効率よく合格したい人に伝えたい最短勉強法

この記事では、宅建士の資格を取りたい人に向けて、最短勉強法について詳しく解説していきます。

机上論ではなく、本当に『合格できるレベルになるための最短勉強法』です。

記事内に配置した過去記事も含め、複合的に理解することで、本当のゴールが見えてくると思います。

既に勉強を開始している人も、今一度、方向性やスケジュール等を確認する機会になれば幸いです。

 

最短の意味

資格試験の本のタイトル等には、「最短」という言葉をよく見かけますよね。

この記事のタイトルにも、あえて「最短」という表現を使っています。

 

この「最短」の意味を改めて考えてみると、「理論上の最短」と、「実際の最短」という2種類の意味で使用されているように思います。

例えば、最短の学習スケジュールが1週間だと主張する人がいたとしても、理論上の最短としては否定できません。

 

しかし、天才でもない限り、宅建の勉強に必要な学習量を1週間でクリアする人は少ないはずです。

ですから、物理的な「実際の最短」という意味で考えていく必要があるわけです。

 

国家資格ですから、合格するには一定の知識が必要になります。

その知識を無駄なく最低限で習得することが、本当の意味での「最短」でしょう。

そういった意味では、一定の暗記量を満たすことが最短の要件になります。

 

宅建合格者の独学勉強スケジュールと勉強法を公開!

先日、宅建受験当時に作成して実行した、独学スケジュール表が出てきました。 受験生の参考になるかもしれませんので、公開してみます。 この記事では、独学で一発合格したスケジュールと勉強法をご紹介しています ...

続きを見る

 

教材(テキスト)選び

スポンサーリンク

最短で合格するためには、自分にピッタリの教材が必要です。

そして、最短で合格することにこだわるなら、独学よりもスクール教材等を利用することになるでしょう。

 

自分でノートをまとめる時間や、要約されていない法律書を読むには、かなり時間がかかります。

有料教材については、このようなロスを無くしているからこそ価値があるわけです。

 

今後は、コロナウイルスでの自粛経験から、WEB媒体で学習できる教材が進化し続けていくはずです。

これからは、より良いWEB教材を提供する会社が生き残るのではないでしょうか。

 

また、WEB媒体の教材なら、スクールに通う時間も節約できますよね。

コロナウイルスで支給された10万円の給付金をスクール費用に充てる等、効率化に力を注いでみるのも一考です。

 

最短」というテーマでオススメするなら、資格スクエアのオンライン講座をチェックしてみてください。

大手の料金と比較しても、お得感のある料金システムですし、WEBでの講義にも定評があります。

通勤通学での学習がメインとなる人は、スタディングも検討してみると良いと思います。

 

 

宅建の勉強法(40問以上とれる勉強法)

本試験で40問以上の正解で合格する人達がいますが、彼等の勉強法がどんなものなのか知りたくありませんか? 宅建士についての勉強サイトでは、38~40問を目指した内容が多いと思いますし、自己設定をする場合 ...

続きを見る

出題予想をチェックしよう

スクール各社では、出題予想や頻出ポイント等が紹介されています。

当サイトでも、毎年ピンポイント予想の記事を公開し、凡その的中率まで公表しています。

 

プロ目線から、「ここは出る可能性が高い」とされている箇所は、優先して学習するのが最短学習法です。

1社に限らず、信憑性の高そうな媒体での予想記事には目を向けておき、重要箇所は必ずチェックしてください。

確率を上げていく動きをとる事も、最短学習には必須という事です。

 

2020年度の宅建試験ピンポイント出題予想

当サイトでは、毎年、宅建試験での出題箇所について、できるだけピンポイントに予想をするようにしています。 業界での実務経験から、「今年はココでは?」という視点で予想しており、この2年間については、高確率 ...

続きを見る

 

宅建の学習量と全体像

宅建の勉強に必要になる時間は、300時間~400時間等と言われていますよね。

でも、この数字は、気にしてもあまり意味がありません。

 

各個人で必要となる時間は異なるので、スクール利用の場合なら、指定教材や過去問を全て終わらせるまでの時間が最短ということです。

自分なりに予定を立てて、どのくらいでクリアできるのかを考えなければ、この答えは出ないと思ってください。

 

極論を言えば、皆さんにはそれぞれの最短学習時間があり、記憶力や予定実行能力等によって変わってきます。

全体像としては、できるだけ短期間で精読を終え、暗記をしながら過去問を繰り返すというのが最短合格法です。

 

このスパンをどれだけ短くできるかの勝負だと思ってください。

宅建士の勉強は、モチベーションさえ保てれば、誰でも合格できる内容です。

宅建手当がもらえることをモチベーションにして、最後まで頑張ってください。

 

宅建(宅地建物取引士)手当の相場を教えて!

  国家資格を取得するのは、結構大変なことですよね。 最初は、始める覚悟が決まらないというか、本気になるスイッチみたいなものが押せない感じだと思います。 受験勉強へのモチベーションを資格手当 ...

続きを見る

 

まとめ

宅建の試験は、「過去問が全て」と言われるくらい、同じところからの出題が多い試験でもあります。

ポイントをしっかりと抑え、出る順で覚えて行く事も最短学習法に繋がります。

 

宅建合格を7月からの3カ月で達成する方法

7月から宅建の合格を目指して受験勉強を開始する場合、とてもタイトなスケジュールになることを覚悟しなければなりません。 後述しますが、約三カ月での合格をするには、かなり勉強におけるコツが必要です。 短期 ...

続きを見る

 

最短学習法をまとめると、優良なWEB教材等を使い、全体の内容をスピーディーに理解し、過去問を繰り返して記憶を確かなものにしてけば良いということです。

更に、出題予想や重要箇所を強化する意識を持てば、短期間でも充分に合格が可能です。

当サイトでは、無料テキストも公開していますので、合わせてご利用ください。

-勉強スケジュール, 宅建独学

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2020 All Rights Reserved.