ブログ

WEBP画像は、JPEG画像に変換してWPで使えます

米グーグルが開発したWEBPファイル画像は、ワードプレスでの取り込みができません。

プラグイン等を使った対応方法等が存在していますが、もっと簡単な方法があるのでご紹介しておきたいと思います。

将来的には、ワードプレスのバージョンアップで標準対応するようになるのではないかと思いますが、当面の間は、今からご紹介する方法で対応すればOKです。

 

スポンサーリンク

 

WEBP画像をJPEGで保存する方法

WEBPは、グーグルが開発したわけですから、ブラウザについてもグーグルクロームを使用するのがベストということになります。

更に、グーグルクロームには、Save image as Typeという拡張機能があり、WEBPファイルの取り扱いをサポートしています。

 

この拡張機能をダウンロードすると、保存したい画像の上で右クリック表示した際、にファイル形式を指定して保存できるようになります。

 

 

 

この中から、「Save as JPG」を選んで保存すると、WEBPファイルだった画像がJPEG形式に変換されて保存されます。

あとは、今まで通りにワードプレス内で使用するだけです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

WEBP画像は、JPEGに比べて20~30%の圧縮効果があると言われており、データの軽量化や、表示速度の改善に繋がると考えられています。

取り込み済のJPEG画像を一括してWEBP画像に変換する方法等も存在していますので、すぐに最適化したい方は、以下の記事が参考になると思います。

 

WordPressでwebp画像を取り込めるようにする方法

 

-ブログ

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2020 All Rights Reserved.