トピックス 体験談等

雨樋の修理・補修工事の相場と、オススメの見積り先

雨樋は、家の修繕項目の中でも最も壊れやすい箇所ではないかと思います。

台風や大雪によって、一部が破損する等、誰の家にも比較的に起こり易い修繕工事ですよね。

雨樋の修理は、屋根塗装等と合わせて行う人もいると思いますが、どのようなケースにしても気になるのは修理・修繕費用の「相場」ですよね。

この記事では、業者見積りの相場と、火災保険を使った雨樋等の修繕・修理についてご紹介します。

 

 

 

雨樋工事の相場

早速、雨樋工事の相場をご紹介していきたいと思いますが、1つだけ先に考えて欲しい事があります。

それは、「火災保険が使えないか」という事です。

 

火災保険は、火災の時だけしか保険が下りないと思っている人が多いのですが、災害等による被害だと認められれば、工事費用分が保険金として支払われます。

お得な申請方法がありますので、これについては、次項でご紹介していますので、覚えておくと良いですよ!

 

営業マン
雨樋の修理・修繕工事の相場は、以下のようなイメージです。
  • 雨樋の交換等  1mにつき、3~5千円前後
  • 雨樋の清掃     2万円前後

※ 地域によって若干の誤差はあると思います。

 

雨樋を全て交換するような場合は、20~80万円といった感じです。

足場費用などによっては、もっとかかる場合もあるかもしれません。

このような場合、費用の大半が足場代なので、屋根塗装工事等と合わせて行うのがオススメです。

 

火災保険の適用を確かめる方法

火災保険が適用される工事であるかを確認するためには、お家のドクターに無料調査を依頼すればOKです。

WEB申し込みフォームから依頼すれば、待ち時間もなく、対応業者等を把握した上で連絡をもらうことができます。

 

お家のドクターを使えば、無料で調査をしてもらうことができる上、アンケート回答等で5,000円のキャッシュバックもあります。(キャンペーン開催時)

本来、お金がかかる話なのに、逆にお金がもらえてしまうのですから、本当にお得な話ですよね。

 

何故、このようなサービスが存在するのかや、火災保険申請の詳細については、次項をご覧ください。

 

火災保険の申請手続き

火災保険の申請手続きは、自分で行うこともできますが、正直なところ結構大変です。

以下のように、色々と難しい部分があり、手間がかかるからです。

これらを無料でやってくれるのは、大変助かりますよね。

  • 屋根調査が必要になる
  • 被災による損傷であるか判別が必要
  • 被災箇所を適切な角度で写真撮影する必要がある
  • いつの災害で受けた損傷かを特定する必要がある
  • 被害に見合った適切な額の見積書の取得
  • 保険会社や鑑定人とのやり取りに時間をとられる
  • 申請書を作成しなければならない

 

このような手間を、ほぼ代行してもらえて、しかも無料なのがお家のドクター.COMです。

全国対応なので、上記公式ページで全体の流れや、利用者の声等を確認して自分の目で確かめてみると思います。

 

住宅の検査については、火災保険の適用が受けられなかったとしても0円です。

一切、費用はかかならいので、安心して依頼できますよね。

もちろん、火災保険での工事になった場合にも依頼者の負担費用は0円です。

 

ハザードマップと防災マップの意味と活用方法

近年の異常気象や、活発な火山活動等によって、ハザードマップの役割は大きくなってきたと感じます。 予測することが困難な災害が増加していますが、ハザードマップと防災マップを活用できれば、被害を事前に予測し ...

続きを見る

 

地震や風害でも使える!

地震保険に加入している場合、地震による被害認定も依頼することができます。

火災保険の申請手続きについてサポートしてもらえるので、書類が苦手な人はかなり助かるはずです。

 

また、風害によって破損した雨樋・窓・サッシ・屋根等の修理・修繕工事についても、同様に診断してもらえます。

WEBでの申し込みから、調査の実施までの期間は、約1~2週間です。

 

年間1000件の申請実績があり、平均で100万円前後の保険金受領となっているようです。

せっかくの火災保険ですから、使わなければ損ですよね。

 

台風による建築現場の被害と加害について

台風の直撃で被害が出た時、建築現場の足場が崩れていく映像等をよく目にしますよね。 強風で飛ばされた物体によって損害を受けた場合、誰がどのように責任を負うことになるのか、気になりませんか? この記事では ...

続きを見る

 

申し込みのタイミング

 

 

 

 

 

 

台風や大雪の後には、住宅診断の依頼が増加する可能性が高いですよね?

こうなると、日程調整が難航することもあるでしょうし、スムーズに話が進まないかもしれません。

 

オススメとしては、台風等の災害が来る直前にWEBで申し込みをしておくことです。

問い合わせから2~3日後までに連絡がもらえることが多いので、これを見越して申し込みをしておくと、順番待ちのストレスを解消できるはずです。

 

火災保険の認定には、「いつ、どの災害によって破損したのか」という根拠も重要ですから、災害の直後の診断である方が信憑性も高いです。

このような動きをとることによっても、火災保険が適用される可能性をUPさせることができると思います。

 

地震の時の通電火災対策を広めよう!

日本に地震が多いのは今に始まった事ではありませんが、近年は、震度の大きい地震が少なくありません。 大地震の時には、火災(通電火災)にも注意が必要ですが、まだまだ通電火災への認識は薄いのが実際の所だと思 ...

続きを見る

 

まとめ

WEBから簡単な申し込みフォームを送信するだけで、火災保険を使った修繕工事が実現するかもしれません。

問い合わせから3日以内には、ヒアリングの連絡があるはずです。

ここで可能性の有無を判断し、家屋調査の日程調整をしてください。

インターネットで何でも依頼できる時代になって、「知らなければ損をする」という情報も増えてきました。

せっかく入った火災保険ですから、使える時にはキッチリ利用していきましょう!

 

外壁や屋根の修繕工事は火災保険を使おう!

近年、台風や竜巻等による自然災害で家屋に重大な損傷を受ける事例が増加しています。 このような自然災害による住宅損傷については、火災保険の補償対象となるケースがあります。 見た目には分からなくても、瓦や ...

続きを見る

-トピックス, 体験談等

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2020 All Rights Reserved.