トピックス 体験談等

外壁や屋根の修繕工事は火災保険を使おう!

近年、台風や竜巻等による自然災害で家屋に重大な損傷を受ける事例が増加しています。

このような自然災害による住宅損傷については、火災保険の補償対象となるケースがあります。

見た目には分からなくても、瓦や外壁の一部等が破損している場合もありますので、気付かないこともあるでしょう。

火災保険が使える修繕があるのに、これを見落としてしまうと、実費で修繕工事をすることになります。

火災保険を使えば、口コミやオススメの工事業者等を調べる必要もありません。

そんな時に役立つ、耳寄りな情報を1つご紹介したいと思います。

 

被害状況の確認方法

台風や大雪被害等によって、住宅やカーポート等に損傷が生じた場合、火災保険を使って無料で修繕できる可能性があります。

また、大雨による水害や、竜巻被害等も、火災保険が適用されるケースがあります。

 

リフォーム工事行や修繕見積もりは、変な業者に依頼したくないですよね。

後で話が違うとか、面倒なトラブルになるのは避けたいところです。

 

口コミやレビュー等もどこまで信用して良いものか分かりませんよね。

実際にとれる対策としては、調査実績の豊富な一級建築士がいる会社に依頼するといった意識を持つくらいしかありません。

 

そこで、無料で利用できる画期的なサービスをご紹介したいと思います。

 

ホームドクター.COM

火災保険の適用をするには、保険会社への申請手続きや、審査を受ける必要があります。

でも、これってちょっと面倒に感じませんか?

 

無料で屋根や外壁等の修繕工事をしてもらえるのは有難い話ですが、保険会社への申請作業については、喜んでやる人は少ないですよね。

それに、保険会社側としては、なるべく適用させたくない事情もありますから、審査をクリアするには、ちょっとしたコツのような部分もあります。

 

つまり、個人で申請するよりも、プロに任せた方が適用の確率が上がるわけです。

そこで、便利なのが、お家のドクター.COMの無料診断サービスです。

 

自然災害による住宅被害について、無料で建物診断(一級建築士等による診断)を行い、火災保険適用と申請手続きをサポートしてもらうことができます。

 

更に、無料調査とアンケート回答で、5,000円のキャッシュバックまで発生します。

たとえ火災保険の適用がなくても、見積り費用等をとられることがないのも安心して使える理由の一つです。

 

全国対応のサービスですし、気軽にネット上から申し込むことができます。

屋根の上や床下の状況等、自分では確認が困難な場所については、このようなサービスを利用するのがベストです。

 

この手のサービスを行う会社も増えてきていますが、どんな業界でも良し悪しがあるものですので、一度公式ホームページを確認しておくと良いと思いますよ。

 

サービスの仕組み

「何故、無料なのか」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

これは、あくまでも推測ですが、お家のドクター.COM側の利益は、工事をする指定業者から貰うという事だと思います。

というか、そこからしか収入源はありませんよね。

 

つまり、お家のドクター側は、顧客に対して安心できる指定業者の提供と、火災保険申請手続きのサポートを行い、業者側から利益の一部を分けてもらうという事です。

工事料金は、火災保険から支払われるので、皆さんのお金は一切とられないわけです。

 

キャシュバックの5,000円についても、お家のドクターの利益から還元するものです。

結果的には、工事の値引き代行と、申請サポートを無料でやってもらったことになるわけです。

利用者側に何もリスクがないので、とても優れた仕組みだと思います。

 

無料診断の条件

建物の無料診断サービスについては、対象外となる建物もあります。

この部分については、問い合わせ後に担当者からヒアリングされますので、とりあえずは気にせずに問い合わせしてみましょう。

 

店舗や集合住宅等でも、条件を満たしていれば無料診断の対象となるケースがありますので、まずはWEB申し込みから始めましょう。

 

傾斜の急な屋根や、陸屋根は無料診断の対象外となっていますので、詳しくは問い合わせ後に確認しましょう。

 

メリットの整理

火災保険の適用が承認された場合、依頼者の自己負担はゼロですし、依頼する側にリスクが無いことが最大のメリットです。

建物調査費用、見積もり、火災保険申請書類の作成サポート等も全て無料で行ってもらえる有難いサービスですね。

 

保険申請をしたけれど、火災保険会社からの承認が得られなかったという場合には、工事を中止することもできます。

この際、工事の見積り費用や、書類申請にかかった手間に対しても、一切料金は発生しません。

 

そして、調査+アンケートへの回答をすることで、5,000円のキャッシュバック特典も付与されます。

全て無料で、このようなメリットが得られるのですから、かなりお得なサービスですよね。

 

問い合わせの流れ

申し込み方法は、診断を受けたい建物の所有者が、サイト内からお問合せフォームを送信するだけです。

明らかな被害は無さそうな状況でも、「念のためチェックして欲しい」という問い合わせが可能なのも嬉しいメリットです。

 

因みに、問い合わせフォームは、とても簡単で手軽なものです。

以下のようなイメージで、数カ所にチェックを入れ、お名前・電話番号・問い合わせ内容を入力するだけです。

 

 

 

災害発生時は、混み合って対応が遅れることもあるかもしれませんが、基本的には数日中に電話連絡があります。

日程調整をし、家屋診断士によって1時間程度の建物診断をしてもらい、約1週間以内には、調査結果が報告されます。

 

修繕工事は無料診断から

火災保険を使って修繕できると知ってはいても、いざその時に「そうだ!」と思い出せなければ意味がありませんよね。

うっかり自分で業者を手配して実費を払ってしまうと、火災保険に入っていた意味が無くなってしまいます。

そこで、火災保険が適用される具体的なシーンを想定しておきましょう。

以下のような場面では、火災保険のサポートサービスを受けてみると良いです。

 

台風被害の修繕

2019年9月に発生した台風15号のケースでは、千葉県で長い停電が発生し、屋根の破損も目立ちました。

約2万軒に被害が出たとも言われており、台風被害としては深刻な事例になりました。

 

どんなに小さな台風でも、通過した後には建物の周囲を確認してみてください。

屋根の状況等に不安があれば、全国建物診断サービスに問い合わせをし、無料診断の対応について確認してみましょう。

予約は実被害のあった方々が優先されると思いますので、早めに予約しておくことが早期発見に繋がります。

 

停電等が起きていない状況であれば、インターネット等も使用できると思いますので、落ち着いた時点で問い合わせれば良いと思います。

建材の亀裂や破損等による雨漏りが生じている場合、時間の経過と共に状況が悪化しますので、建物が古い場合には念のため診断を依頼しましょう。

 

窓ガラスの破損、屋根の損傷等が確認できている場合、まずは応急処置を急ぎましょう。

ブルーシート等によって、できるだけ開口部を塞ぐようにしてください。

 

携帯電話が通じていれば、問い合わせをして早急な対応を求めます。

この際、被害状況について詳しく記載すると、優先して対応してもらえる可能性が高まると思います。

 

水害による修繕

最近の雨の降水量は、違う国の気候に思えるくらいに激しい事例が増えていますよね。

短時間で大量の雨が降ることが増え、河川などの氾濫リスクも以前より高まっているように感じます。

 

河川が氾濫していない状況でも、床下浸水等が発生することがありますので、水害は意外に身近な災害になってきましたよね。

一時的でも、浸水等が発生した場合には、火災保険による水害補償について確認しましょう。

 

大雪被害の修繕

大雪被害では、カーポートの屋根が割れてしまうという被害が多発します。

また、雨どいが破損するケースも多いです。

要するに、雪の重さによって、建物や外構設備等に被害が出ます。

 

屋根についても、雪の重さで何らかの被害が発生している事があります。

屋根の場合、被害に気付くことができない場合も多いですから、古い建物では大雪後に無料診断を受けておくと良いかもしれません。

 

大雨で雨漏りが発生し、初めて被害に気付くということのないようにしましょう。

 

突風や竜巻被害の修繕

突風や竜巻被害では、屋根が破損する事例が多いです。

その他、外壁に物が当たって破損するようなケースも増えます。

 

被害の中心から少し離れた場所でも、飛散した物体が建物に損傷を与えていることがありますので、何かが衝突したような音を聞いた際等は、無料診断を受けておくと良いでしょう。

 

雹(ひょう)による被害

発生頻度としては他よりも低めになる災害ですが、近年、雹の大きさが巨大化している傾向があります。

大きな雹による被害は、屋根やカーポート等に生じる可能性が高いです。

 

屋根については、自分の目で視認することができない箇所ですので、無料診断サービスが心強い味方となります。

大きな雹が降った時には、迷わず全国建物診断サービスにチェックを依頼しましょう。

 

まとめ

火災保険を使って修繕工事を行う場合、火災保険会社に直接の問い合わせをする人が多いかもしれません。

しかし、サポートサービスを利用することによって、キャッシュバックされる特典を受ける事ができます。

 

楽天リーベイツ等もそうですが、間に入ることで紹介料を還元するサービスは、今後も増えていくと思います。

色々と間に入ってもらった上、本来彼等が受け取る紹介料までキャッシュバックしてくれるのですから、これを使わない手はありませんよね。

知らなきゃ損!」という話で、普通に火災保険会社に電話するのは勿体ない時代なのです。

身内にパソコンが苦手な高齢者等がいれば、声をかけて代行してあげましょう!

-トピックス, 体験談等

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2020 All Rights Reserved.