住宅購入のヒント 体験談等

中古マンションの購入とリノベーションで得する方法

一戸建が高額すぎると感じる人や、不動産投資を目的とする人達は、中古マンションを検討しますよね。

そして、中古マンションの購入には、リノベーションがつきものです。

リノベーション済の物件を販売するケースも増えていますが、掘り出し物件を自分でリフォームする楽しみもありますよね。

物件をリフォームセンスで生まれ変わらせることができれば、売却時の価値もグっと上がりますから、腕の見せ所です。

この記事では、そんな中古マンション購入時に得する方法と、不動産のプロが教える注意点についてまとめてみたいと思います。



仲介手数料無料になるリフォーム

中古マンションの購入時の諸費用をチェックしたことがあるでしょうか。

不動産売買にかかる諸費用の中で、最も大きな比重を占めるのは仲介手数料です。

物件価格にもよりますが、仲介手数料は、登記費用等よりも高額になることが多いのです。

 

雑な言い方をすれば、不動産仲介業者に対しては、物件案内と契約作業の対価として数十万円の手数料を払わなければなりません。

しかし、今の時代、インターネットで物件探しをすることは簡単ですし、正直なところを言えば仲介業者の存在価値が低くなってきています。

 

契約作業とローン手続きについては、とても重要なものである一方で、そこに数十万円もの価値があるのかどうかは疑問を感じる人も多いでしょう。

 

こんな悩みを解決するサービスとして、仲介手数料が無料になるリフォーム会社が誕生しているのをご存知でしょうか。

デザイン性の高いリフォームでも定評があり、仲介手数料にかかるはずだった費用をリフォームに投じることができるのです。

 

仲介手数料無料のリフォーム会社

不動産購入時の仲介手数料は驚きの完全0円【リノデュース】

 

一例ではありますが、このような会社を利用することで大幅にコスト削減ができますよね。

最近では、仲介手数料が無料になる不動産業者も増えつつあり、時代の変化を感じずにはいられません。

このようなお得な波には、積極的に乗っていく必要があると思います。

 

中古マンション購入の注意点

不動産営業(宅地建物取引士)としての経験から、中古マンションを購入する際の注意点をご紹介しておきますね。

 

マンションは区分所有になりますので、住人達との共通ルール(規約)等があります。

お金に直結する部分では、修繕積立金や管理費の額が重要ですが、修繕の履歴等についても聞いておくと良いと思います。

 

高層マンションでは、修繕積立金だけでは工事費用が足りなくなることが多いので、後から所有者の負担が増えるケースもあります。

しかし、実際には集会で話し合いがもたれますが、反対する人が出るのでなかなか話が進みません。

 

規約によって、議決権について別段の定めがある場合、このような議決が通りやすくなっている事もありますので、しっかりと把握して契約しましょう。

 

築年数の限界は?

マンションの規模や建築時期にもよりますが、経験的に築40年を超えたマンションではトラブルが起こり易いと感じます。

建築資材や工法の進化等によって、耐用年数は向上してはいるものの、やはり40年という歳月は長いものですよね。

 

配管の老朽化によって起こる水漏れや、外壁タイルの補修等が必要になることが多いです。

何年住む予定で購入するのかにもよりますが、最終的に売却をするつもりであれば、築30年前後までに売りに出したいところです。

 

メンテナンス等を行っていないままでは、なかなかトラブルゼロというわけにはいかないでしょう。

ですから、築35年を超えるマンションは、価格を落とさなければ売れ行きが悪くなります。

中古マンションの購入リスクは、やはり突然に起こる修繕費用の発生ですので、購入者側も安くなければ手が出せないわけです。

 

突然の費用の発生を予測するためにも、築年数は非常に重要です。

そして、メンテナンスの容易さについてもよく調べておくと良いと思います。

 

マンションは、後からのメンテナンスを考えていないデザイン優先の設計も多いです。

このようなマンションでは、後で発生する工事費が驚くほど高いのです。

足場が設置できないような高層マンションや、近隣状況によってメンテナンス工事が困難である物件は避けるのが賢明ですね。

 

専門家から購入する意味

マンション取引に詳しい専門家というのは、意外に少ないです。

普通の不動産屋に行っても、ほとんどは建売と土地の取引経験が豊富な営業マンばかりです。

 

中古マンションを購入する際、トラブルについてのアドバイス等をしてもらえるのであれば、不動産会社に仲介手数料を払う意味がありそうです。

しかし、実際にはそれほど詳しい営業マンはいません。

 

建築知識と取引知識は別物なので、その両方に精通している営業マンは本当に希少な存在なのです。

感覚的には、数十軒の不動産業者を巡って、やっと一人いるくらいのイメージです。

 

このような専門家に仲介してもらえるのであれば、仲介手数料を払う意味があると思います。

 

スポンサーリンク

お得な購入方法

中古マンションをお得に購入する方法は、なんといっても仲介手数料を無料にしてもらうことです。

信頼できる専門家がいる不動産会社(又はリフォーム会社)を見つけるのが至難の業ですが、節約できたときの効果は非常に高いです。

 

私は、不動産仲介業・建築請負事業・土地仕入・マンションリノベーション事業等の全てを経験しています。

その上、安くて良いリフォーム業者にも精通しています。

ですから、私から仲介手数料無料で購入するのが一番お得ですね。(笑)

 

タイミングにもよりますが、ご要望があればメールでご相談ください。

当サイトの感想等をいただける方に限らせていただきますが、時期が合えば仲介手数料無料でお手伝いすことができると思います。(東京に限ります)

 

まとめ

不動産取引全般に言える事ですが、信頼できる専門家(営業担当者)と出会うことが成功の秘訣だと思います。

人柄も大切ですが、中古マンション等のような特殊な取引では、一定の取引経験があることが望ましいですね。

そして、仲介手数料無料で購入し、その分をリフォームに使えれば最高の結果です。

時間をかけて、経験のある良い営業マンを探してみてくださいね。

-住宅購入のヒント, 体験談等

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.