不動産投資 不動産投資セミナー

不動産投資セミナーはWEBで参加する時代

不動産投資に興味があっても「どう始めれば良いのか」が分からない人は多いと思います。

また、不動産投資セミナーの意味や、不動産投資での失敗事例なども知っておきたいですよね。

将来不安から不動産投資を考える人は増えていて、最近では老後の資金問題も話題になりました。

コロナの影響もあり、先行き不安が増す一方で、不動産投資で長期的に収益を得たいと考える人は今後も増加するのではないでしょうか。

この記事では、不動産投資を始めたいと考えている方々に向け、専門家からの有益情報をお届けしたいと思います。

 

不動産投資ができない人の共通点

不動産コンサルタントとして様々な人達とお会いしましたが、「不動産投資ができない人」には3つの共通点があります。

 彼等は、不動産投資には興味があるものの、結局は踏み出せないままでいます。

このような人達には、以下のような共通点があります。

 

  1. 営業マンに対する警戒心が強い
  2. 行動が遅い(行動しない)
  3. 探求心がない

 

結論から言えば、このような人達が成功するには、良い担当者に巡り合うしかないと思います。

自分が信用できる教師的な存在に出会えない限り、前進(成長)することはないでしょう。

 

行動しない人は、なかなか出会いもありません。

本当に不動産投資で成功したいと思うのなら、WEB上の情報くらいは積極的に探して欲しいところです。

 

不動産投資の始め方

問い合わせするのを「やめておく」という選択をしても、何も前進はしません。

既に、この時点で成功する人との差が生まれていきます。

 

不動産投資や住宅購入で成功する人は、「しつこい営業をされたら断ればいい」等と考えているようですが、嫌なら断れば良いだけの事です。

欲しい情報はどんどん取り込み、不要な情報は切り捨てるという「情報優先」の行動をとってください。

 

このような行動をとれる人は、どんどん情報や経験が増えていき、不動産投資家としての成長が早くなります。

1年も経てば、行動できない人との差は大きく開いていることでしょう。

 

役に立つ情報は積極的に取りに行き、不要なものはきちんと断る」というスキルを身に付けることが不動産投資の正しい始め方なのです。

最近では、WEB上で手軽に情報が手に入るようになりました。

 

オススメなのは、Casegoodの無料会員登録です。

人と接することなく学習できますし、良いと思ったら有料会員になれば良いと思います。

 

不動産投資のリスク

宝くじ』は買わなければ当たることはありませんよね。

これと同じで、不動産投資においても所有しなければ何も利益は生まれません。

 

不動産投資において、無料で不動産投資セミナーに参加し、時間を費やすことがリスクと言えるでしょうか。

物件を問い合わせ、営業マンに追客されることで大きな損害を生みますか?

 

この程度のことを『リスク』だと捉えている人は、何も手に入れる事はできませんよね。

私から言わせれば、宝くじを買う方がよほどリスクの高い行動だと思います。

 

不動産投資においては、全く行動しない事こそがリスクなのです。

不動産投資を実際に行うには、自分の中で「これなら大丈夫だ」という判断ができるようになることが不可欠です。

 情報を取りに行かなければ一生不動産投資ができない人のままで終わるわけです。

 

 

 

不動産投資の失敗例

不動産投資を検討する際には、「失敗事例」について学ぶことも大切ですよね。

同じような失敗を避けるためにも、この点についてはよく勉強する必要があります。

 

中級者以上を対象にしたセミナーに参加した際には、トラブル事例について質問してみると良いと思います。

また、20年後の賃貸市場をプロ達がどのように展望しているのか等も貴重な情報の一つだと思います。

 

以下、不動産投資でのトラブル(失敗)を列挙しておきますので、セミナー等で質問する際に役立ててください。

 

  • 思った以上に修繕費用がかかるケース
  • 水回りのトラブルが多発するケース
  • 成りすましによる被害(地面師)
  • 入居者とのトラブル
  • 家賃保証でのトラブル
  • 管理会社とのトラブル
  • 入居者募集時のトラブル
  • 建築会社とのトラブル

 

人気のセミナーはすぐに席が埋まりますので、ここに挙げても意味がないかもしれませんが、近日中にいくつかピックアップしておきます。

積極的に足を運んで、上記のようなトラブル事例や回避方法について質問してみましょう。

 

マンション投資での失敗例

マンション投資で気を付けなければならないのは、修繕費用についてです。

特に、超高層マンション(タワーマンション)では、足場等が容易に組めない為、施工会社等に特別な工事を依頼することになります。

 

修繕費は積み立てているものの、コストの増加や、想定外の劣化等が起これば、予算は大幅に変わりますよね?

修繕積立金を増やして備えたいと考える人がいたとしても、区分所有の建物では所有者の話(議決)がまとまらないことが多いのです。

 

マンションは、投資目的で購入している人も多く、利回りが悪くなる話を嫌います。

また、このような高層マンションでは、誰も解体時の費用のことを考えていません。

 

行政は、「建物を建てる許可」は出すのですが、「老朽化した建物を壊す義務」は課していません。

あくまでも所有者の責任で解体を行うものなので、建物が第三者に損害を与えた時には重大な損害賠償が発生するかもしれません。

 

このようなリスクを上手く回避する不動投資知識を付けることは、マンション投資において必要最低限の学習だと心得てください。

 

不動産知識の強化

不動産投資をするために、宅地建物取引士の資格を取得する人もいます。

そこまでしなくても不動産投資で成功することは可能ですし、過剰な勉強に時間を費やすくらいなら、有益なセミナーを数多く受講した方が得策だと思います。

 

しかし、勉強して悪い事がないのも事実ですから、主要な関連事項については少し学んでみると良いかもしれません。

私がお勧めしたいのは、資格を取得(受験)するのではなく、ポイントとなる部分だけを学習して身に付ける事です。

 

当サイトでは、宅建の独学受験生向けに無料テキストを公開しています。

かなり初心者向けに作成したものですので、おそらく誰にでも理解できると思います。

 

よろしければ、読み通してみてください。

セミナーでの情報理解や、将来の不動産取引の際にきっと役立つはずです。

特に、宅建業法と都市計画法についての知識は、賃貸経営にも有益ですよ。

 

無料テキスト

宅建独学サイトの無料テキストと出題予想

これまでに書いてきた宅建に関する重要記事と、流し読み用の無料テキストを一つの記事にまとめて使いやすくしました。 この記事をお気に入りに入れておけば、テキストを持ち歩いているのと同じ状態にできるというわ ...

 

まとめ

不動産投資における全ての答えは、不動産のプロから手に入ります。

ですから、良い物件を掴み、高い収益を上げたいと思うなら、プロに会って話を聞くのが一番です。

 

結局は、専門家の知識を吸収するしかないので、不動産投資セミナーはとても有益な学習ツールです。

そして、プロが持つ情報には、ネット上には出てこない有益情報が存在しています。

 

実際、文字だけでは伝えきれない部分がたくさんあり、直接プロの話を聞くことは最短の近道なのです。

 

-不動産投資, 不動産投資セミナー

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2022 All Rights Reserved.