パソコン

プログラミングスクールは就職率で探すのがオススメ!

プログラミングのスキルは、将来のために学習したいと考えている人が増加しています。

学生だけではなく、一般の会社員でも学習を考える人は増えているでしょう。

少しプログラムに詳しくなるだけで、人材としての価値がグっと上がりますよね。

単純にオススメのプログラムスクールを羅列するだけではあまり意味がないので、今回は仕事内容の詳細と就職率にクローズアップしてまとめてみました。

まずは、仕事内容について理解するための情報を記載し、就職率と実績から選ぶプログラムスクールをご紹介しています。

今後の進路に役立てていたければ幸いです。



 

就職に有利なスキル

公務員の代わりはいくらでもいますが、優秀なプログラマーはそうはいませんよね。

ですから、当分の間は、優秀なプログラマーは希少な人材として引く手あまたです。

女性でもできる仕事なので、Webデザイナー等を目指す人は増加傾向にあるようです。

 

将来的には、AIがプログラミングをする時代が来るという人もいます。

だとしても、最後は必ず人間の最終決断(承認)を通す仕組みにするのが世界基準ですから、無駄になるスキルではありません。

 

結局は、AIが作成したプログラムをチェックするための知識を持つ人材が必要になります。

本当に難解な部分をAIが担い、微妙な調整等は人の手によってカスタマイズする流れになるだけでしょう。

 

プログラミング知識はIT企業に勤めるための必須条件であり、そのような企業が大きな利益を上げている現実があります。

その証拠に、子供達に教育を始めている人達が増え、子供向けのスクールも人気ですよね。

 

IT関連職には、Webサイトの運営、システム開発、AI(人工知能)開発等、ジャンルはたくさんあります。

プログラムについての学習をすると決めたなら、まずは自分の進むジャンルを決める事から始めましょう。

 

プログラミング言語

プログラミングスクールによって、得意としている言語や技術も様々です。

「プログラム」と一言で表現するのは、既に時代遅れなのかもしれませんね。

 

例えば、「医者」という職業にも、様々なジャンルがあります。

これと同じように、プログラム言語にも専門分野が分かれているということです。

 

内科医を目指す人と、眼科医を目指す人では、学ぶべき専門知識がかなり異なる事が想像できますよね。

最初に進みたいと思う方向性を決めておくことが大事だと思います。

 

主なジャンル

プログラミングスクールのジャンルをざっくりと分類してみますね。

主要なカテゴリーは、以下の5つです。

 

システム開発者

システム開発に関するプログラミングでは、主に「Java」や、「C言語」、「COBOL」等が使われます。

 

更に、家電製品や携帯電話等に組み込まれるプログラム開発と、大企業等が使用する汎用システム開発に分かれます。

 

製品組み込みプログラマーは、家電メーカー等が就職先になることが多く、主に使用するプログラミング言語は、「Java」「C++」(シープラスプラス)です。

※「C++」は、C言語から派生した汎用プラグラミング言語です。

 

汎用系システムプログラマーは、大企業向けのシステム開発やバージョンアップが仕事です。

この為、古いシステムを新しいバージョンに移行するといった業務では、設計書や利用者のソースコードの確認が生じ、汎用系システムプログラマーのスキルが必須です。

 

主な使用言語は「COBOL」ですので、汎用系システムプログラマーを目指すなら「COBOL」の習得が必要だと考えましょう。

 

ネットワークプログラマー

ネットワークに関するプログラミング業務は、ネットワークエンジニアネットワークプログラマーに分類できます。

 

ネットワークプログラマーは、ゲーム開発の他、ゲームのネットワーク接続に関わる環境整備や、システムを導入(実装)する仕事がメインです。

エンジニアの場合には、IT業界でインターネット接続に関わる様々な環境構築を行うのが仕事になります。

 

プログラミング言語については、C++がメインになるでしょう。

ゲーム関連の実装業務では、ゲームで使うプログラミング言語を使うこともあります。

 

その他、スマホのソーシャルゲーム等、Javaを使うケースもあります。

要するに、ネットワーク系の仕事では、C++またはJavaのような言語を学んでおく必要があるわけです。

 

Webプログラマー

Web系の仕事は、WebデザイナーとWebプログラマーに分ける事ができます。

Webデザイナーの場合は、その名の通りWebページのデザイン構成や、細かい設定指示をしていく「コーディング」という作業をすることがメイン業務です。

 

WEBサイト(HP)やブログ等、クライアントから依頼されたデザインを実現します。

HTMLCSSを組むコーディングを行うことはありますが、各種プログラミング言語による複雑なシステム制作等はやりません。

JavaScriptjQueryのスキルも求められることがあります。

 

これに対し、Webプログラマーは、サイトのシステムそのものを考えて構築する作業です。

まだこの世に存在していないインターネットショッピングのサイトを制作するとか、特殊なブログサービス等、「仕組み」を創る(プログラムする)仕事です。

 

プログラミング言語は、「Java」、「Perl」、「PHP」、「Ruby」等を使います。

Webデザイン側で必要となるHTMLCSSなどを組み合わせて制作していきます。

 

難易度的にもプログラマーの方が難しいので、年収が高いのもプログラマーです。

Webデザインとてプログラミングの両方ができる人は、かなりの戦力になりますが、割に合わない業務量になってしまうことも多いです。

 

AIエンジニア

AIエンジニアとは、人工知能に与えるデータ整理や、機械学習や深層学習のアルゴリズムでデータ解析を行う職業です。

 

まだ新しい分野なので、開発者の数が全く足りていませんし、エンジニアの仕事の細分化(ジャンル分け)も不明確です。

 

プログラム自体を書くこともあるのですが、それ以外の調整作業等の方が圧倒的に多い仕事です。

より良い構成でAIに学習させるにはどうすれば良いかや、素早くビッグデータを解析するための学習データを与えるといった作業も伴います。

 

AIエンジニアは、各種パラメータの調整に数学的な知識が欠かせません。

微分積分学、線形代数学、確率論、統計学等をマスターしていなければ、理想的な修正が行えないからです。

 

MySQLNoSQL等、データベース管理システムの解析知識も必要になりますし、プログラム言語「Python」も使います。

かなりの専門職ですね。

 

VRプログラマー

VRの開発には、「Unity」又は「UNREAL ENGINEUE)」というソフトを使うのが主流です。

因みに、Unityの操作にプログラミング言語は必要ありません。

 

このソフトを使えば、ホームページ作成ソフトのように作業することができる為、VRプログラマーになるのはそれほど難しくないと言われます。

 

エンジニアの数が少ないので、しばらくは大きなビジネスチャンスがある分野とも言われています。

 

VR開発に使うプログラミング言語は、使用ソフトがUnityであれば「C#」と「Java Script」ですが、大半は「C♯」です。

ですので、「C♯」がら優先的に学習するのが近道です。

 

 

使用ソフトに「UNREAL ENGINE」を使う場合は、「C++」又は「BluePrint」です。

具体的には、プログラマーはゲームを動かす言語である「C++」を覚え、デザイナーは映像等を管理する言語の「BluePrint」を覚えるというイメージです。

 

スクール選び

スクールを選ぶ際には、目指したいプログラマーの業種を決めて、その分野を得意とするスクールを候補にしましょう。

 

また、関連業種への就職率も重要です。

就職実績のあるスクールには、毎年のようにオファーが届く為、将来活躍できる舞台への近道になるはずです。

 

また、学習する際の受講スタイルについても、自分に合ったものを選択したいですね。

具体的には、オンライン型の受講形態と、通学やアナログ教材等による受講形態があります。

 

近年は、インターネット上で勉強していくことに抵抗が無く、むしろ便利に感じるという人が増えていますよね。

自分の好きな時間帯に勉強できるのも大きなメリットですし、周囲の受講生や講師等に気を遣う必要もありません。

 

実際に通学して勉強していく場合は、移動時間等のロスがある反面、講師に直接質問することができる等、生身の対話だからこそ生まれる学習があることも確かです。

同じ目標を持つ人達との交流についても、モチベーション維持に繋がる効果があるかもしれません。

 

学習コースを知ろう!

スクールの学習コースでは、就職目的に合わせてコース分けがされています。

ここまでに説明した通り、どのような仕事に就くのかによって学習するプログラム言語が異なるからです。

 

また、スクールによって、受講期間についても多少の違いがあります。

通常は、半年以内の期間で受講するコースをメインとしていることが多いです。

 

短期集中型でタイトな学習を望むのか、じっくりと学んでいきたいのかによってスクール選びや選択コースが変わってくるという事ですね。

 

オススメのプログラミングスクール

正直、どこのスクールでも教える内容はそれほど変わりませんし、どちらかといえば生徒側のやる気の問題であることが多いと思います。

ですから、基本的には、企業から評価の高いスクールを選ぶのが一番良いと思います。

 

Web受講の場合には、価格と内容も重要ですよね。

プログラミングスクールはたくさん存在しますので、最終選別にも迷うところでしょう。

 

個人的に重視すべきだと思うのは、有望企業への就職率です。

無料ツールが増えているこの時代に、お金を払って学習するのですから、好条件の企業から評価される方が良いに決まっています。

 

実際、この部分のメリットに付加価値を見出している人が多いのではないでしょうか。

どうせなら、就職に有利なスクールを選ぶのが新常識だと思います。

 

スキルを身に付けても、就職・転職によって収入が上がらなければ学習の苦労が報われません。

受講料の価格で比較するのではなく、やはり就職に有利なスクールにクローズアップするのが得策だと思います。

 

どうしても無料スクールから始めたいという人もいると思いますので、無料系のオススメスクールも掲載しておきました。

 

DMM WEBCAMP

受講者満足度90%以上のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】

 

「転職保証付きのプログラミング教室」という珍しい形態は、スクールとしての自信を感じますよね。

DMM WEBCAMP(ディーエムエム ウェブキャンプ)は、未経験者や初心者の人でも3ヶ月程度の短期間で高いエンジニアスキルを身に付けることができる転職・就職保証型プログラミングスクールです。

 

しかも、受講完了後、3ヶ月以内に転職・就職できない場合は全額返金しています。

 業界トップクラスの転職成功率で、「就職成功率98%」という実績を出しているそうです。(HPより)

就職率に注目したスクールなら、ここがナンバーワンということになりそうですね。

 

プログラミングとエンジニアの両コースがありますが、自分が進みたい方向性は、良く話を聞いてから決めた方が良いでしすよね。

カウンセリングは、その人の適正とか、過去の経験をヒアリングして、お薦めの進路や具体的なイメージを教えてもらうためのものです。

 

まずは、無料カウンセリングで自分の適正卒業後の現実的なイメージ等を聞いてみることから始めると良いと思います。



プロエンジニア

【完全無料プログラミング研修&就活塾】

プロエンジニアでは、通常のプログラミングスクールで数十万円かかる授業内容を無料で勉強することができます。

ですから、お金を節約して勉強した人には良いと思います。

 

受講期間が1~3カ月なので、少しタイトかもしれませんが、努力次第ではベストな選択になるのではないでしょうか。

無料インターン等も利用できる実践型のスクールです。

 

テックキッズスクール

Tech Kids School【テックキッズスクール】

「子供の将来を考えると、英語や資格取得よりもプログラミング知識だ」と考える人が増加しています。

参考までに、小学生向けのプログラミングスクールもご紹介しておきますね。

 

子供の習い事は、彼等がどれだけ興味を持てるかによって投資価値が変わってきますよね。

渋谷や大阪に事務所を構えているスクールなので、体験レッスン等も受けやすい環境です。

まずは、60分の体験レッスンを経験させてみることから始めるのが良いですね。

 

フリーランス登録サイト

ITエンジニアの無料カウンセリング【ポテパンフリーランス】

最近は、ITスキルを習得してフリーランスとして働く人も増えています。

ポテパンフリーランス等に登録をしておくと、高単価な案件とのマッチングをしてもらえます。

 

ポテパンフリーランスのエージェントは、エンジニア経験者で構成されています。

この為、技術に対しての話も通じやすく、フリーエンジニアの今後のキャリアを含めて、より深いところまで相談することが出来ます。

 

このようなフリーランスプログラマーの仕事紹介サイトはいくつか存在していますので、スクールを卒業して自宅で起業する夢を持っている人は、覚えておくと良いでしょう。

 

新卒の年収が急上昇!

IT業界で、優秀な技術者に対しての報酬が高くなる動きが出てきましたよね。

NECでは、優秀な研究者には新入社員でも年収1000万円以上を支払う制度を導入すると発表しました。

 

富士通でも、カナダの人工知能(AI)子会社で役員待遇の報酬を検討するとしています。

実は、日本での技術者の雇用条件は、世界的に見るとまだまだ安すぎるくらいです。

 

IT業界では、GAFA等の米国企業の雇用条件が厚遇されています。

この効果で、世界中から優秀な人材を集めることに成功しています。

 

先日、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)も、高度な技術を持った若手人材の採用強化を発表しました。

博士号を持つ新卒者に対し、最大約200万元(約3100万円)の年俸を提示するそうです。

 

これは、中国のIT企業幹部と同等水準の年棒だそうですね。

しかも、2019年内に最大30人、2020年には300人程度の採用を目指すそうです。

 

プログラマーの将来性

経済産業省の推計によれば、2019年を境にIT人材の平均年齢の上昇(高齢化)が進むことが予想されています。

この影響で、2030年には4080万人規模でIT人材が不足すると試算されました。

 

プログラマーは、コツコツと作業できる忍耐力と、特殊な専門知識が求められる職業です。

また、時に独創的なアイデア等も必要になる為、バランスの良い才能を持つ人物が理想です。

 

優秀なプログラマーは、自ら独立してしまう傾向もあり、ただでさえ希少な存在です。

業界の人手不足は厳しさを増す一方ですので、将来性としてはかなり高いと言って良いでしょう。

 

国家資格を取得するよりも、プログラミングスクールでプログラム言語を学ぶ方が、よほど価値がある世の中になってきた感があります。

パソコントラブルにも自然と強くなりますから、本当にプラスの効果しかないスキルですね。

 

Windows Updateによる不具合・エラー情報 2019年保存版

2019年は、新元号への移行に伴ったプログラムの修正アップデート等が予定されており、Windows Updateの更新後の不具合が発生する可能性があります。 その他、セキュリティ更新プログラムや、ネッ ...

まとめ

一言で「プログラマー」と言うのは簡単ですが、その内容は多岐に渡ります。

この記事でご紹介したような、各業務での仕事内容を理解し、自分がどのようなエンジニアになりたいのかというビジョンを描くことが大切ですよね。

今回、プログラミングスクールに対して、「就職率」という付加価値を求めた場合のオススメスクールをご紹介しましたが、これも「自分のビジョンを実現するために学ぶ」という意識を持つべきだと思うからです。

結論から言えば、就職率だけでプログラミングスクールを選ぶならば、DMM WEBCAMP(ディーエムエム ウェブキャンプ)や、GROOVE GEARということになります。

あとは、プログラム言語の学習ジャンルや、受講スタイルによって選ぶことになりますね。

 

私自身、パソコンやプログラムについての学習をすることによって、かなり活動の幅が増えました。

これからの時代には強い武器になるスキルですから、積極的にチャレンジすることをオススメします。

きっと、未来が広がるはずです。

 

-パソコン

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.