パソコン ブログ

ads.txtファイルが含まれないサイトがある場合の対処法

グーグルアドセンスの管理画面に、「ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります」と警告表示が出た時、最短で解決できる対処法についてご紹介します。

「この問題を今すぐ修正してください」と表示されて困っているいる方は、手順の通りに実行してみてください。

エラーを放置すると広告表示が停止されることがありますので、早めに対処しておきましょう。



対処手順を最短で説明

ads.txt」についての予備的な知識等は後回しにして、具体的な手順から記載します。

 

1.「ads.txt」ファイルを作成する

 では、手順を記載していきますので、この通りに進めてみてください。

 

エラーの右側に表示されている「ヘルプ」をクリックする。

アドセンス管理画面の上にピンク色のエラーが表示されていると思います。

このエラーの右端に「ヘルプ」がありますので、これを表示します。

 

グーグルが指示しているコードをコピーする。

ヘルプを開くとAdSense 向けの ads.txt を作成する」という表示があると思います。

そこに、緑色で書かれたコードがありますので、これをコピーしてください。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

 

Windowsアクセサリの中からメモ帳を開く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メモ帳にコードを貼り付ける。

青色の部分は、後でID番号に置き換える箇所です。

 

アカウント情報から、サイト運営者IDをコピーする。

アドセンスの管理画面にある「アカウント」を表示すると、サイト運営者IDが表示されます。

PUB- 以降に表示されている番号をコピーしてください。

 

メモ帳に戻り、0で表記された場所にID番号を貼り付けます。

0だった部分は、全て削除して置き換えます。

 

ファイル名を「ads.txt」にして保存する。

この時、文字コードを「UTF-8」に指定してください。

デスクトップ等、分かりやすい場所に保存したら、ファイル作成は完了です。

 

スポンサーリンク

2.サーバーにアップロードする

ここからは、作成したファイルを、管理サーバー(ルートドメイン直下)に配置する方法を説明します。

お使いのサーバー会社によって、多少操作が異なりますが、ドメイン「/」の末尾にアップロードされるようにすればOKです。

私の場合、WPXクラウドのサーバーを利用しているので、この手順で説明していきます。

 

WPXサーバーでの準備

WPXサーバーの管理パネルにログインする。

サーバー管理の中にある「WordPress設定」を選択する。

FTP設定の「設定」を開く。

FTPアカウント設定の情報から、『FTPアカウント名』、『FTPホスト名』を控える。

メモ用紙等に書いておくと良いと思います。

メニュー「設定変更」を開く。

⑥ ボックス内のチェックを以下と同じにする。(赤枠部分にチェックを入れる)

パスワードを設定していない場合は、この画面上部で設定してください。

 

⑦ 管理パネルからログアウトする。

 

スポンサーリンク

FFFTPの準備と接続

WPXサーバー内のルートドメイン直下にファイルをアップロードするには、FFFTPというソフトを使って、外部から接続するのが簡単な方法になります。

まずは、FFFTPをダウンロードしてください。

以下、設定方法からアップロードまでの手順となります。

 

① FFFTPを起動し、「新規ホスト」を選択する。

以下のような画面が表示されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

② ホストの設定名(T)に、サイト名等を入力する。

例:不動産ブログ、のような略表記でもOKです。

③ ホスト名(N)に、FTPホスト名を入力する。

④ ユーザー名(U)に、FTPアカウント名を入力する。

⑤ パスワード(P)に、FTP設定時のパスワードを入力する。

⑥ OKを押して画面を閉じる。

⑦ ホスト一覧から設定名を選択して、「接続」する。

⑧ 赤枠の辺りに、作成した「ads.txt」ファイルを入れる。

ドラッグして移してください。

 

⑨ FFFTPの接続を切る。

 

反映状況を確認する

グーグルの検索画面で、ファイルが正常にアップロードされたかどうかを確認します。

確認方法は、サイトアドレスの後ろに「/ads.txt」を付けるだけです。

https://サイト名/ads.txt

これで検索結果に表示されれば設定は成功です。

24時間以内には、エラーが消えると思います。

 

ads.txtとは?

今回のエラーの意味を知りたい人のために、ちょっと補足しておきます。

「ads.txt」ファイルは、サイト管理者が認定した広告を表示するためのものです。

簡単に言えば、広告詐欺を減らす対策ファイルですね。

 

広告主があるサイトでの広告配信をリクエストした場合、グーグルは、そのサイトのルートドメインで「ads.txt」ファイルの有無を確認します。

サイト運営者IDが正しく記載されている場合は、広告主のリクエストに対してオークションを行い、配信権を獲得した広告が表示されます。

 

ファイルにサイト運営者IDが正しく記載されていない場合は、リクエストに対するオークションが開かれません。

強制はされていないものの、なるべく対応した方が良い理由は、このような事情にあるわけです。

 

まとめ

FFFTPを使ったことが無い人にとっては、少し戸惑う部分もあったかもしれません。

しかし、作業自体は簡単なものばかりですから、なんとか無事に完了できたのではないでしょうか。

広告がストップしてしまうと、サイトの運営にも支障が出ます。

グーグルからのエラー報告については、なるべく早く解決しておくのが一番ですね。

 

-パソコン, ブログ

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.