パソコン ブログ

ブログで稼げる収入と不動産営業職を労力で比較!

ブログ運営で、アドセンス又はアフィリエイト収入を得ようとする人は大勢います。

しかし、その人達の多くは、思うような結果が出せずに終わるようです。

どんな事に取り組む場合にも、努力の量と成功する人の割合は決まっていて、本当に満足できる結果に到達する人は、数パーセントなのです。

この記事では、ブログ運営と不動産営業の労力と収入比較についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

雑記と特化

ブログ運営は、テーマのジャンルによってアクセス数と収入想定値が変わります。

一般的に言われるのは、雑記記事と呼ばれる「今の旬のネタ」を記事にしていくスタイルが検索にかかりやすく、短期的にアクセス数を伸ばしやすいそうです。

 

ブログ運営経験のある人や、ライティング力の高い人等は、開始から数か月で数十万単位のPVを発生させる人もいます。

 

私の場合、ニュース記事や芸能記事等は苦手なので、このようなスタイルは全くやろうとも思いませんでした。

長期的に自分の伝えられる内容を記事にしていきたいタイプなので、特化型ブログを選び、一定のテーマを突き進んでいます。

 

特化型の特徴

特化型ブログの場合、アドセンスの広告単価が高くても、それほどの収入は見込めないことが多いと思います。

勿論、特化型でも大きなアクセス数を稼げれば、雑記記事よりも息の長いサイトになりますが、かなり難しい事なのです。

 

そもそも、それが出来るのであれば、皆が特化型ブログを運営しますよね。

ブログで簡単に稼げると書いている記事がやけに多いのは、サーバーやテーマソフト等のアフィリエイト設定をしていることが原因だと思います。

 

特化型ブログは、アクセス数が安定的である反面、アクセス数自体の伸びは小さいです。

検索需要の多い内容でたくさんの記事を書ける人は、比較的アクセスが稼げるかもしれませんが、普通にやっていてもなかなか難しいはずです。

 

アドセンスでの収益を目指すなら、最終的には特化型よりも雑記ブログが有利になるわけです。

「どんな内容でも書いてOK=バズが狙いやすい=アドセンス向き」という事です。

 

勿論、全ての収入はアクセス(PV)数に比例するので、雑記型でも「アフィリエイトに向かない」とは言い切れるものではありません。

特化型の方が、訪問者のニーズがはっきりしているので、アフィリエイト(商品販売)構築が効果的になる可能性が高いということだと思います。

 

つまり、特化型ブログで大きな収益をあげているサイトは、アフィリエイトで成功しているケースが多いという事です。

 

特化型ブログのアクセス数

ブログ記事には、一日に数十件のアクセスが発生する記事もあれば、0件の記事もたくさんあります。

そして、雑記記事と違い、特化型ブログの記事はバズの発生がそれほどありません。(私の場合ですが)

 

その代わり、テーマに興味のある人を集めることができ、年間を通じて少ないながらも安定したアクセス数を維持できるという利点はあります。

全体の平均値では、1つの記事に対して2~3件のアクセスが発生しているような状態に落ち着くことが多いと思います。

 

仮に、100記事あれば、一日に約300人前後が安定的にアクセスするという事です。

この人達が複数のページを閲覧することによって、PV数(閲覧ページ数)が増えますが、せいぜい2~3ページ見ていくのが限界ですよね。

 

そう考えると、凡人の運営する特化型ブログの場合、一日のアクセス数は、300~1,000程度でしょう。

最初の半年間については、アクセス数が300以下なのが普通だと思います。

半年を超えると、PV数では、500~3,000位の間に落ち着くといったイメージです。

それを超える人は、特化型ブログでもかなり優秀なサイトを構築できた人と言えると思います。

 

参考記事

ドメインに.workを使った特化型ブログの感想と結果

ブログのドメインには、ドットコム(.com)を使用する人が多いですよね。 しかし、価格的に少し高いので、価格の安い「work」等のドメインが気になりませんか? 「安いドメインを使うとSEO対策的に問題 ...

 

ブログ収入の限界

このように、雑記型と特化型では収入の取り方が異なるので、限界点も違ってきます。

WEB上ですごい収益を上げている人達には、美容・PC関連・携帯関連の内容の場合が多いようです。

 

ブログの収入は商店等の経営と同じで、単価の高い商売をしている人もいれば、数を出して稼ぐ人もいます。

つまり、顧客の集め方と属性によって、アドセンスなのかアフィリエイトなのかが変わるわけです。

 

ブログ収入の限界点を知るには、「自分ができそうなテーマ」や「儲かるテーマ」で成功している例を見れば良いでしょう。

ブログのアフィリエイト収入だけで、毎月数十万円の利益を得ている人もいます。

 

このようなサイトは、圧倒的に他のサイトと違う仕組みが働いている為、一般的な努力だけでは到達できないはずです。

アフィリエイトのキラーページ構築能力がなければ、一向に収益にはならないと思います。

その他、運営者が有名人であるとか、テレビ等で取り上げられた等の要素が必要だと思います。

 

話をまとめると、一般人が一からブログを初めて稼げる収入はそれほど大きくはないという事です。

開始から1年以内で月に1~3万円稼げれば、なかなか良い方なのではないでしょうか。

雑記型でも特化型でも、アドセンスで10万円稼げれば自慢できるレベルだと思います。

 

更にこれを高められたとして、30万円位を一般的な限界点とするのが妥当なのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

不動産営業の収入

一方、不動産仲介営業として収入の限界点は、年収1,000~2,000万円です。

実際には、これを超える人も存在しますが、土地仕入や土地活用等の大型案件を手掛けるような仕事をしている一部の人達と考えてください。

 

ブログの場合もそうですが、営業マンもしばらくは思うようには稼げないのが普通です。

入社数か月でとんでもない活躍をする人もいますが、本当に稀なケースですし、これは努力でどうにかなるものでもありません。

 

私見にはなりますが、不動産営業で年収1千万円を達成するまでには、3年位は必要になるのが普通だと思います。

ステップとしては、1年目が400万円前後、2年目が600万円前後、というペースでいければ良い方だと思います。

参考記事

不動産営業で年収1000万円を稼ぐまでの成功プロセスを解説!

売買の仲介営業として1千万円を稼ぐには、必要となるいくつかのプロセスがあります。 プロセスを全て満たせば、必ず年収1千万円を達成できます。 この記事では、私が年収一千万円を達成するまでにやった事をご解 ...

 

労力の比較

ここでは、ブログと不動産営業での労力(費用対効果)の違いを考えてみます。

かなり個人的な見解にはなりますが、比較に挑戦してみたいと思います。

 

金額だけで見れば、明らかに不動産営業に魅力がありますよね。

しかし、これは毎年確定されるものでは無い事を忘れてはいけません。

ずっと1千万プレイヤーで走り続けるのは、体力的にも精神的にも難しい事です。

それに、景気や物件状況等にもある程度は左右されますから、成績は不安定なものです。

 

ブログ運営での収入は、一カ月当たりの限界点も低いですし、年収としては物足りないでしょう。

しかし、ブログの場合、何か大きな構造変化が起きない限り、安定的に収入が自動継続される魅力があります。

ブログで月に30万円稼げるようになるまでにかかる労力と、不動産営業でトップを走り続ける労力とを比較するのは困難ですが、経験した限りで少しご紹介しておきたいと思います。

参考記事

不動産仲介営業で一人前になるまでの期間

不動産営業としてデビューしたら、一日でも早く結果を出したいですよね。 しかし、はやる気持ちとは裏腹に、最初にやれることは少ないのが現実です。 不動産営業として一人前になるまでの期間には多少の個人差があ ...

 

勉強時間

不動産営業になるには、宅建士の資格が必要になります。

仕事をする上で必須資格ではないものの、持っていないと不自然なのが実際のところです。

 

つまり、不動産営業で1千万プレイヤーになるには、宅建取得にかかる勉強時間も考慮しなければならないという事です。

一般的に、宅建を取得するための学習時間は、300時間前後と言われています。

1問の正解をするために必要になる勉強時間は、7~8時間程度だそうです。

 

更に、不動産営業で稼ぐには、営業マンとして必要な知識と経験を積み重ねる時間が必要になります。

ノウハウを習得する労力と時間については、会社の環境等にもよるところですよね。

 

仮に、私のサイトにある営業ノウハウ記事を読破し、それ身に付ける努力を継続したとします。

すると、就職から1~2年で結果が出てくるはずです。

 

合計すると、宅建の取得時間に加えて、1年から2年の実務が必要ということになります。

事前に、当サイトや市販本等で学習するような人は、もう少し早い段階で習得できるかもしれませんね。

 

実は、宅建士の資格は、実際の現場ですぐに役立てることが出来ません。

詳しい話は別記事で書いているので省略しますが、不動産営業としてのノウハウを身に付けることが先決なのです。

参考記事

宅建の資格が実務で通用しない理由をわかりやすく解説

宅地建物取引士の資格は、不動産の仕事には欠かせないものです。 しかし、単に資格を取得した状態では、実際の職場に出てもあまり役に立ちません。 「あんなに勉強したのに・・」とがっかりする人もいるかもしれま ...

 

ブログの労力

一方、ブログの方で考えてみると、ブログ開始に伴う諸設定の知識や、ブログの構成自体に関するノウハウ等を学ぶ必要があります。

どちらも、同じように勉強しなければならない部分がある事が見えてきますよね。

 

私は、ブログを運営するのは初めてだったので、本当にゼロからのスタートでした。

ドメインの意味もよく分らない位のところからスタートしましたので、最初の頃は数分ごとに壁に当たるような感じでした。(笑)

 

最近では、ネットで調べられない事は殆ど無いので、根気よく調べる時間さえあればなんとか進んでいきます。

私の場合、同じことをもう一度やれと言われても、到底無理だと思えてくる程に膨大な時間を費やしました。

そんなことをやっているうちに、そこそこ詳しくなってしまった部分もあります。

 

私の感覚では、一定の成果を収めるまでの苦労は、宅建業法を完璧に勉強するのとそう変わらない労力だったと思います。

記事の書き方や、プラグイン等の知識を合わせていくと、トータルで100時間位はかかっている気がします。

 

これに加えて、記事を数百単位で書いていき、修正等を行っていく時間を考えると、日々の努力では不動産営業よりも大変だと思います。

1年間ブログを運営するのにかかる総時間は、宅建合格に必要な勉強時間を軽く超えると思います。

 

ですから、確実に収入を得るならアルバイトの方が確実・・というのも事実です。

仮に、300時間のアルバイトをしたら、約1カ月分の給料にはなりますよね。

そういった意味では、効率が良いとはいえない作業だと思います。

 

ブログ成功の現実性

私のサイトは、月に30万円も稼げるものではありませんし、それを経験したこともありません。

自分の中では、ある程度満足のいくアクセス数にはなってきたものの、アフィリエイトに力を入れていない事もあり、今でもお小遣いレベルの収益です。

 

私が経験してきた限りで申し上げれば、ブログで月に30万円を稼ぐには、かなり知恵と工夫が必要になると感じます。

その反面、一般人でも実現できる人はいるだろうな、という感覚もあります。

 

私の場合、アフィリエイトに力を注ぐ気力がないので、ランディングページ等は作成していません。

このような努力ができる人であれば、成功の道筋もあるのだろうとも思います。

 

結論としては、私にとっては、ブログよりも不動産営業で成功する方が簡単な事に思えます。

でも、WEB知識を学ぶことに抵抗が無い人にとっては、ブログで成功する方が簡単だと感じるのかもしれません。

 

不動産営業は、ずっと頑張り続けなければ稼ぐことができませんが、ブログは収益が安定すれば労力が激減する点も魅力だと思います。

比較は難しい部分もありますが、お金が早く貯まるのは不動産営業だと思いますよ。

 

まとめ

不動産営業としての成功も、ブログでの成功も、共通するのは『頑張れば誰でも達成できる』という事だと思います。

労力の質に違いはあるものの、どちらも500~1,000時間程度の勉強は覚悟して頑張る継続力が大事です。

 

何かで成功するという事は、一定の努力で他者との差別化が出来たという事です。

ブログ運営は、大成功すれば不動産営業で稼ぐよりも遥かにストレスが無く、安定的なものでしょう。

 

ブログ運営は、ローリスク・ローリターンですが、やり方次第ではミドルリターンくらいにはできるはずです。

不動産営業の場合、ミドルリスクハイリターンといったところでしょうか。

 

目先の収入面では不動産営業が有利ですが、長期的な総労力ではブログの方が効率的なのだと思います。

HOME

-パソコン, ブログ

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.