不動産業界 就職・転職

東京で不動産会社に就職する人への知得情報

地方都市から東京への就職(又は転職)をする際、職場だけではなく、生活環境や住居選びにも不安があると思います。

特に、働く場所(勤務地)と住む場所の距離感等は、東京をよく知らない人には検討し難いですよね。

この記事では、東京で働きながら暮らす上で知っておくと良い情報等をご紹介しておきたいと思います。



 

東京で不動産営業になる!

東京で暮らすには、色々とお金もかかりますから、給与面で魅力のある営業職を選ぶ人もいるでしょう。

そこで、東京で不動産営業として働こうという人に向け、いくつか予備知識をご紹介しておきたいと思います。

 

まず、稼げるエリアについてお話しておきたいと思いますが、東京ではエリアによって相場感がかなり異なります。

不動産営業には、大きく分けて『賃貸』と『売買』がありますが、どちらを選んだ場合でもエリアによってニーズがかなり違います。

 

賃貸物件を探す顧客は、なるべく「便利で人気のある街」に住みたいと考えます。

住みたい街ランキングで上位にランクインするような場所です。

これは、賃貸でなければ住めない(買えない)街に憧れるからですよね。

 

売買物件を探す顧客の場合、「自分でも購入できる場所」で探すことになりますから、かなり需要が違います。

つまり、貴方が選ぶ職種によって、勤務地がかなり変わるという事でもあるのです。

 

賃貸営業で働く場合

ここでは、東京で賃貸営業として働く場合に、勤務地を検討するヒントを伝授したいと思います。

賃貸の顧客が多い地域は、要するに人気のある地域ですよね。

 

しかし、「人気はあっても物件数が少ない」等という街もあります。

ですから、ネット等で物件数を確認しておくことも大事だと思います。

オススメなのは、自分がどれくらいの賃料の物件を扱いたいかで決める事です。

 

但し、賃料が高いエリアの顧客は、必然的に富裕層も多くなります。

これは、接客対応や知識の面で、高いレベルが求められる機会が増えるという事です。

 

自分にとって「丁度良い街」を見つけ、その周辺で就職先を探すのがコツだと思います。

まずは、勤務地のリサーチを進めるところから始めると良いと思います。

 

例えば、杉並区か目黒区と決めたとしたら、その地域に走る沿線で賃料や物件数等を調べていけば良いわけです。

賃料相場から、その地域に住む人達の収入レベルもなんとなく想像がつくはずです。

東京へ出てきてから無駄な転職を繰り返さない為にも、事前のリサーチはしっかりとやっておきましょう。

 

売買営業で働く場合

売買の不動産仲介営業として働く場合、賃貸の場合よりも更にエリア選定が重要です。

賃貸の場合と違って、売買の顧客は購入することが目的です。

ですから、基本的には「一生住む家」という感覚で検討と決断を行います。

 

賃貸物件を決める場合に比べ、顧客心理がかなり異なるのは想像できると思います。

知っておいて欲しいのは、物件価格によってかなり客層が変わる点です。

例えば、3千万円の物件を買う人と、5千万円以上の物件を買う人では、かなり感覚に差があります。

 

不動産営業の場合、信用面では年齢が若い事も不利に働きがちです。

ですから、初心者は、なるべく低価格帯の方が活躍しやすいと思います。

そうなると、東京でも郊外のエリアということになりますので、就職先を探す際の基準等もかなり変化するわけです。

 

売買についてのエリア選定については、別記事で詳しく書いていますので、こちらを参考にしてください。

 

不動産営業(売買の仲介)で稼げるエリアを教えます

売買の仲介営業は、建売住宅を売るのがメイン業務です。 この仕事は、どのエリアで働くかによって、かなり年収が変わってきます。 そこで、独断と偏見にはなりますが、私の経験上で稼げると感じたエリアをご紹介し ...

 

ライフスタイルが重要

東京で働き、楽しく暮らしていくためには、貴方のライフスタイルをイメージしておくことが大切です。

東京に出てきた事を後悔する人は、ライフスタイルの重要性を理解していなかった人も多いのではないかと思います。

 

具体的には、仕事と私生活のバランスを考えておくということです。

これによって、一人暮らしをする場所について、勤務地との距離感がかなり違ってきます。

 

当面、仕事中心の生活をすると決めているのなら、勤務地の近くへ住むのが理想ですよね。

逆に、プライベートであちこち見て回りたいと考えているなら、利便性の高い場所に住むのが理想です。

 

賃貸系の仕事なら、街に詳しくなることも大事ですし、遊ぶ場所等についても体感しておく必要があります。

私生活や東京に慣れることを優先するのなら、それに適した街というものがあるはずです。

休日の過ごし方を考えておく事で、ストレス等と上手く付き合える効果もあります。

東京進出を後悔しないためにも、時間をかけて良い部分だと思います。

 

最近は、シェアハウスという形態も流行していますよね。

自分の性格的に「誰かと一緒に暮らす安心感が欲しい」という人等は、このような選択肢も検討してみると良いかもしれません。

 



居住地の検討

ライフスタイルのイメージが固まると、かなり具体的な居住地が見えてくると思います。

漠然と「この辺りの駅でいいかな」等という決め方とは違い、確信を持って決断できるでしょう。

 

東京では、住む場所によってかなり通勤時間が変わってきます。

毎日のことですから、通期時間や混雑具合等はとても重要な関心事です。

 

ですから、都内(中心地)の企業で働く場合には、シェアハウスが魅力的に映る人もいるはずです。

都心で暮らすシェアハウスの住人達は、住居に対するニーズが似ています。

 

安い賃料で、かなり良い立地に住むことができますので、仕事中心に考える人に最適です。

一人暮らしを選択する場合は、交通の便の良い郊外等をターゲットにすると良いと思います。

 

交通事情のコツ

東京の交通網は、慣れない人には複雑で分り難いですよね。

駅のイメージや街並み等も、グーグルマップで見てみるくらいが限界でしょう。

 

東京では、電車での移動が最も速い手段になります。

そして、特別快速急行の止まる駅であるかどうかが、大きなポイントになります。

 

これって、地方在住の人達が調べるのは、結構大変なのではないでしょうか。

駅と駅の距離感や、所要時間の違いを感覚的に検討できないと思います。

 

もしも、貴方に東京にいる友達がいれば良いですが、その人の感覚をどこまで信用して良いかも疑問が残りそうですよね。

できれば、東京在住の人に相談するのが得策なのは明らかです。

 

そこで、私がオススメするのは、相談業務を受けてくれる就職サイト、又は、エージェントがいるサイトを利用することです。(トーキョーダイブ等)

敷金・礼金・仲介手数料のかからない物件を紹介してくれるサービスもありますので、とにかく色々と問い合わせてみましょう。

 

家具や家電が付いている物件もありますから、東京での出発費用を大幅に削減できるかもしれません。

日頃から、このような相談を受けている人達は、東京事情に詳しいです。

分からない事は詳しい人に聞くのが一番ですし、エージェントには一定の責任も発生しますから、情報に対する信頼も持てるでしょう。

 

【TokyoDive(トーキョーダイブ)】は、厚生労働省から人材派遣事業と有料職業紹介事業の認可を受けている企業で、信頼性や安全性にも問題がないと思います。

営業職と同じで、「行動してみる」という事が東京での成功に繋がっていくはずです。

 

ミイダスを活用してみよう!

また、新しい形態の転職アプリMIIDAS(ミイダス)を活用するのもオススメです。

同世代・同業種の年収データの他、自分に興味を持っている企業が確認できます。

ほぼ入力作業が無く、5分程度で登録できる便利な転職アプリです。

 

先日、「ミイダス コンピテンシー診断検索機能」が、HRアワード2019にて、「プロフェッショナル 人材採用・雇用部門」の最優秀賞を受賞しました。

 

HRアワードは、HRフィールド全体の活性化を目的に、積極的な活動を行っているHRビジネス企業や企業人事部、人事担当者など、関連するすべての企業や個人を表彰する制度です。

以下の5つの審査基準をクリアし、最優秀賞を受賞しています。

 

1.明確且つ一貫性のある、戦略や方針を描けていること

2.新規性、独創性があり、社会や市場に影響を与えていること

3.革新的で、将来にわたって成長性や拡大性を期待できること

4.高い注目度、認知度を保持していること

5.優れた収益性、市場浸透性を実現していること

 

ミイダス コンピテンシー診断検索機能」は、13.5万人の「ミイダス」登録者が受けているミイダスコンピテンシー診断の結果をもとに、企業と転職希望者をマッチングさせる独自開発機能です。

 

本機能を活用すれば、転職希望者と相性のよい上司・部下のタイプや、転職希望者がストレスを感じやすい環境など、社風・組織カルチャーへのマッチングに役立つコンピテンシーを軸に転職希望者にオファーを配信することができます。

 

一方で、転職希望者のメリットとしては、学歴・年齢・経験職種関係なく、自分のコンピテンシーを評価してくれる企業と出会うことができるようになります。

自分の思考性やビジネススキルを評価してくれる企業に出会うことで、入社後に馴染めなかったり、社風に合わなかったりするリスクを少しでも減らすことができます。

 

まとめ

勤務地の最寄り駅には、通勤するのに相性の良い駅や街があります。

買い物等の生活上の利便性や、交通事等は、その街を良く知る人に聞くのが一番です。

居住地選びの失敗は、引っ越し費用等も無駄に発生してしまいますのでかなりの出費になります。

後悔や失敗の無い上京を目指して、しっかりリサーチしながらスタートしてみてください。

HOME

-不動産業界, 就職・転職

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.