トピックス 体験談等

格安スマホに変えるべきか判断するポイント

格安スマホを提供する会社が増え、魅力的な料金設定のCM等を見かけるようになりました。

最初は「面倒だ」等と思っていた人も、「もしかして、変えた方が得?」と考え始める位の影響力が出てきた気がします。

そこで、格安スマホに変えるべきかの判断ポイント等をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

格安スマホが安い理由

安いのは良い事ですが、「大丈夫なの?」という不安が先に立つ人もいますよね。

この疑問を解決するために、「なぜ格安なのか」が知りたくなります。

これには、普通の携帯会社の料金がなぜ高いのかを理解した方が早いと思います。

 

先日、楽天グループが携帯電話事業に参入するというニュースが流れ、話題となりました。

楽天のポイントサービスを利用している人に対して、魅力的なプランをアプローチできれば、将来は大きな収益になりそうです。

 

しかし、独自の回線を持つには、数千億円の初期投資が必要となる為、株価は一時的に大幅下落する結果となりました。

事業が成功する見込みが薄いという事ではなく、それほど巨額な投資となる事を示唆しています。

マーケットは、将来の利益よりも、目先の資金流出額を嫌気したというわけです。

 

格安スマホが安い最大の理由は、このような巨額な初期投資をせずに、大手携帯会社の回線を借りている点にあります。

料金の中に、初期投資の回収分が含まれていない為、薄利で顧客を獲得することができるのです。

 

これ以外の部分については、単に「見せ方」の問題であることが多いです。

例えば、端末代金を毎月の料金に含めず、かけ放題等の設定を解除して基本料金を安くする等といった「見せ方」です。

結局のところ、大手携帯会社との差は、初期投資の有無と利益率の設定からしか生みだせないという事ですね。

 

格安スマホの欠点

もしも、あなたが収益物件の不動産を持っていて、その物件に空き部屋があったら、少し相場より安く貸してでも満室にしたいですよね。

大手携帯会社は、同じような考え方で、余っている回線部分を他社に貸しているわけです。

しかし、好条件で貸せば自分達の顧客を奪われてしまいますから、本末転倒になります。

 

だから、回線の通信速度電話料金等は、格安スマホが劣るのです。

つまり、格安スマホの欠点は、通信速度通話料金にあると考えれば良いでしょう。

また、窓口サポート等が受けられない(店舗がない)ケースが多いので、人によってはこれもデメリットになるでしょう。

 

通信速度については、普段の携帯電話の用途によって不便を感じる場合があるようです。

反対に、使用内容が軽い場合には、乗り換えのメリットが大きいです。

大手の基本プランは、最初から多くのサービスが含まれていることが多いですが、格安スマホは無駄なものが一切ついていません。

 

自動車保険でも、自分が乗る距離に合わせて料金設定ができる商品があるようですが、それと似た考え方です。

携帯電話の使用頻度の低い人でも、本当に自分に合ったプランを選ぶことができるようになったわけです。

 

このような事情から、格安スマホは、通話が多い用途(営業用等)としては不向きです。

2台目以降で利用する補助的なスマホとしては十分な場合も多いでしょうから、乗り換えが有効な場合はたくさんあるはずです。

 

各社の特典

格安スマホを提供している各社では、自分の持ち味を生かした特典を用意しています。

例えば、J-COM モバイルの場合、動画やテレビの基本契約をしていれば、専用アプリで観た動画が高速通信に含まれません。

 

パケット料を気にせずに動画を楽しめるので、スマホでテレビ番組等を観る機会が多い人には、メリットが大きい場合もありそうですよね。

基本的には、既にJ-COMと契約関係のある人がターゲットですから、利用している人は検討してみる価値があると思います。

 

料金の安さで考えるならDMMモバイルイオンモバイル等も有力です。

しかも、料金プランが豊富なので、細かな用途に合わせやすいと思います。

イオンモバイルは、イオンの店舗でサポートが受けられる為、初めて乗り換える人にも向いているかもしれません。

 

このような各社の特典と、自分のスマホ用途を総合的に判断することで、ベストな加入先が見えてきます。

スマホ自体の買い替えが伴う場合は、割引キャンペーン等で比較すると良いでしょう。

また、乗り換えを行う際には、解約のタイミング等を事前によく調べておかないと契約期間が重複して無駄が出てしまうことがありますので注意してください。

 

まとめ

格安スマホに変える判断は、通話時間と毎月の通信量がポイントです。

受信する電話の方が多く、ゲームや動画もあまりハードな使い方はしないという人は、間違いなく格安スマホがお得です。

判断が微妙なラインの使用量の人でも、各社の特典内容によってはメリットが生まれる場合があると思います。

今後も新しいキャンペーンやサービスが増えていくでしょうから、アンテナを立ててチャンスを活かす乗り換えを狙っていきましょう!

HOME

-トピックス, 体験談等

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2020 All Rights Reserved.