不動産業界 就職・転職

不動産営業によくある5つの悩み

人の悩みを聞いた時、「なんだ、そんな事か」と感じる事がありますよね。

これは、人それぞれ物事に対する考え方が異なるからだと思います。

不動産営業の場合でも、彼等が感じている悩みを知る事で、自分なりに実態を想像するのに役立つはずです。

就職や転職の際、自分の適性に不安がある人は、今からご紹介するつの悩みについて考えてみて下さい。

 

スポンサーリンク

案件数の悩み

1つ目は、顧客数についての悩みです。

これは、案件数に対する不満と言い換えても良いかもしれません。

また、反響案件の質に対する不満の場合もあります。

 

要するに、契約になるような案件が少ない事による悩みです。

いくら悩んでも、新しい反響が入らない限り解決にはなりませんから、最終的には反響数が多い会社への転職を考える事になります。

 

これは、入社する前に業績等をリサーチしておくことで回避できる悩みとも言えます。

就職・転職の際は、十分な顧客数が確保できていそうな会社を選びましょう。

参考記事

不動産営業への就職|求人閲覧と面接時のコツ

 

成長の悩み

2つ目は、一通りの仕事を覚えたものの、自分の思うような結果が出ないという悩みです。

自分の思い描いたような成長ができず、伸び悩みの状態に入る時期があるのです。

多くの場合、自分に足りない部分が見えない為に起こります。

 

ここから抜け出すには、意識改革による気付きや、ベテランからのアドバイス等、何らかのきっかけが必要になる事が多いです。

私の場合、トップ営業の講義を受けた事が大きなきっかけになりました。

 

参考記事

売れない営業に劇的な変化を起こした教え

 

営業中級者以上に向けた関連記事には、このような話を取り入れていますので、良いきっかけになる人もいると思います。

事前に知っておく事で、成長を早める効果もあるはずですので、リサーチとして読んでおくと良いと思います。

 

関連記事

不動産営業のコツ|中級者以上に必要な視点とメンタル編

スポンサーリンク

人間関係の悩み

3つ目は、人間関係の悩みです。

これは、主に上司との相性によるものだと思います。

 

具体的には、営業活動の報告をするのが苦痛に感じている人が多いと思います。

成績が良ければ、小言などを言われない分、多少は苦痛が和らぐでしょう。

つまり、この悩みは、「成長の悩み」と連動しているわけです。

 

ですから、解決策は、自分が成長して成績を安定させることになります。

それでも解決できないケースは、相手の人間性への嫌悪感等があるのでしょう。

 

このような生理的な要因が原因となっている場合は、転属を願い出るとか、会社を変えるという方法を検討せざるを得ないと思います。

 

参考記事

心理学で上司とのストレスを軽減させる方法

 

お金の悩み

4つ目は、お金の悩みです。

お金の悩みと言っても、借金による悩みは除外します。

あくまでも仕事上での「お金の悩み」です。

具体的には、退職金や固定給等についての将来不安等です。

 

不動産系の会社には、退職金制度が無い会社が多いので、この先もずっと続けていく事をためらう人もいると思います。

実際、出世をして管理職をしていくといったコースを歩めるとしても、それは大手不動産会社だけです。

 

独立を目指し、お金を貯める目的で働くのか、大手不動産会社勤務を目指すのかは、早めに決めておく必要があります。

その他、歩合率・基本給への不満についても、勤務先の会社を選ぶ時点での判断が必要です。

 

参考記事

不動産営業を辞めたい時に有望な転職先とは?

 

心と体の悩み

5つ目は、心と体の悩みです。

残業が多い」・「休みがとれない」といった環境の会社では、体力的に厳しいと感じる人もいると思います。

 

ノルマや人間関係の悩みと連動してしまい、鬱状態になる人もいます。

このような症状になる人には、家庭が上手くいっていないケースも多いようです。

 

また、不動産営業は、車での移動が主体となります。

その為、慢性的に運動不足になる傾向があり、夜遅くに夕食を摂る事もしばしばです。

 

ストレス解消でお酒を飲む人も多いので、成人病等には要注意ですね。

糖尿病・コレステロール異常・痛風等、他の職業に比べて発病率が高いように感じます。

 

まとめ

5つの悩みを読んでみて、貴方はどのように感じたでしょうか。

こんなものか」と思う人もいれば、「自分には無理」と感じた人もいるでしょう。

こればかりは、あなた次第ですので何とも言えない部分です。

 

理解しておいて欲しいのは、これらの悩みは、他の職業でも存在するという事です。

社会に出るという事は、このような苦難が待っている事でもあります。

 

いつしか日常になっていく部分でもありますから、あまり深刻に考えない事だと思います。

長く働けている人もたくさんいて、何事も解決策次第だと考えましょう。

悩みを乗り切る方法を知る事が、最も有意義な行動なのだと思います。

HOME

-不動産業界, 就職・転職

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2020 All Rights Reserved.