年収と歩合

営業マンの年収が上がる服装とコーディネートとは?!

営業職として働く際、見た目の印象を変える事で色々な効果が発生します。

その効果がマイナスに働かない限り、営業マンの年収は上がりますよね?

では、具体的にどのような変化に注目すれば良いのでしょうか。

この記事では、営業職の身だしなみ術についてご紹介します。

スポンサーリンク

顧客に合わせる必要性

私は、不動産営業として顧客に接する際には、相手によって腕時計を変えるようにしていました。

高額帯を購入する人達を相手にする際には、高級時計を身に付けていても違和感はありませんし、かえって洗練されたイメージを与えるのではないかと思います。

 

しかし、相手が一般的な顧客の場合、あまり高級なものは身に付けないようにしていました。

自分よりも稼いでいる」といった印象を持ってほしくありませんし、親しみを感じないと思うからです。

 

もし、担当営業が高級時計をしていたら、「やっぱり不動産は儲かるんだな」等と思いませんか?

営業として、顧客にそう思われて得な事は無いと思うので、私はあえてG-SHOCKにしていました。

 

ワイシャツは高いものを買う

腕時計にお金をかけるなら、営業マンはワイシャツに投資した方が良いと思います。

ワイシャツが与える印象は意外に大きいです。

高いワイシャツには、生地とデザインの良いものが多いです。

見た目には、それほど高そうに見えないアイテムですので、嫌味にもなりません。

 

ワイシャツは、同じようなものが多いですから、少しデザインの良い物を着るだけで印象に残る事があります。

清潔感があり、さわやかな印象を与えるデザインを選びましょう。

私は、良いデザインのワイシャツを見つけたら、値段を気にせず買うようにしていました。

 

服装とコーディネートの意味

私は、靴やスーツも安物は購入しません。

オーダーまではしませんが、既製品の中でも質の良い物を選びます。

靴やコート等も、見た目の印象と機能性を重視していました。

選ぶポイントは、自分の好みでは無く、『顧客からどう見えるか』という視点です。

 

良いスーツ等を買うことによって、必ず成績が良くなるわけではありません。

でも、それによって心理的な効果が出る事はたくさんあります。

 

自分の服装に相応しい振る舞いをするようになる効果もありますし、女性客からの印象が良くなる効果を感じます。

そのシャツ素敵ですね」等と言ってもらえる事があるのです。

普通のワイシャツでは発生しない会話だと思いませんか?

これで印象に残るのであれば、とても良い投資だと思います。

スポンサーリンク

営業職は確率論

私は、後輩達に「営業は確率を追求する仕事」と言い伝えています。

これを、営業活動だけの事だと思っている人もいるようですが、服装から言葉使いに至るまで、全てにおいて言える事なのです。

 

F1のレースカーの開発は、コンマ1秒速くなるかもしれないという可能性に対して、巨額な資金を投じてパーツを試作するそうです。

実際にタイムが向上するかは不明でも、そのリスクをとらなければ車は速くなっていかないのです。

ですから、資金力のあるチーム程、車の進化が進んでいくというわけです。

 

営業職もF1と同じで、結局は地道な努力の積み重ねです。

身なりやタブレット等の営業ツールに資金を投じる事もありますが、運動量による努力で積み重ねられる部分もありますよね。

営業職は、少しでも顧客の印象を高められる努力が常に必要だという事です。

 

まとめ

今回の話は、どんな業種の営業職にも共通する事だと思います。

そして、営業ノウハウについても同じだと思います。

私は不動産営業職として成功しましたが、全く異なる業種でも同じ考え方で成功できると思うのです。

異業種でも参考になる話があると思いますので、参考記事も読んでみて下さい。

参考記事不動産営業のコツを最適な順序で学ぶ方法 ①

 

たとえスーツを着ない営業職だとしても、それ以外の部分で差別化できる所はあるのです。

口臭、歯、メガネ、髪型等、服装とは関係ない部分でも注意すべき個所はたくさんあります。

服装とコーディネートと合わせて良化させ、年収UPに繋げましょう!

関連記事不動産営業のマナーとオススメの口臭エチケット

HOME

-年収と歩合

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.