住宅購入のヒント 体験談等

仲介手数料を無料にする不動産屋ってどうなの?

近年、仲介手数料を無料にしている不動産屋が増えてきています。

仲介手数料無料を掲げる不動産屋は、小規模経営のケースが多いという特徴があります。

この為、消費者側からすると、色々と不安が生じる部分もあるのではないでしょうか。

このような不安を解決するには、「何が違うのか」という部分について真実を知ることが近道です。

この記事では、仲介手数料無料の不動産会社の実態等についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

仲介手数料無料の仕組み

例えば、こちらのサイトをご覧ください。(仲介手数料無料になるサイトの実例)

まずは、このような会社が「何故、仲介手数料を無料にできるのか」というお話からしておきたいと思います。

 

不動産売買の仲介業では、仲介業者が売主と買主の両方の担当をすれば、両者から仲介手数料を受領することができます。

但し、土地物件や中古物件の売買では、売主側に依頼された不動産会社と買主側に付いている不動産会社が別である場合が多いので、仲介手数料は片方(依頼主)からしか受領することができない事が多いです。

 

一方、建売物件の場合、売主(建築会社)は建物の建築に専念し、販売活動を不動産屋(仲介業者)に外注するケースが多いです。

この為、仲介業者は、必然的に売主と買主の両方をとりもつ仕事をすることになり、両者から手数料を貰えます。

 

そこで、買主側からの仲介手数料を放棄することで、「他社よりも多くの集客をしよう」というのが仲介手数料無料の会社の狙いなのです。

 

 

不動産会社側の事情を知っておこう

仲介手数料を無料にする不動産屋は、買主(購入者)からの仲介手数料を取りません!と宣言している会社だと考えれば良いでしょう。

先程の説明の通り、建売物件の売買では、売主からも仲介手数料が貰えますので、その利益を半分にすると言っているわけです。

 

簡単に言えば、「売主から手数料が出る場合には、買主の仲介手数料を無料にします」というのが、仲介手数料無料の会社の「からくり」なのです。

本来もらえる利益を半分にするので、うちで買ってください!と安売りをしているとも言えます。

 

買主側としては、本来支払うはずの手数料が免除されるようなものですから、かなりお得な話です。

でも、「無料なのはいいけれど、きちんとやってもらえるの?」といった心配が出てきますよね。

この部分についても、詳しく後述していきたいと思います。

 

手を抜かれることはないの?

結論から言えば、本来の利益が半分になるからといって、基本的に仕事面で何か手を抜かれるという訳ではありません。

営業マンによっては、誠意の無い仕事をする人もいると思いますが、これは普通の不動産屋でも同じことです。

 

但し、仲介手数料無料の会社は、問い合わせ数が増加する傾向にあるので、営業マンの仕事量が多くなると考えておく必要はあると思います。

これが原因で、「予約が取り難い」とか、「疲弊した営業マンに当たりやすい」という可能性は高いかもしれません。

こういったデメリットはありますが、不動産業者としての法的責任は同じですし、数十万円もコストが下がる効果は大きいものです。

 

不動産業者は、法律に違反した取引をすることはできませんし、買主の不利になる行為等をすれば、業務停止等の処分を受けることになります。

最悪の場合には、免許が取り消されてしまいます。

 

どんな会社でも、そのようなトラブルは起こしたくないので、たとえ仲介手数料が無料だったとしても、手の抜きようが無いのです。

しかし、働く人達(営業マン)にとっては、やる気の面で悪影響が出る可能性はあります。

 

仲介手数料が半分になるということは、歩合で得られる収入も半分になるという事だからです。

そういった意味で、気の利いたサービスをする営業マンは少ないかもしれません。

 

例えば、資料は郵送のみで対応し、物件資料と一緒に入れる手紙等に手間をかけない営業マンが多いのではないかと思います。

でも、ドライな関係でも、きちんと最低限の仕事さえしてくれれば良いと割り切ることもできそうですよね。

 

要するに、「安く買えればいい」という人は、積極的に利用すべきだと思います。

それで数十万円の節約になるのですから、取引さえ無事に完結すれば特に問題もないでしょう。

最近では、仲介手数料無料の会社への問い合わせをする人が増えています。

 

 

サービスの質について

仲介手数料無料の不動産屋は、一日に行う物件案内数が多くなる傾向があります。

この為、一度に多くの物件を回ってもらうことができないとか、慌ただしいスケジュールになることもあると思います。

 

この点についても、有効な解決策はあります。

ある程度、自分の足で物件を見て回り、的を絞っておけば良いのです。

 

購入の申し込み以降の業務については、普通の不動産業者と全く同じサービスが受けられますので、そこまでの動きについて少し自分で動いみると良いと思います。

 

仲介手数料無料の会社では、「契約までのサービスの質」の部分で少し見劣りする所もあるかもしれません。

しかし、その部分に数十万円分ものデメリットがあるとは到底思えません。

大きな節約になると考えれば、「得だ」と感じる人も多いはずです。

 

不動産屋の選び方は5種類もある!重要かつ本当の話

不動産屋の選び方は、1種類しかないと思っていませんか? プロの立場から申し上げれば、顧客の目的によって不動産屋の選び方は全く異なります。 そこで、この記事では、一部の不動産会社からすれば「そんな事を教 ...

 

仲介手数料を節約する人達

結論から言えば、仲介手数料無料の会社に足を運ぶ人は、事前にある程度の勉強をした人達です。

なんとなく探し始める人達は、これからも仲介手数料を当たり前のように払うでしょう。

 

私は、大手不動産会社に仲介手数料を払う意味が無いと言いたいのではありません。

大手ならではの安心感は確かにあると思いますし、難解な問題を抱えている案件では、その価値が発揮される取引もあると思います。

 

法的チェックの厳格さや、トラブル時の対応等に定評があるのも確かですし、信頼を寄せる気持ちもわかります。

しかし、仲介手数料無料の会社の社員が、大手不動産会社と同様の仕事をしているケースがあるのも事実です。

 

結論としては、両者にそこまでの仕事の違いを感じるかどうか等、選択肢の問題なのです。

最近は、信頼できるサイト(参考サイト)もありますから、営業マンの反応等をみて判断されると良いでしょう。

双方の存在と違いを知った上で選ぶのなら、私はどちらを選んでも正解だと思います。

 

関連記事

営業未経験で不動産会社を開業する方法

宅建を受験する人の中には、将来に不動産屋の経営を夢見ている人もいると思います。 基本的には、業界での経験を積むのが理想ですが、あえて未経験で開業を実行しようと考える人もいるでしょう。 また、現在は賃貸 ...

 

まとめ

仲介手数料を無料にする業者には、「顧客を多くとりたい」という事情があります。

利益を削った分、魅力は出ますから、近い将来、建売物件の購入で仲介手数料を支払う人は減少していくのかもしれません。

コロナウイルスの影響で、ネット上で色々と調べる人も増え、取引自体もWEB上で大半がこなせる時代です。

都市部の物件では、仲介手数料無料のメリットはかなり大きくなっているのではないでしょうか。

-住宅購入のヒント, 体験談等

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2022 All Rights Reserved.