ストレス 不動産営業

営業職のストレスを思いやりで消す方法

仕事上で嫌な事が起きた時、皆さんはどのように解決していますか?

また、自分の中で発生してしまった怒りは、どのように鎮めているでしょうか。

上手く負の感情を消化できなければ、怒りによるストレスが溜まっていくことになりますよね?

きっと、仕事にも体にも支障が出て来ることになるでしょう。

この記事では、そんな仕事の怒りを「思いやり」や「優しさ」で消す方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

営業が陥る闇

テレビやネット記事等で、「営業マンに裏切られた」というエピソードを見聞きする事がありますよね。

一般的には、顧客側が裏切られる事が多いイメージがあります。

 

でも、裏切りの発生数としては、顧客側も負けてはいないのです。

どちらが悪いとか言う話ではなく、顧客側が営業を裏切るケースは多いという話です。

 

顧客は、複数の営業マンの中から、最終的に気に入った人を選びます。

その際、選ばれなかった営業マン達は、顧客から「嘘の言い分」を聞かされることがあります。

 

例えば、「家探しを止めようと思いまして」と聞いていたのに、他の会社の案内されている姿を目撃する、といった事例です。

 

また、週末に案内の約束をしていて、時間を空けて用意をしていたら、「他の会社で買う事になったので」等と平気で連絡してくる人もいます。

ですから、段々と顧客に対して卑屈になっていく営業マンもいます。

 

顧客に嘘ばかりつかれていると、「はっきり言ってくれたらいいのに」等と不満を抱く事もあります。

そもそも、自分が選ばれないのが悪いと思うべきではありますが、彼等の気持ちも分かりますよね。

このような不満を溜めた営業は、いつしか最初から顧客を疑うようになり、目つきが悪くなっていくのかもしれません。

 

間違った見本

顧客に対して卑屈になった営業マンは、ドライな営業方針になっていきます。

機械的に選別し、自分の利益に繋がらない相手には、態度もあまり良くありません。

 

それでいて、技術的には申し分ないレベルまで到達していますので、成績もそれなりに出ていることも多いです。

彼等は、顧客に対して、普段から「夢みたいなこと言いやがって」等とボヤいたりしています。

 

新入社員の営業マンの中は、このような営業マンを見て、「自分もあんな風にならなければ売れない」等と考えてしまう人がいます。

何が正しいのか知らない子供のようなもので、売れている人として見本を探しているからです。

このような間違った見本は、くれぐれも真似しないでください。

 

顧客を許す事

営業マンは、顧客に対して負の感情を持ってはいけません。

過去にどんな顧客がいようと、貴方が今から相手にする人には関係のない事です。

 

「あの時の客と同じなのでは?」等と相手を疑ってかかると、ふとした瞬間にそれが伝わります。

だから、過去に嫌な思いをした顧客を許す必要があるのです。

 

ただ許すのではなく、顧客の気持ちに立って、最善の理由を考えましょう。

例えば、「きっと自分の事を傷つけたくなくて嘘をついてくれたのだ」と考えるのです。

それが、「怒りに負けない」という事だと思います。

 

すると、あなたの持つ思いやりが強い程、自分を癒すという結果になります。

自分の優しさは、相手だけでなく、自分を癒す力にも変えられるという事です。

 

スポンサーリンク

 

得しているのは誰か

人を許して得をしているのは誰でしょうか。

例えば、自分を裏切る行動をとった顧客を許したとしましょう。

その顧客は、知らないところで貴方に許されたわけです。

 

ですから、その相手は、何か得をしている事にはなりませんよね?

そもそも、顧客側には、貴方を傷つけたとか、裏切ったという認識さえないでしょう。

 

結論を言うと、人を許して最も得をしているのは、許した本人です。

つまり、貴方自身のことです。

 

人を許したことによって、怒りが無くなり、次に出会う顧客に疑念を持つことも無くなったのですから、得をしていると言って良いでしょう。

人を許すと、自動的にその見返りを受けているという事に気付きましょう。

そして、それがコントロールできたなら、貴方の勝ちなのです。

 

まとめ

貴方に「思いやり」や「優しさ」が無いなら別ですが、そうでなければ怒りは消すことができます。

誰かを許す」という行為は、とても優れた能力です。

 

世間では、人に優しくする事を「思いやり」だと思っているところがある気がします。

でも、「何かを許す」という事こそ「思いやり」の力だと思いませんか?

 

そして、その力は、人を許せる心の強さでもありますよね。

つまり、【優しい】という事は、【強い】という事でもあるのです。

貴方の持つ優しさをフルに活用して、全ての怒りを鎮めてみてください。

HOME

-ストレス, 不動産営業

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2020 All Rights Reserved.