不動産営業 年収と歩合

不動産営業の年収|平凡な営業マンの仕事量と稼ぎ方

トップ営業にはなれなくても、「普通に働いて、それなりに給料がもらえれば良い」という考え方もあります。

不動産会社に就職さえできれば、本当に誰にでもできる働き方ですが、気になるのはそんな働き方をした際の年収ではないでしょうか。

この記事は、平凡な営業マンの仕事量と年収についてのお話です。

スポンサーリンク

斬新な働き方

不動産営業として長く働くためのスタイルには色々とあります。

その中で、「平凡な営業マンに徹する」というスタイルについてご紹介しておきたいと思います。

 

頑張った結果が平凡なのではなく、一度実力をつけた人が意図的に平凡に徹するという働き方です。

能ある鷹は爪を隠す』というプレイスタイルです。

 

大手不動産会社には、このようなスタイルで働く人が結構いました。

わざわざ実力を温存する理由には、以下のような複数の要因があるようです。

  • 年齢的に仕事量を抑えたい
  • ノルマさえ達成すればいい
  • トップになる夢を叶え終わった
  • お金が貯まったので、適度な年収で良い
  • 体力的にしんどくなった

 

このスタイルの仕事量

悪く言えば、ハングリー精神の衰えといったところでしょうか。

それでも、基本的な技術は高いので、平均的な成績は比較的簡単に出せます。

 

私は、平凡な業績しか出さない営業マンには、2種類いると思います。

能力的にそれ以上伸びないタイプか、あえて平凡に働く能ある鷹タイプです。

 

両者を比べても、仕事量としては能ある鷹タイプの方が少ないはずです。

顧客選別ができ、最短手順で契約まで到達できるからです。

 

ですから、仕事量としてはかなり余裕が出るでしょう。

見た目は暇そうにしていますが、それなりに売るので会社としても手放せない存在なのです。

 

このスタイルの年収は?

平凡な成績とは、建売の契約本数で言えば、年間に10本前後の人達です。

年収については、基本給と歩合の設定によってかなりの幅が考えられますが、ざっくりとした平均で言えば、400~550万円位だと思います。

 

年収に幅がある理由は、歩合率が各社で異なるためです。

週休二日で、一日の大半を自由に外出しているような働き方ですから、普通の会社で勤めるよりは割が良い報酬ではないでしょうか。

 

もう少し稼ぎたいと思えば、しばらく本気で営業活動をし、600~700万円位のレンジまで上げられる人達だと感じます。

ずっと全力で走り続けるのは大変な事なので、ある意味で賢い働き方です。

 

管理職になりたくないと考えるタイプも、このようなスタイルに落ち着くのではないかと思います。

仕事量的にも、年収600万円を超える辺りからハードになり、休日出勤等も発生してくるターニングポイントだと感じます。

 

営業マンの年収が上がる服装とコーディネートとは?!

営業職として働く際、見た目の印象を変える事で色々な効果が発生します。 その効果がマイナスに働かない限り、営業マンの年収は上がりますよね? では、具体的にどのような変化に注目すれば良いのでしょうか。 こ ...

仕事量の調節方法

大手不動産会社では、反響の質が比較的に良い為、仕事量の調整がしやすいです。

例えば、可能性の低い反響や、時間のかかる案件を避けることができるのです。

 

経験と実力が無い人は、手当たり次第に対応するのでしょうが、能ある鷹タイプの人達は、『選別眼』も持っているわけです。

しかも、かなり正確な眼力を持っています。

 

また、中には、エンドユーザー案件ではなく、仕入れ業者へ土地を紹介する業務に専念する人もいます。

契約の規模が大きいと、数億円の取引になりますので、一戸建やマンションを売るよりも効率が良いのです。

 

一年に数本の契約でも、十分な売り上げになる事がありますので、かなり効率が良い働き方です。

経験とコネが必要ですが、仕事量としてはミニマム化できます。

スポンサーリンク

高収入の営業マンとは

トップ営業マンにも様々なレベルがありますが、最も稼いでいる層のグループは、年収1,000~1,500万円位が平均値になると思います。

物件価格が高いエリアでは、2,000万円前後の人もいるでしょう。

 

このようなクラスへのステップアップをするためには、基本的なことを全てマスターし、そこから小さな差を積み重ねるイメージです。

 

不動産営業のスキルとして、「嘘をつく能力が必要」等と言う人もいますが、全くのデタラメです。

トップ営業に対して、騙して売るような心無い営業マンを想像する人は、この業界を知らない人だと思います。

 

もしも、そんな営業マンがトップだとしたら、その店のレベルが低いだけの話です。

そのエリアや企業グループ全体等のような、もう一つ大きなカテゴリーでは「普通な成績の営業マン」に分類されるだけの人達だからです。

 

年収1,000万円を超えるような不動産営業になりたい人は、このクラスの人達のアドバイスやノウハウを学ぶことが重要です。

それ以下のレベルの人達から指導を受けても、大きなカテゴリーで勝てるノウハウは得られないはずです。

不動産営業で年収1000万円を稼ぐまでの成功プロセスを解説!

売買の仲介営業として1千万円を稼ぐには、必要となるいくつかのプロセスがあります。 プロセスを全て満たせば、必ず年収1千万円を達成できます。 この記事では、私が年収一千万円を達成するまでにやった事をご解 ...

 

まとめ

平凡な成績で働いている営業マンはたくさんいますが、彼等は2つのグループに分けることが出来ます。

記事中でもご紹介したように、手を抜いているだけの場合があるからです。

 

全力を出して、やっと平均的な成績しか出せない場合、精神的にも肉体的にも厳しくなります。

長い期間、そのような状態から抜け出せずにいると、この仕事がきつく感じて辞めてしまう人も多いようです。

 

HOME(営業ノウハウ)では、私が営業時代に培ったノウハウを少しずつ記事にしてきました。

高年収を目指して頑張りたいという人は、参考にしてみてください。

参考記事トップ営業になれるのはどんな人?

TOPへ

-不動産営業, 年収と歩合

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.