会社選び 就職・転職

センチュリー21で不動産営業職に挑戦した体験談

ケイン・コスギさんでお馴染みのセンチュリー21で不動産営業職として働こうとしている人達に、少しアドバイスや体験談としてのレヴューを書いてみます。

センチュリー21は、全国的に展開している大会社というイメージがありますが、実はフランチャイズなのをご存知でしょうか。

この記事では、センチュリー21の加盟店での体験談等についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

センチュリー21の特徴

店舗数が多いので、就職・転職先として、センチュリー21の系列店を考える人もいると思います。

都市部には、センチュリー21の看板を掲げた不動産会社がたくさんありますよね。

 

その多くは、元々は町の不動産屋さんで、いわゆる看板貸しのフランチャイズです。

契約店ごとにロイヤリティを支払っており、社風等もそれぞれの会社で全く異なります。

ですので、転職の際には、『JOBエージェント』等を利用して、しっかりと内情を掴んでからにした方が無難です。

 

加盟店では、センチュリー21本部ルールに従って労働することになります。

指定の制服(上着)を着なければいけない等、独自の規則があります。

色々とコンプライアンスの指導等も受けます。

ですから、加盟店全体を「センチュリー21グループ」と捉えられても問題の無い体制ではあるのですが、実態としては小さな不動産屋の集合体です。

 

フランチャイズの魅力

フランチャイズの看板力は大きく、「センチュリー21だから」という理由で来店する人さえいます。

小さな会社から看板力のある会社に転職すると、その効果の大きさを実感するはずです。

 

最初から大手不動産会社に勤めた人は、自分の営業力で契約できていると思っているかもしれませんが、それは大きな勘違いです。

実力が無いという意味ではなくて、もしも看板力が無くなれば、想像以上に難しくなるという事です。

 

三井のリハウス東急リバブルのように、テレビCMでお馴染みの不動産会社は、どんな営業マンでも最初からある程度の信頼感を持たれています。

センチュリー21についても、それなりの知名度と信頼感が得られているという実感がありました。

 

知名度の低い不動産会社の場合、このような看板力のある会社の営業マンに勝つためには、看板力を超えるサービスをしなければなりません。

顧客との相性等もありますが、とにかく普通のことをしていては契約にはならないわけです。

 

ネームブランドを買う

家電を購入する時、「SONYだから」とか、「パナソニックだから」という大手メーカーへの安心感で買うことがあると思います。

名前も聞いたことがないようなメーカーの商品を売るには、まずはそのメーカーの信頼性を説明しなければいけませんよね。

 

その後、商品の性能を理解してもらい、大手メーカーの商品を断念してもらうという工程が必要になります。

不動産営業も、小さな会社ではこれと同じような苦労がある為、看板を借りることになるわけです。

 

センチュリー21の看板によって、反響数と成約率がかなり上昇するという事です。

このような部分は、入社前にはあまり意識できないところだと思いますが、営業として働く上ではかなり重要な事です。

自分の個性や、サービスへの工夫等に自信の無い人は、看板力のある会社を選ぶと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

センチュリー21で働く

加盟店は、それぞれの会社が独立しているので、給与体系と歩合も各社で異なります。

センチュリー21の看板等を良く見てみると、小さく○○不動産等と記載されている事が多いと思います。

法人登記されている名称は、そちらの社名なのです。

 

数店舗を展開している会社もあれば、1店舗だけで営む会社もあり、かなり多様です。

同じセンチュリー21でも、規模にはかなりの差があるという事なのです。

倒産して店をたたむ会社もあり、私が知る限りでも3社が消えました。

 

センチュリー21の看板を掲げる会社に入社するのは、小~中規模の不動産屋に就職するのと同じです。

実態としては、決して大手とは言えませんが、大手の看板を借りているので集客力や信用度が高い状態で営業できるわけです。

後は、貴方がそれに見合うサービスをすれば、顧客は大手企業と変わらない印象を持つでしょう。

 

実際の感想

私も短い期間ではありますが、センチュリー21の看板で働いていました。

店舗数は4店舗でした。

本部からキャンペーンポスター等が届き、顧客にプレゼントをしてくれることもありました。

 

また、法改正等については、専用のWEBサイトで確認ができるので、かなり助かります。

小さな不動産会社にとっては、本部のサポート力と看板力は心強いものです。

 

センチュリー21には、歩合率が高い会社もありますので、意外に良い就職先となる可能性があると思います。

大手不動産会社には無い魅力がある反面、各加盟店の選別が重要です。

最近では、ハウスドゥも同じような仕組みで広がりを見せていますね。

 

まとめ

私は、センチュリー21で働いた後、一部上場の不動産会社へと転職しました。

振り返ってみると、センチュリー21での環境が最も自分に合っていたように感じます。

大手不動産会社ならではの良さもありましたが、街の不動産屋にしかない魅力もあると思います。

 

この話が、皆さんの就職活動の参考になれば幸いです。

当サイトには、大手の社風の違いや、面接内容について書いた記事もありますので、合わせて就職活動に役立ててください。

HOME

-会社選び, 就職・転職

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2020 All Rights Reserved.