就職・転職 新人待遇

不動産営業への就職|地方出身者は東京ですぐ活躍できる?

地方から東京に上京し、不動産営業として働くという人もいるでしょう。

憧れと期待もあるでしょうが、色々と不安な部分もあるはずです。

この記事では、将来は東京などの大都市で不動産営業にチャレンジしてみたいと考えている人に役立つ情報をお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

東京での土地勘

地方から上京して来た人達は、東京の交通網に慣れていませんよね?

土地勘も無いでしょうから、かなり不安を感じる部分だと思います。

私の知人にもたくさんの地方出身者がいますが、最初は皆が不安に感じる部分のようです。

 

そこで、少し安心できるお話しをしたいと思います。

私は、生まれも育ちも東京です。

でも、私のような人の多くが、東京の街や交通網に無頓着です。

 

この仕事を始める前までは、電車の路線もよく分かっていませんでしたし、何線に乗ればどこに行くのかという土地勘もありませんでした。

渋谷や原宿といった街にも興味が無く、数回行ったことがある程度でした。

東京出身の人には、人の多い場所が嫌いだという人も多いです。

 

それに比べ、地方出身者の人達はとても研究熱心です。

色々な場所で足を運び、ほんの数か月で私の路線知識を超える人が多かったです。

探究心があるので、地方出身者の方が東京に詳しくなっていくわけです。

 

ですから、交通網等を全く知らなくても問題ありません。

不動産営業は、狭いエリアの中で働く仕事なので、1カ月もあれば十分対応できると思います。

 

地方出身者の活躍は?

地方出身者達が、営業になった後の成績についても知りたいですよね。

私の入社した会社には、茨城、山形、栃木等から上京した人達がいました。

言葉にも少し方言が混じっていました。

その会社の社長も地方出身者でしたし、出身地が成績に関係しているとは思いません。

 

私の主観ですが、地方出身の人達を見ていると、どこか自信の無さを抱えているように思えました。

そして、あまり活躍している印象もありませんでした。

 

私から見れば、彼等の全員に売れるようになれる素質があったと思います。

でも、本人達はそのように感じていない様子で、そこに問題点を感じます。

 

レッテルを貼る人

地方出身者だから馬鹿にされるとか、自分の事を田舎者だと思っている人がいます。

でも、今すぐにそんな考えは捨ててください。

 

何故なら、自分に「地方出身者である」というレッテルを貼っているのは、あなた自身だからです。

そんなマイナスなレッテルは何の役にも立ちませんし、必要のない事です。

 

東京の人達は、全くと言って良い程、人の出身地を気にしていません。

これは、本当です。

 

もし、上から目線の人がいたとしても、それはおそらく東京に長く住んだ地方出身の人です。

要するに、先輩風を吹かせているのではないでしょうか。

 

東京で生まれ育った人達は、むしろ地方に羨ましさを抱く人が多いのです。

おいしい食べ物や景色等、地方には東京には無い魅力がたくさんあるからです。

 

ポジティブにとらえる事

例えば、東京の人が自分の故郷にやってきたとしましょう。

そして、地元の人なら当然に知っている話をしてしまい、「あ、東京の人には分からないか」と言ったとしましょう。

 

これは、「うっかり分からない話をしてしまってごめんね」という気持ちだと推察できますよね?

お互いに何のわだかまりも無く終われそうな会話です。

 

ところが、これを東京の人がやると全く違う結果になります。

あ、地方の人だから分からないか」等と言った瞬間に、「馬鹿にされた」とか、「田舎者扱いされた」等と感じてしまうのではないでしょうか。

 

感覚的には同じ意味で使っていても、地方出身者にはマイナスな言葉に聞こえてしまう事が多い気がします。

 

私は、東京で生まれ育った人が、地方出身である事を馬鹿にしているシーンを見たことがありません。

近年では、地方でもかなり都会的な場所が増えたように思いますし、馬鹿にする理由も見当たらないですよね。

 

東京の人が地方に行くと、「何もないなぁー」とか、「田舎だなー」等と言う人がいますが、おそらく本人は馬鹿にしているつもりはないと思います。

「いいなぁ」とか、「最高だな」という感覚で言っている人も多いのではないでしょうか。

 

地方から出て来た人が、「人が多いなー」とか、「ビルばっかりだな」と言うのと同じ感覚です。

単に、目にした現実がいつもと違うので驚いているわけです。

それを馬鹿にしていると捉えるのかどうかは、受け取る側のポジティブさ次第ではないでしょうか。

 

方言とイントネーションは?

方言についても、認識の違いを感じます。

東京の人達は、方言に親しみを覚える人が多いです。

都会の人間関係に疲れているせいか、「安心できる人」という感覚になるのかもしれません。

 

ですから、あえて方言を矯正せずに営業する人もいたくらいです。

方言は、東京の人が聞いてもわかる程度の加減で残した方が良いと思います。

イントネーションだけ残すというのも手だと思います。

私からすれば、羨ましい武器です。

 

まとめ

結論から言えば、地方から出て来た事がハンデになることは無いと思ってOKです。

むしろ、武器になると思って取り組めば良いくらいです。

成績が出ない事を故郷のせいにしてはいけません。

大事なのは、不要なレッテルを貼って自分を潰さない事でしょう。

 

やっぱり東京出身じゃないとダメなんだ」等と自信を失くす必要もありません。

頑張れば必ず成功できますので、安心して上京してもらえればと思います。

そして、後から来る後輩達を馬鹿にしないようにしましょう。

HOME

-就職・転職, 新人待遇

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.