営業職適正

本当に不動産営業に転職して良いのか判断する方法

どんな職業への転職でもそうですが、求人に応募するその瞬間まで「本当に転職して良いのか」について悩むものですよね。

異業種から不動産営業への転職を考える場合は、特に心細いのではないかと思います。

そこで、不動産営業への転職をする際の判断基準等についてご紹介したいと思います。



不動産営業としての適性

転職を考える際には、その業種に対して「自分に向いているのか」等と考えてしまいがちですよね。

不動産営業の場合、職歴での適正を気にする必要はありません。

 

私自身を含め、同僚達の職歴を見ても、不動産とは全く関係の無い業界から来た人が多いのが実情です。

ですから、過去の職歴が何であれ、不動産営業の仕事をすることは可能です。

参考までに、実際の転職者の前職を挙げておきますね。

  • 宅配運送業
  • 大工
  • リフォーム職人
  • 事務職
  • プロボクサー
  • 飲食関係
  • ガソリンスタンド社員
  • ガス会社の営業
  • コピー機の営業
  • ジムのインストラクター
  • 通信関係の営業
  • 中古車販売業

かなり幅広いですよね?

要するに、誰でもできるということです。

私は、誠実な気持ちとやる気さえあれば必ず成功できる仕事だと思っています。

別記事「不動産営業に向いている人ってどんな人?」も参考にしてみてください。

 

不安材料を探してみる

転職を決める判断をするために、あなたが感じている「不安」について掘り下げてみましょう。

誰にでも、転職先に対する不安材料があるはずです。

それを書き出してみる等、自己認知の時間を設けてみると良いと思います。

 

ノルマへの心配、労働条件への心配、人間関係への心配等、色々ありますよね。

TOPの不動産営業のカテゴリーには、このような問題が解決できる記事も多いと思います。

私の実体験で書いていますので、是非とも参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

不安材料を検証する

思い付く限りの不安材料を書き出したら、その不安を解消するための情報を探してみれば良いのです。

自分の中で、何に不安を感じているのかが明確化すると思います。

 

例えば、ノルマが心配な場合なら、まずはノルマの実情について調べますよね?

ノルマの実情が分かったら、今度はそれを「クリアできるのか」という不安が生じてきます。

これは、ノルマに関連した新たな不安ですが、ひとつ前に進んだ不安になっています。

このように、調べて判明する情報は、全て入手してしまいましょう。

転職について、より正確に判断できるようになるはずです。

 

不動産営業のノルマと難易度が心配な人が読む話

不動産営業(売買仲介営業)への転職を考える時、ノルマの事を気にする人は多いのではないでしょうか。 この記事では、そのような不安を解消するためのヒントと、不動産営業職の一般的なノルマの考え方について説明 ...

最後に|転職の不安を質問で解決!

私も、不動産営業とは無縁の業界から転職して来た経緯があります。

不動産営業に関する不安で解消できない事があれば、この記事のコメント欄に投稿しておいてください。

私の知っている事であれば、必ずお答えします。

 

私が転職した当時は、ブログの数がまだ少なかったせいか、インターネットではあまり欲しい情報が手に入りませんでした。

不動産営業のカテゴリー内の記事は、当時の私が欲しかった情報を思い出して書いているものが多いです。

実体験から、良かった部分、悪かった部分を正直な気持ちで書いています。

転職予定者の方は、お気に入りに追加して定期的に覗いてみてください。

HOME

-営業職適正

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.