就職・転職 新人待遇

不動産会社に就職して困ったこと

job-interviewこの記事では、これから不動産営業として働く人達の不安解消を目的に、私が入社当時に感じた「困ったこと」についてご紹介したいと思います。

事前に聞いておけば対処できる事もありますので、是非とも参考にして不安を解消してくださいね。



入社当時の戸惑い

私は、異業種からの転職で不動産業界に入りました。

その為、今までの人生で「電話対応」というものを経験した事がありませんでした。

ですから、私が不動産営業になって最初に困ったのは、この「電話」でした。

 

元気で明るい会社だったこともあり、明るくハキハキと電話に出なければいけませんでした。

入社した側とすれば、緊張もしていますし、上手く社名や決まり文句を言うだけでも大変に感じるものですよね。

でも、彼等は毎日当たり前にやっている事で、既に空気を吸うのと変わらないレベルで電話に出られます。

 

電話対応業務は、教える側からすると「教えなくても出来るでしょ?」というレベルの事なのです。

このギャップに少し困りましたが、営業になろうというのに電話も出られないようでは話になりませんよね。

 

おそらく、このような緊張は皆同じだと思いますが、最初だけなので気にせず電話をしていきましょう。

参考記事不動産営業がかける電話の内容とコツが知りたい!

 

慣習の違いに困った

次に困ったのは、不動産業界の慣習のような部分です。

私から見ると、この業界には「仕事を教える」という感覚が足りない印象でした。

 

私は、不動産業界に入る前は内勤の仕事をしていました。

当時の私には、「仕事は教えてもらうもの」という感覚があったと思います。

しかし、営業の世界は、「自分で考えて覚えるもの」という感覚に近いです。

 

全く教えてくれないわけではありませんが、基本的には自分で調べ、見て覚えるという事の方が多いと思います。

不動産営業には、「歩合を稼ぐ」という自営的な部分があるからかもしれません。

 

それに、人のことを教えている暇が無いという事情もあります。

この業界に入ったばかりの頃、このような環境に困ることもありました。

 

でも、振り返れば、この慣習のおかげで成長した事がたくさんあったと気付かされます。

苦労したこともありましたが、なんでも教えてもらえば良いわけではないと感じています。

参考記事不動産営業の実際|この仕事のやりがいとは?

スポンサーリンク

正解がなくて困る

事務の仕事では、今自分がやっている仕事が正しいかどうか、いつでも確認できます。

しかし、営業の仕事は「正解がない」という特徴があります。

 

正解契約になること」なので、そのプロセスにおいては自分の仕事が正しく進んでいるかが判断できないのです。

自分を信じるしかない」という働き方に慣れていなかった為、これにはとても困りました。

結果が出るまでは不安になることもよくありました。

 

当然のことですが、上司は「ポイントがわかっていないのでは?」という目線で見てきます。

自分では、出来る限りのことをしているのですが、正しいと証明することはできません。

 

上司は、私の仕事を全て見ているわけではありませんし、お客様との微妙なニュアンスの会話等も知りません。

つまり、共有できる部分は意外に少なく、人のアドバイスよりも自分を信じて進むしかない世界なのだと気付かされるのです。

参考記事不動産営業のストレスが軽くなる上司への報告方法

 

まとめ

営業として成長するには「困る」というプロセスが欠かせません。

不動産営業を目指す皆さんにも、きっと困ることが起こるでしょう。

でも、それは成長のチャンスです。

それに、後から思えばたいしたことの無い事ばかりで、むしろ良い思い出です。

 

営業は、実際に経験して「何か」を掴んでいくしかないと思います。

皆さんが、その実際の経験をした時、事前に知っていれば大きく成長できる情報を書いていきたいと思っています。

興味のある関連記事があれば、目を通してみてください。

HOMEへ

-就職・転職, 新人待遇

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.