成長のヒント

不動産営業の弱点を克服する営業法

営業マンには、人それぞれの個性があります。

誰もが長所も短所も持っていますが、自信が無い部分は隠してしまいがちですよね。

この記事では、不動産営業において、弱点を強みに変える方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

実は貴方も素質がある

世間には、「私には営業は絶対に無理だ」という人がいます。

しかし、世の中の誰もが営業マンになり得ます。

何故なら、人は誰もが、気付かないうちに営業活動をしているからです。

 

例えば、面白いマンガや流行の音楽等を友人に勧めたとします。

その時、「すごく面白いよ!?」等と言葉で伝えますよね?

どんな紹介方法でも、相手に勧めれば立派な営業活動です。

つまり、プライベートビジネスかの違いだけで、誰もがやっていることなのです。

 

一般的に、「話が上手くない」とか、「機転が効かない」人等は、営業に向いていないと思われていますよね。

しかし、実際には、無表情な営業マンもいます。

 

話すことが下手な人でも、十分に活躍しているのです。

中には、トップクラスの人さえいます。

ですから、タイプが違うだけで、誰にでも素質はあると思って良いわけです。

どんなタイプだとしても、やり方があるという事なのです。

 

自分のスタイル

では、弱点を強みに変えるための具体的な方法を説明していきますね。

まずは、「弱点=強み」になるということを理解しましょう。

 

例えば、あなたの営業としての弱点が「人見知り」だったとします。

営業なのに人見知りだなんて、その時点でダメそうに感じてしまいますよね。

 

ところが、人見知りは、「人と適度な距離がとれる」という長所になります。

つまり、グイグイ来られるのが嫌いなお客様は、営業が人見知りタイプの方が安心感を持ちます。

このように、自分の弱点の捉え方を変えてほしいのです。

 

自分と相性の合う人は必ずいます。

自分と同じタイプのお客様の気持ちは、手に取るように分かるはずですよね?

だから、堂々と「僕、無理に近づきませんよ」というオーラで人見知りをすればいいのです。

 

自分の短所の反対側には、必ず長所となる強味が存在します。

短気な人は、気が短いので「スピード」があります。

口下手」な人でも「うるさくない」という長所になります。

 

道具や部品などでも一緒ですが、使い方次第で唯一無二の存在になります。

それを自分のスタイルとして伸ばしていけば良いわけです。

スポンサーリンク

実例の見本から学ぶ

不動産営業は、実務からしか学べないと言う人もいます。

実際、間違ってはいないとも思います。

 

でも、事前に勉強している人や、人から教わりながら実務を行う方がずっと成長は早いと思います。

そこで、私が過去に出会った営業マンの成功例をご紹介しますので、ヒントにしてみてください。

【営業Aさん】

弱点は、知識・記憶力・マナー等が人より劣っていることでした。

Aさんは、勉強は苦手ですが、すごく人柄が明るく、人に好かれるという部分を活かして成功しました。得意な部分で弱点をカバーした成功例です。

 

【営業Bさん】

弱点は、東北訛りがあり、人と話すのが苦手でした。

ある日、Bさんは、東京の人は方言に親しみを持ってくれると気付き、あえて訛りを前面に出しました。そして、見事お客様の心を掴んでいました。

 

【営業Cさん】

弱点は、相手の考えを察することが苦手なことでした。

これは、営業としては最も厳しい弱点かもしれません。

当然、押しのタイミングもわかりませんし、電話での会話も苦手でした。

そこで、Cさんは手紙やメールをメインの連絡ツールにしました。

そして、お客様に対して何かを勧めることをやめ、聞かれたことだけを答えるようにしました。

以降、会話が噛み合わないことが減り、「押し付けてこないところが良い」等と言われるようになりました。

 

営業Dさん】

弱点は、パソコン作業や資料作成が大嫌いな事。

そこで、Dさんは、堂々と苦手なことをお客様に伝える事にしました。

正直なところがDさんの良い所だったのかもしれませんね。

最初に伝えておくことで、お客様はこう思うようになりました。

PCが苦手なのに、頑張って資料を作ってくれた

苦手な事をあえて告白することで、資料の価値を上げてしまった成功例ですね。

まとめ

今回の記事でご紹介したのは、ほんの一例に過ぎません。

まずは、自分の性格や、仕事においての得手・不得手を理解しましょう。

他にも少しの工夫や、知恵を使うことで、苦手な部分をカバーできます。

Dさんのように、むしろプラスの方向にさえできるのです。

営業マンは、思考力を鍛えることが大事ですね。

営業ノウハウのカテゴリーでは、このような営業のコツを少しずつ書いていますので、興味があればまた見に来て下さい。

HOME

-成長のヒント

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.