不動産売買 集客

3月の集客イベントのポイントはコラボ!

不動産業者では、集客を目的として季節毎に集客のためのイベントを打ち出します。

チラシ広告やキャンペーン等、それぞれが企画をするのですが、営業マン達にとっては期待外れな結果に終わることが多いのが実情です。

そこで、この記事では、私がある不動産会社のアドバイザーだった際に起用された集客方法についてご紹介したいと思います。



3月のイベントと記念日は何?

3月のイベントと言えば、なんと言っても雛祭り卒業式ですよね。

私は、イベント材料を検討する際には、祝日だけではなく、カレンダーに載っていない個別の材料にも注目するようにしています。

卒業式や入学式はその代表例ですが、もっと細かく探していくと色々とあるものです。

 

3月は、春のお彼岸(3月17日)、春分の日などもありますが、これらはちょっとキャンペーンにはしにくい内容ですよね。

では、他にどんなものが考えられるでしょうか。

 

よくあるのは、スポーツ記念日に関するものです。

3月の場合なら、春の高校野球が始動します。

忘れられない日という視点からは、東日本大震災がありました。

 

また、3月は多くの企業にとって期末を迎える時期でもあります。

このように、3月に多い事柄を集めてみるところから始めます。

そして、これらの話題を営業マンに共有させ、お客様との会話にも役立ててもらうようにしていました。

 

不動産会社が行うイベントやキャンペーン企画には、大きく分けて以下の3つの方法があります。

  1. ネット・チラシによるもの
  2. 現地販売会等によるもの
  3. 他社と協力するもの

チラシや現地イベントについては、ありきたりなイメージがあります。

そこで、私が注目しているのは、他社との協力です。

本当はあまり広めたく無い発案法ですが、集客手法としてクライアントに喜ばれた事例をご紹介しますね。

 

私が提案した集客手法

私には、集客アドバイスの依頼を受けた際、必ず提案する「考え方」があります。

それは、他社と違う方法で集客するというシンプルな考え方です。

 

同じ媒体で集客していても、顧客の取り合いになります。

ですから、自分だけしか集客できない方法を考えるべきだと思うのです。

もう少し踏み込んで言えば、他社と違うことをしつつ、他社と協力するという考え方です。

 

どうゆう事なのか、もう少し具体的な例で説明しますね。

私は、3月の主力イベントである卒業式を何か面白い形で集客企画にしたいと考えました。

 

卒業式の参加者がとる行動には、ある共通点があります。

私は、その共通点を活かして集客方法を考案しました。

よかったら、貴方も発想力の訓練だと思って考えてみてください。

 

 

卒業式というイベントで、最も大事な共通点は写真を撮る」 という行為です。

しかも、卒業式の場合、普通の写真ではなく、記念写真です。

この、記念写真というキーワードから、私はある企画を考えました。

 

卒業式に出席する人達は、皆が正装になります。

中にはラフな格好で行く人もいるかもしれませんが、通常はフォーマルな格好をしていくものですよね。

 

そして、フォーマルな格好をする時に多くの人が行く場所があります。

もう分かりましたよね?

その場所とは、美容室です。

 

しかし、問題なのは、美容室とどうやってコラボするのかですよね。

ポイントだけ解説しておきますね。

 

スポンサーリンク

集客で誰と手を組むのか

他社と協力する集客の仕組みには、双方がメリットを受けられるという条件が必須になります。

しかも、窓口となる会社のほうにメリットの比重を置かなければ上手くいきません。

 

今回の場合であれば、美容院が先に得をする仕組みを考えることができれば、協力体制は完成するという事です。

しかし、協力してくれたとしても、結果が出なければお互いに意味がありませんよね?

ですから、もっと深く、更に知恵を出さなければならないのです。

 

卒業式に行く人達の内、誰にどのようなアプローチをするのかによって大きく結果が変わって来るからです。

父親・母親・兄弟・本人・知人等、登場人物はたくさんいます。

 

一体、誰をターゲットにすれば前に進むのでしょうか。

また、大学・高校・小学校・幼稚園の卒業(園)式のうち、最も住宅購入に繋がるのはどれでしょうか。

 

次に、そのターゲット層にどのようにアプローチすれば良いでしょうか。

私は、そのようなアイデアをアドバイスしていきました。

 

こうして、どこの不動産会社もしたことのない集客手段を見つけることで、季節のイベント毎に差別化が図られていくというわけです。

卒業式の記念撮影にお金をかけるコアな人達にターゲットを絞るのなら、写真館等と協力するのも面白いかもしれませんね。

 

このように、知恵を使って他社がやらない集客をするのも面白いと思います。

手の空いている営業マンをフル活用して、協力会社を探してみてはいかがでしょうか。

 

参考記事

不動産営業の契約運を引き寄せる思考術

 

まとめ

今回は、広告等の集客を考える立場(店長以上の人)向けの記事になりましたが、営業マンにもこのような発想が役立つシーンがたくさんあると思いますよ!?

イベントで集客する方法は、「他社がやっていない方法」であることが重要です。

知恵を絞って、自分達だけの集客手段を見つけましょう!

HOMEへ

-不動産売買, 集客

Copyright© 不動産営業のつくり方 , 2019 All Rights Reserved.